« 【Old-timer】公開校閲その6(最終回)【171号】 | トップページ | 【希少】S500量産試作車の映像【レア】 »

2020年3月10日 (火)

【ホンダT360】設計変更の理由の一例【AK250】

T360に設計変更が多かった理由は、凝ったメカニズムを採用したが故に不具合が多発したため、と思われがちですが、実際にはそれだけではなかったんですよ、という一例。
200310_giken47_1 (クリックで拡大表示)

ある時期のAKに関する改善提案は360件。
200310_giken47_2 (クリックで拡大表示)


・1台の不良車も出さず
・販売の時期を失せず
四輪のコストを徹底的に追求する

この3つを課題に、ホンダは1965年からASとAKの増産を進めています。(例えば、T360の'65年1月の生産台数は1,655台でしたが、同年8月には3,853台にまで増えていますから倍以上の増産です)
これは、オリンピック終了後の不況により多くの会社が倒産していた時期だったにも関わらずです。

T360の設計変更の理由には他に、北海道日高の漁村で行った耐候試験の結果のフィードバックや、新しい生産技術(設備)の導入による仕様変更などもありましたが、ここでは詳しいことは書かないでおきましょう。
「設計、生産、販路、サービス体制など多方面からこのクルマ(T360)を見返し云々」と今号のOT誌にありますので、ネタがカブってしまっては申し訳ないですからね。

|

« 【Old-timer】公開校閲その6(最終回)【171号】 | トップページ | 【希少】S500量産試作車の映像【レア】 »

Honda T360 T500」カテゴリの記事

コメント

初めて出す4輪ですので性能はもちろんの事コストダウンしなければと言う意識が強かったんですね。会社ですから売るからには少しでも利益を、そして信用の為性能を損なわない。日々考え抜いていたのですね。
当時でも軽トラは売れ筋車種だったんでしょうかね。現在では農道のフェラーリなんて呼ばれますが(笑)。

投稿: スポーツ800 | 2020年3月10日 (火) 午前 08時49分

>スポーツ800さん
コメントありがとうございます。
開発責任者だった中村良夫さんが書き残した資料によれば、T360は開発中からコスト高が問題になっていたようです。
何せ、エンジンだけ見ても水冷4気筒でオールアルミ、ツインカムに4連キャブレターですからね。同時代のライバルが空冷2サイクル2気筒シングルキャブだったことを考えれば、間違いなくコストを掛け過ぎな訳で…。
コストダウンは生産が終了するまで常に大命題だったようです。当然ながら、コストは下げても性能は下げれませんから、開発技術者も生産技術者も、生産現場の方達も大変だったと思います。
T360が発売された1963年当時は、やはりオーナードライバー向けの乗用車よりも商用モデルの方が売れたのでしょうね。
農道のフェラーリならぬ農道のNSX アクティは、来年で生産を終えることが決まってしまいました。ホンダの四輪参入の尖兵としてデビューしたTの血統はTNからアクティへと受け継がれましたが、その命脈が尽きることになってしまい本当に残念です。(TωT)

投稿: mizma_g@管理人 | 2020年3月10日 (火) 午後 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【Old-timer】公開校閲その6(最終回)【171号】 | トップページ | 【希少】S500量産試作車の映像【レア】 »