« エンジン型式に"E"が付かないS500の試作エンジン | トップページ | 本日11/11は初代「ホンダ シティ」&「ホンダ モトコンポ」の38歳の誕生日! »

2019年11月 5日 (火)

サンタンC100(スーパーカブ)ならぬ、サンタンT360が存在したようです

このエントリーの公開は終了しました。

|

« エンジン型式に"E"が付かないS500の試作エンジン | トップページ | 本日11/11は初代「ホンダ シティ」&「ホンダ モトコンポ」の38歳の誕生日! »

Honda T360 T500」カテゴリの記事

コメント

T360と言えばほとんど水色の個体しか頭に浮かびません。スーパーカブもご同様。
昔の車って色の設定が少なかったイメージが有りますが(トヨタスポーツも初期型は2色のみ)実際は案外カラフルだったんですね。

投稿: スポーツ800 | 2019年11月 6日 (水) 午前 08時36分

>スポーツ800さん
コメントありがとうございます。
昔のクルマというと、何となく地味な色ばかりという印象がありますが、実際には然に非ずでカラーバリエーションはかなり豊富でしたね。
トヨペットのマスターラインやいすゞのベレルにはピンク色のモデルがありましたし、ブルーバードのファンシーDXや二代目コロナにもアイボリーとピンクのツートンカラーがありました。
メーカー謹製のピンク色のクルマなんて、最近では某社のクラ○ンくらいしかないですよね。
ほんの少量しか生産されなかったスカイラインスポーツですが、カラーバリエーションは驚くことにクーペとコンバーチブルが各4色で合計8色もありました。
乗用車でも商用車でも、だいたい赤系・青系・緑系・黄色系・茶色系などがあって、さらにそれらを組みあせたツートンカラーが設定されたモデルも多かったので、昔のクルマはイメージと違って相当カラフルでしたね。

投稿: mizma_g@管理人 | 2019年11月 6日 (水) 午前 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エンジン型式に"E"が付かないS500の試作エンジン | トップページ | 本日11/11は初代「ホンダ シティ」&「ホンダ モトコンポ」の38歳の誕生日! »