« 明けましておめでとうございます | トップページ | 春ですね »

2021年1月22日 (金)

オールドタイマー誌の付録カレンダーに・・・

オールドタイマー誌の付録カレンダーにトータス306(280A I型の1号車)の写真が掲載されているじゃないですか。
眼福、眼福。
210122_tortoise306 (クリックで拡大表示)
ところで、1971年5月に開催された「全日本鈴鹿1000Km自動車レース 」にトータス305という名前の車両が出場していますが、これは残念ながらトヨタ2000GTではありませんでした。↓
210122_tortoise305 (クリックで拡大表示)

1971年1月に開催された「全日本鈴鹿300キロレース大会 」に出場したシロキヤ6は、トータス306そのものだったんですけどね。
http://www.jaf.or.jp/CGI/msports/results/n-race/detail-result.cgi?race_id=1917&window_flg=1
210122_shirokiya6 (クリックで拡大表示)

ノスヒロ誌に取り上げられて有名になったレース仕様の2000GTの廃車体はトータス306なんじゃないか、と一部で囁かれているようですが、トータス306は280AのI型、廃車体はII型以降の量産型ボディなので、廃車体がトータス306ということはあり得ないですね。
残念ですけども。

 

|

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 春ですね »

TOYOTA 2000GTの真実」カテゴリの記事

コメント

こんな姿になってそして何処へ行ってしまったんでしょうね。この様な貴重な車を当時の人は中古のレースカーとしか見ていなかったんですね。だいぶ前小矢部の日本自動車博物館に復元された写真をネットで見たと思ったのですが、今は有りませんので勘違いだったかも知れません。いずれにせよ、何処かから出て来ませんかね。関係者をたどればある程度分かるのでは無いかと思うのですが。

投稿: スポーツ800 | 2021年1月23日 (土) 午前 08時30分

>スポーツ800さん
コメントありがとうございます。
トータス306がその後どうなったかは残念ながら分からないのですが、レースカーとしてモディファイされ、おそらく公道を走らせる
ために必要な書類もなかったでしょうから、処分されてしまった可能性が高いのではないかと個人的には思います。
ただ、2000GTとして初めて造られた車輌で速度記録のレコードカーですから、どこかに残っていて欲しいという気持ちはありますね。
トータス306に関わった当時の関係者はまだご存命の方がおられると思うので、トヨ博の学芸員さんかレース系に強いジャーナリストさんに
頑張って頂いて取材してもらえたらと思いますね。
復元されて日本自動車博物館に展示されていた(?)のは、311S(280AI型のアルミボディ車)のレプリカ車ではないでしょうか。
311Sのレプリカ車は、車体が赤と銀の2台が存在するみたいです。
この2台はボディの形状がちゃんとI型のものになっていて、独特の雰囲気を醸し出しています。

投稿: mizma_z | 2021年1月23日 (土) 午後 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明けましておめでとうございます | トップページ | 春ですね »