« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月31日 (火)

深夜に独りで子猫を救出した話

11月26日の午前2時半頃、家の外から聞こえてくる子猫のニャーニャーという大きな鳴声で目が覚めました。
子猫の鳴声は、たぶんそれよりも前から聞こえていたと思うのですが、眠気の方が強く私が起きたのは結局この時間でした。
とりあえず、寝巻きの上にジャンバーを羽織って、いつも枕元に置いているLEDペンライトを持ち、鳴声のする場所を探してみましたが、子猫の姿を発見することはできず。
でも、その間も子猫は大きな声で鳴き続けています。
私の家の前には、深さ2.5m程の三面コンクリートの用水路があり、その付近から鳴声がするのですが、いくら探しても子猫の姿は見当たりません。
こっち岸で耳をそばだてると、向こう岸で鳴声がするように聞こえ、向こう岸に行ってみると、こっち岸で鳴声がしているように聞こえる…。
そんな状態だったので、用水路の向こうとこっちを何度も行ったり来たりして、寒さを堪えながら一生懸命探したのですが、一向に子猫は見つからず。
そんなことを30分もしていると体が冷えてきて、僅かながら雨も降っていたので、子猫を探すのを止めようかとチラッと思ってしまいました。
「ここで私が探すのを止めれば子猫は確実に死んでしまうだろう、諦めちゃダメだ」と思い直し、もしかしたら用水路に落ちているのかもと思って、ペンライトで用水路の底を照らして探してみました。
ところがペンライトの光量が不足しているためよく見えず、やはり子猫は見つかりません。
もうダメかと諦めかけた頃、一瞬、用水路の壁際で何かが動いたのが見えたので、そこを丹念に調べてみたところ、ようやく子猫の姿を確認できました。
でも、子猫がいるのは深い深い用水路の底。
ウチには用水路の底に降りられる長さの梯子はないので、さてどうしたものかと思案し、そういえば捕虫網があった…と思い出して、早速家に取りに帰りました。
捕虫網を持ってすぐに子猫のいるところに戻り、捕獲を試みますが、捕虫網の棒の長さが足りなくて全く届かず。
もう一度家に戻って、延長の棒を取付け、再度子猫の元に駆け寄ると、さっきまで必死に鳴いていた子猫は力尽き、水面に横たわっていました。
「間に合わなかったか…」
落胆する気持ちに鞭打って、取敢えず引き上げて、もし死んでいたら土に埋めてあげようと考え、ともすると流されそうになる子猫を必死に捕虫網ですくい上げました。
この間、子猫は微動だにせず。 
やっぱりダメだったのかな…と思いながら、引き上げた子猫を網から取り出そうとしたその瞬間、微かにニャーと鳴き声がしました。
「まだ生きていた…」
私は直ぐに家に子猫を連れ帰って、汚水にまみれた体を洗面の水道のぬるま湯(人肌くらいの温かさ)で洗い流し、体がきれいになった後もしばらくぬるま湯で体を温め続けました。
「がんばれがんばれ、生きるんだよ、死んじゃだめだよ、大丈夫大丈夫、助けてあげるからね」
そんな言葉を子猫にかけながら、しばらく洗面のぬるま湯で子猫の体を温め続けていると、少し手足をバタつかせるような動きをし始めたので、今度は体の水気をタオルでよく拭き取って暖房の効いた自室に連れて行き、ジャンバーのジッパーを下ろして子猫を懐に抱いて、私の体温で子猫を暖め続けました。
この間も、「大丈夫だからね、がんばろうね」と声を掛けながら、ずっと子猫の体をさすり続けました。
1時間も体をさすっていると、意識があまりはっきりしていなかった子猫はスヤスヤと眠りだし、「これは助かる」とようやく私も安堵できました。
時間はちょうど午前6時頃だったでしょうか、子猫は眠りから覚め、ヨタヨタと立ち上がると私の腿の上を伝って直ぐそばのPCデスクにひょいと飛び移り、PCデスクの上の狭い隙間の中に入り込んでしまいました。
そして警戒した表情でこちらを眺め、私が手を伸ばして捕まえようとすると、シャー!!!と威嚇してきて、まったく近寄らせません。
どうやら、助けた子猫は人間に慣れていないようです。
この子猫に次に触れられたのは、1週間後のことでした。
詳しいことは割愛しますが、子猫には兄弟が1匹いて、用水路に落ちる何日か前から2匹で隣家の近くをうろついていたようです。
現在は、この兄弟猫との再会を果たし、チビさん達2匹で仲良く過ごしています。

以上、私が先月経験した子猫の救出劇でした。

(おしまい)

191231_20191126_145102 私が助けた子猫ちゃんです

| | コメント (2)

2019年12月30日 (月)

我がビートの今年のメインテナンス履歴

3月に右リアキャリパーよりフルード漏れが発生したため、分解修理を実施。
キャリパーを分解すると、ピストンに腐食による虫食いが発生していることを確認。(フルード漏れの原因はピストンシールの破損)
しかし、虫食いは軽微だったため、ピストンを再使用するか否か逡巡し、最終的に交換することを決意。
制研のOHキットを使ってOHを実施。併せてブレーキパッドも社外品に交換した。
また、フロントブレーキ・キャリパー及びディスクローターを、他機種のものに交換しアップグレード(ローター径及びパッド面積の拡大)を図った。
これは、ビートの純正ブレーキはパッドとローターの当たりが悪く、パッドの全面がローターに接触しない状況が発生しやすいので制動力不足となるため、このアップグレードによって制動力不足の解消を図った次第。
ブレーキのアップグレードは効果覿面で、常々思っていた「ビートはブレーキが効かない」という印象を払拭できた。
191230_20190329_155441
ピストンの錆具合を確認せずにねじ込まれたため、ピストンシールに傷がついてフルードだだ漏れ
誰がこんなことをしたかは、当該人物の名誉のため口チャック

191230_20190412_090355 
新品のピストンを組んだところ
リアキャリパーのO/Hは、心得のない人間がやると元に戻せなくなるのでご注意を

191230_20190414_102708 
リアブレーキのO/H完了の図
ブレーキホースは純正よりステンメッシュの方が安かったので、迷うことなくステンメッシュをチョイス

191230_20190407_115515
フロントもキャリパーをO/Hした上で組付け
因みに、ビートの純正ローターはソリッドディスク、今回の流用品はベンチーレーテッドディスク
どうせ街乗りしかしないんですけどね

続きを読む "我がビートの今年のメインテナンス履歴"

| | コメント (2)

2019年12月15日 (日)

ドンカメ306 (ドンガメ306?)

Facebookのとあるグループで、珍しいトータス306のカラー写真を見つけました。
191215_tortoise306
ゼッケンナンバーが6番ということは、全日本富士1000kmレース(1970年7月26日開催)で撮影されたものでしょうかね。
因みに、「トータス306」=「スピードトライアル 速度記録車」=「280AⅠ型の試作1号車」なので超希少な車輌なのですが、現在その所在は不明との由。
果たして、まだどこかに存在するのか、それとも既に廃却済みなのか…。
ぜひ生き残っていて欲しいものですが、どうですかね。


 

| | コメント (4)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »