« 510ブルーバードと初代フェアレディZのデザイン開発スタッフ一覧 | トップページ | マスク不足に対する政府の取り組み »

2020年3月28日 (土)

【最新版】初代フェアレディZ デザイン開発スタッフ一覧

初代フェアレディZ(以下S30Zと表記)のエクステリア・ファイナルデザイナーだった田村久米雄さんが当方に送って下さったテキスト資料から、S30Zのデザイン開発に関与したスタッフに関する情報を抜き出し、一覧としてまとめました。
残念ながらお名前が分からない方もいますが、これは田村さんが約3年の年月を掛けて収集した貴重な情報です。
S30Zの開発史の一断片として、ここに記録しておこうと思います。
200328_s30design_staff_20200328212601 (クリックで拡大表示)

モーターマガジン社が昨年出版したZ本では、吉田章夫さんをアシスタントと記述していますが、吉田さんは下掲のクレイモデルの担当デザイナーでありアシスタントなどではありません。吉田さんの名誉のため、厳しく指摘しておきます。
また、この写真はウインドーグラフィックを検討中のものとの説明ですが、ウインドー部分に貼られたケント紙が浮き上がってヨレヨレになっていますので、そのような検討など出来るはずがないですし、右端の栗崎さんがモデルを削っているようなポーズをしていることと整合がとれません。
したがって、このキャプションは不正確である可能性が非常に高い点も、併せて指摘しておきます。
200328_fairlady-z-story-history01 200328_fairlady-z-story-history02 (クリックで拡大表示)

|

« 510ブルーバードと初代フェアレディZのデザイン開発スタッフ一覧 | トップページ | マスク不足に対する政府の取り組み »

Nissan Fairlady Z(S30)秘められた真相」カテゴリの記事

コメント

かなり細かく部所が分かれてデザインされ検討されている事が分かりますね。
テレビ初期のCMを調べた本を読んで見ると昭和30年代の高度成長期の頃の事は案外分かっておらず、国会図書館などに残る資料を当たるしかないと書かれており、現存するメーカーでも当時の当事者が退職するか亡くなると証言する人がおらず、またその証言も正確か分からず困るそうです。高度成長のゆけゆけどんどんの時代はまとまった資料がメーカーにはほとんど無いのです。
雑誌と言えど正確な資料に基づく記事が必要ですね。この情報は大変貴重だと思います。

投稿: スポーツ800 | 2020年3月29日 (日) 午前 09時48分

>スポーツ800さん
コメントありがとうございます。
昭和30年代は西暦だと1955年~1964年。当時20代の若手だった人でも現在は80歳前後ですから、ご存命で記憶がはっきりしている方というのは相当かぎられそうです。中堅やもっと上の役職の方となると、状況はさらに厳しくなるでしょうね。
何かを調べようと思ったら、やはり紙資料に頼るしかないのでしょうが、当時のことは記録が残っていないことも多く、特に企業の社外秘の情報などは一定期間を過ぎると廃棄されてしまったりしますし、重要でないものは用が済めばやはり廃棄。
本田宗一郎さんやエンツォ・フェラーリを引き合いにするまでもなく、高度成長期の企業は仰るようにゆけゆけどんどんで、過去は振り返らず新製品の開発に邁進して自社の歩んだ足跡なんて顧みませんでしたから、結果的に沢山の歴史の空白を作ってしまいました。
これは、返す返すも残念なことです。
S30Zのデザイン開発に関わったスタッフに関しては、田村さんがOB会などを通じて当時の関係者から聞き取り調査をして下さったので、ほぼ全容を把握することができました。
S30の話はしたがらない方が多い中で、これだけの情報を集めるのはかなり大変だったようです。
貴重な情報を遺して下さった田村さんに感謝感謝です。

投稿: mizma_g@管理人 | 2020年3月29日 (日) 午後 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 510ブルーバードと初代フェアレディZのデザイン開発スタッフ一覧 | トップページ | マスク不足に対する政府の取り組み »