カテゴリー「Honda その他」の記事

2016年7月24日 (日)

【ホンダ】ボンネットにバルジか設けられた本当の理由【S800】

本来、S800は私の守備範囲外のクルマなので、これまで敢えてスルーしてきたのですが、毒吐きついでにS800のボンネットバルジに関する誤った通説を、一刀両断にぶった切っておこうと思います。
 
S800のボンネットバルジに関しては、現在「採用予定だった機械式インジェクションとの干渉を避けるために設けられた」という説が広く流布していることは皆さんご存知の通り。
でも、この通説は全くの出鱈目で事実ではありません。
では、あのバルジは何故設けられたのか?ということになりますが、その理由はバルジをデザインした張本人である岩倉信弥氏が、↓こちらで公開されている氏のコラムで詳しく述べられています。
 
または、↓こちらの資料にも同様の記述があります。
(※ ページ下部にあるPDFファイル(リンク)の7~8ページ)
 
詳しくはコラムやPDFファィルを読んで頂くとして、コラムの内容を三行にまとめると以下のようになります。
S600のマイナーモデルチェンジにあたり、設計部門からは「外板はいじるな」ときつく釘を刺されていた。
にもかかわらず外板をいじったのは、本田社長から「ボンネットに何か特徴が要るねぇ(ジロリ)」と暗黙の要求があったため。
設計の担当者からボンネットバルジは意味のない変更だと散々非難された。(実際にバルジは意味ありげなだけで機能的な意味合いはなかった)
 
ということで、岩倉氏のコラムには機械式インジェクションの機の字も出てこないどころか通説とは全く間逆で、設計からは外板をいじるなときつく釘を刺されていた、というのが真相です。(通説が事実であれば、設計からボンネットの形状変更を求めるリクエストがあったはずですよね)
機械式インジェクションの話がどこから出てきたのかは私には分かりませんが、S800のボンネットバルジをデザインしたご本人の証言を否定、あるいは覆せるエビデンスを見つけることはまず不可能でしょう。
つまり、ボンネットバルジの「機械式インジェクション回避説」の信憑性はゼロということです。

(結論)
S800のボンネットバルジは、本田社長の要求によって岩倉氏がデザインしたもので機能的な意味合いはなく、外観上の特徴を得るために設けられたものでした。
S800のボンネットにバルジか設けられた本当の理由、お分かり頂けたでしょうか。



(2016.07.26 追記)
余談ですが、せっかくエスハチを取り上げましたので、もうひとつネタを投下しておきます。
S800の発表は1965年に開催された「第12回 東京モーターショー」に於いて、というのが定説になっていますが、実際にS800の発表が行われたのはショーの数日前でした。(↓)
160726_s800 (クリックで拡大表示)
残念ながら発表会が行われた正確な日時は分かりませんが、第9回全日本自動車ショー(1962年( 昭和37年)10月25日〜11月7日開催)に出展されたスポーツ500、スポーツ360、T360の発表会が行われたのは、ショーが開催される5日前の10月20日(場所はホテルオークラ)でしたから、S800(や同時に参考出品されたN800)の発表会も同様にショー開催の5日程度前に行われたものと推察されます。
ということで、S800は第12回 東京モーターショーに先立って行われた発表会に於いて発表された、というのが正確な史実になります。
まあ、固定観念に囚われて古い誤った情報に拘泥する方達にはどうでもいい情報でしょうけれど、ちょっとだけお節介をやかせて頂きました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年4月 8日 (水)

ホンダS660を手に入れちゃいました^^

(2015/04/22 追記)
私の願いが通じて 、S660のモデルカーが再販されることになりました。
発売は秋頃とのことです。
詳しくはHonda公式ウェア&グッズ オンラインショップでご確認下さい。
**************************************************************************

秘密裏にオーダーしていた私のS660が、昨日我が家に届きました。
ボディカラーは、一目見て気に入ったプレミアムビーチブルー・パールです。
S660を手に入れて狂喜乱舞する管理人の醜態をご覧下さい。(笑
150408_s660
惜しむらくは、これが原寸の実車だったら…。
私は甲斐性なしなので、残念ながら手に入れたのは1/43スケールのモデルカーです。orz
でも、このモデルカーもホワイトは発売された当日に、ブルーは翌日に完売してしまってもう手に入らないんですよ。
現在某ネットオークションでは、ホワイトが2万円前後、ブルーは1万3千円くらいで取り引きされています。
150408_ya (クリックで拡大表示)
定価は¥6,372 (税込)ですから、その人気振りが伺えますね。
このモデルカー、風の噂では現在増産中でいずれ再販されるらしいですが、これは何の確証もないタダの噂話ですから、どうしても手に入れたい方はオークションで高価なものを買うしかないでしょうね。
私は、再販されるのを首を長くして待つつもりです。ホワイトも欲しいので。。。
ホンダさん、ぜひ再販をよろしくお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

ホンダS660の発売時期は4月初め

ホンダは2月14日、軽自動車スポーツカー『S660』の最終試作モデルを、北海道鷹栖町にある同社の開発施設で報道関係者に初公開した。
外観は迷彩シールを貼付しているが、
4月初めに発売する量産モデルと同じだという。


情報出典:http://response.jp/article/2015/02/14/244318.html


将来的にはハードトップも発売される模様。

「日本の環境でいえば、オープンで楽しんでくださいといっても、(カレージに)屋根が無いという人たちも多い。その人たちのためにはハードトップも考えている。ただ最初に表現するのは、重たいクルマではなくて運動性能ありきのクルマ。ハードトップは状況をみながら投入したいと思っている」とも明かしていた。

情報出典:http://response.jp/article/2015/02/14/244330.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

ホンダS660の艤装車画像 (追加の画像あり)

「S660 エブロ」という検索ワードでお越しになった方へ。
S660のモデルカー(1/43スケール)は、Honda公式ウェア&グッズ オンラインショップで販売されています。
但し、現在は在庫切れで"次回の入荷は未定"とのこと。
ただ、発売されたその日に完売してしまうほど人気のある商品なので、おそらく再入荷されると思います。(あくまでも個人的な推測です)
S660のモデルカーを入手されたい方は、しばらくお待ちになってみて下さい。
斯く言う当方も、二台目を入手するため再入荷を待っている次第です。

**************************************************************************

S660の艤装車をキャッチした画像が、また公開されました。
撮影場所は伊豆方面だそうです。
150211_s660cof_01_2 150211_s660cof_05
150211_s660cof_02_2 150211_s660cof_03_2
150211_s660cof_04 (クリックで拡大表示)
画像出典:
https://twitter.com/SgtKnox_IMPREZA/status/565144349340479488/photo/1


(2015/02/12)
フロント部分の画像が公表されたので追加します。
150212_s660cf_01 150212_s660cf_03
150212_s660cf_02 (クリックで拡大表示)
画像出典:https://twitter.com/unic2000/status/565627413292670977

   
サイドヴューも来ました。
150212_s660cf_04 (クリックで拡大表示)
画像出典: http://instagram.com/p/y-whw9AoEP/


斜め前方から。
150212_s660cf_05 150212_s660cf_06
150212_s660cf_07 (クリックで拡大表示)
画像出典:https://twitter.com/kodama473/status/565734091429924864

(2015/02/14)
さらに追加。
150213_s660cf_02 150213_s660cf_01
                                            (クリックで拡大表示)
画像出典:不明 (某巨大掲示板にて採取)


伊藤社長とツーショット。
150213_s660cf_03 (クリックで拡大表示)
画像出典:https://twitter.com/hansgreimel/status/566393589660274688

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月 9日 (月)

S660の正式な呼称は

発表/発売が待たれるホンダの軽スポーツ「ホンダS660」の呼称は、エスロッピャクロクジュー、若しくはエスロクロクゼロだそうです。
私はエスロクロクマルと呼んでましたが、どうやらこれは間違いだったよう…。orz
150209_s660name_1 150209_s660name_2
                 (クリックで拡大表示)

それと、S660の艤装車がキャッチされたみたいですね。(下掲左画像)
右側の画像は、職人がカモフラージュのペイントを消したものです。 
150209_s660_gisou2 150209_s660_gisou1
                 (クリックで拡大表示)


価格やカラーバリエーションなどの資料も既に流出していますね。
資料が本物かどうかは、私には分かりかねますが…。
150209_s660_doc2 150209_s660_doc1
150209_s660_doc3 (クリックで拡大表示)

発表は、今月ではなくて来月末なんでしょうか?
ホンダからは何のアナウンスもないのが残念なところです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月27日 (土)

【本物?】HONDA S660の四面図と諸元表【偽物?】

取敢えず生きておりますが、体調が悪くてダウン寸前の管理人です。orz
ところで、某巨大掲示板群でS660の四面図と諸元表がリークされていました。
真偽の程は不明ですが、どうやら本物っぽいのでご紹介しようと思います。141227_01_2 (クリックで拡大表示)

141227_02  141227_03 (クリックで拡大表示)

お約束の“信じるも信じぬもあなた次第”ということでお願いします。



因みに↓こちらは、職人が作成したS660のカラーバリエーションです。
個人的にはシルバーメタリックが見てみたいですが…。
141227_04 (クリックで拡大表示)

    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

本日は本田宗一郎さんの誕生日

ということで、珍しい画像をアップしようと思います。
141117_soichiro_1 (クリックで拡大表示)
なんと、本田さんと氏のご母堂の2ショット画像です。
珍しいでしょ?
本当は映像を持っているんですが、ブルーレイの映像をPC取り込む機材がないのでご披露できないのが残念なところです。
まあ、あまり需要はないと思いますが…。

“需要”といえば、本田さんはこんな言葉を遺されていますね。
141117_soichiro (クリックで拡大表示)
ホンダが四輪の研究を始めた時、試作第二号車にスポーツカーを選んだ理由を色々と探ったのですが、結局ここに行き着くのかなあと思う今日この頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

【お詫び】AHSSAについて【訂正】

以前のエントリーで、AHSSAは「Authorized Honda Service Station Association」を略したものだと書きましたが、これは誤りであることが判明しました。
正しくは、「All Honda Service Sales Association」を略したものでした。
誤った情報を発信してしまい、本当に申し訳ありませんでした。
謹んでお詫び申し上げます。。。

因みに、この情報の出典はモーターマガジン誌'64年3月号に掲載されている記事です。
当該記事には、AHSFAHSSAの成り立ちや役目等が詳述されているので、正しい情報を広く知って頂くために、記事全文を以下に掲載しておきます。
皆様にご参照頂けたら幸いです。

続きを読む "【お詫び】AHSSAについて【訂正】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

'64年の東京モーターショーに展示されたレーシングS600は、ニュル500kmレース優勝車なのか?

2014.09.23追記)10081号車のボディが量産型S500のものだったことを確認できたので追記しました。
----------------------------------------------------------------------------


世界の天才たちが挑んでも、100年もの長きにわたって解くことが出来なかった位相幾何学の大難題「ポアンカレ予想」は、ロシア人数学者グリゴリー・ペレルによって2003年についに証明されました。
国産旧車界に目を向けると、やはり長きにわたって謎となっている難問が散見されます。
そんな国産旧車界の難問の中に、「'64年の東京モーターショーに展示されたレーシングS600は、ニュルブルクリンク500kmレースで優勝した車輌か否か」というものがあり、著名なモータージャーナリストでもこの難問を解くことは出来ず、半世紀ものあいだ未解決になっていることは、エスマニアあるいはホンダエンスーならよくご存知のことと思います。
そんな難問に、不肖このワタクシが今回挑戦してみようと思います。

さて、世紀の難問に挑むに当たって、まずご覧頂きたいのは、下掲の画像です。

続きを読む "'64年の東京モーターショーに展示されたレーシングS600は、ニュル500kmレース優勝車なのか?"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

HONDA aux Classic Days 2014 sur le circuit de Nevers Magny-Cours.

今年の5月16日、フランスのマニクール・サーキットで開催されたホンダのイベントに、友人のフランク(Franck ZANIN)さんが愛車シビックで参加して画像を撮ってきてくれました。
“画像はブログで使ってもいいよ”とのことだったので、久々にブログを更新して、送ってもらった画像をご紹介しようと思います。

140915_01 (クリックで拡大表示)
   
140915_02 (クリックで拡大表示)
140915_03_2 (クリックで拡大表示)
140915_04 (クリックで拡大表示)
フランクさんのシビックに寄り添っている老紳士は、Jean Pierre Beltoise(ジャン=ピエール・ベルトワーズ) 氏です。

以下の動画はホンダフランスが公開しているもので、フランクさんのインタヴューやシビックの走行シーンを観ることができます。
https://www.youtube.com/watch?v=_bfKmtQepZg&list=LLYx0c8Qn3WlhfM1gOnuDM3g&index=4
(こちらの動画は埋め込みが出来ない設定になっているので、リンクのみのご紹介です)

もう一本。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧