« 【トヨタ2000GT】撮影車と予備車の特殊装備の相違点【ボンドカー】 | トップページ | 檄 文 »

2020年2月11日 (火)

【消防車の赤を】アメリカテスト車のモノクロ写真をカラー化してみました(2)【塗るなよ】

2200211_1963_honda-s500_test_usa_05 (クリックで拡大表示)
「8時間内で25台の半量産体制となった狭山工場でも相変わらずこの赤色が生産の主力であった。この塗装作業での難点は塗料の下地の色を隠す能力である隠蔽力が低いのを如何にカバーするかであった。一方メーカーの日本ペイントもこれを改善し維持するために顔料配合に四苦八苦していた。ややもすると黄色味の色あしの入った赤色になり勝ちで、本田社長から「消防車の赤を塗るなよ」と再三注意をうけていたものだった。」(当時、塗装の生産技術を担当されていた方の著書より引用)

この記述から本田社長は"黄色味の色あしの入った赤"、換言するとオレンジ色っぽい赤を好んでいなかったことが伺えるので、アメリカテスト車のモノクロ写真をカラー化するにあたっては、ボディの赤色を真紅っぽくしてみました。
余談ですが、Googleで"真紅"を検索すると、ページの右側にスカーレットの色見本と説明書きが表示されます。

取付けられているライセンスプレートには「CALIFORNIA JPA 328」と表記されているので、撮影地はカリフォルニアの太平洋を望む丘陵地帯と推測しまして、それっぽい雰囲気に着色してみました。但し、このライセンスプレートは撮影用の小道具で、本物ではなかったようです。
オフホワイトの幌カバーやタン(色)のシート表皮なども拘って着色しているのですが、あまりよく見えませんね。


おまけ。
ミニチュア風に見えるフィルターを掛けると、ちょっと立体的に見えるかも?
200211_1963_honda-s500_test_usa_08 (クリックで拡大表示)

こちらはHDR撮影風のフィルターを掛けたもの。
200213_1963_honda-s500_test_usa_00 (クリックで拡大表示)



|

« 【トヨタ2000GT】撮影車と予備車の特殊装備の相違点【ボンドカー】 | トップページ | 檄 文 »

Honda Sports500/S500」カテゴリの記事

コメント

私も赤と言えばこの写真の様な赤が好きで、オレンジががった物は好みません。
白黒写真に色を付けるのは微妙な色彩だと難しいですね。撮影者の方がいらっしゃればその方の記憶に頼るとか有りますが、戦争初期の零戦の色も人の記憶によって微妙に曖昧だったりするので、研究者は実物の色見本から推測する見たいです。
車の場合は当時の色見本塗装など残っているのでしょうか?ただ赤は退色が早いですが。

投稿: スポーツ800 | 2020年2月12日 (水) 午前 09時03分

>スポーツ800さん
コメントありがとうございます。
スポーツ800の赤も黄色味の少ない赤ですよね。ああいう赤が私も好きです。
白黒写真への着色は、色を付けること自体はとても簡単なのですが、自分がイメージする色に彩色するとなると難易度が一気に上がってしまいます。
着色した時の色は、"調色した色"と"発色のモード" "透明度"の3つの要素の組み合わせで決まるのですが、どんな色味になるかは実際に着色してみないと分からないので、とにかくトライ&エラーの繰り返しで…。
納得のいく色に着色されるまでひたすら調色と発色モード、透明度の変更をやり直します。今回の写真では、海の色と植物の色でたいぶ苦労しました。
エスに使われた塗料はあまり質が良くなかったらしく、当時フロリダ州マイアミや千葉の外房で暴露試験を行っているのですが、二度とも変色や退色が早く始まってしまったため、途中で試験が打ち切られています。
オートバイ用の塗料を作っていた塗料メーカーの塗料が、特に品質が悪かったとのことです。
エスのソリッドカラーの多くはオートバイと同じ色を使っていまして、赤(スカーレット)もご多分にもれずなので、もし現車が残っていたとしても、当時の色を再現するのは困難でしょうね。
塗料の配合表は残っているのですが、これは当時使われていた塗料が残っていないと意味をなさないですし、半世紀以上前の塗料が仮に現在残っていたとしても、当時の色味を保っている保証はないので、やはり当時の正確な色を再現するのは難しそうです。
零戦の明灰色は、飴色だ!イヤ明灰緑色だ!と論争がありましたが、映画「この世界の片隅に」の監督をされた片渕須直氏(航空史研究家としても有名)や市井の研究家 中村泰造氏らが、実機の塗装(塗膜)を東京文化財研究所で化学分析してもらい、正確な色が判明したようです。↓
https://togetter.com/li/1162984
色の道は色々とむつかしいですね。(苦笑

投稿: mizma_g@管理人 | 2020年2月13日 (木) 午前 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【トヨタ2000GT】撮影車と予備車の特殊装備の相違点【ボンドカー】 | トップページ | 檄 文 »