« ホンダ エスの生誕○○周年に関する私見 | トップページ | 【祝】「トヨタ2000GTを愛した男たち」 細谷四方洋 (著)【出版】 »

2016年7月24日 (日)

【ホンダ】ボンネットにバルジか設けられた本当の理由【S800】

本来、S800は私の守備範囲外のクルマなので、これまで敢えてスルーしてきたのですが、毒吐きついでにS800のボンネットバルジに関する誤った通説を、一刀両断にぶった切っておこうと思います。
 
S800のボンネットバルジに関しては、現在「採用予定だった機械式インジェクションとの干渉を避けるために設けられた」という説が広く流布していることは皆さんご存知の通り。
でも、この通説は全くの出鱈目で事実ではありません。
では、あのバルジは何故設けられたのか?ということになりますが、その理由はバルジをデザインした張本人である岩倉信弥氏が、↓こちらで公開されている氏のコラムで詳しく述べられています。
 
または、↓こちらの資料にも同様の記述があります。
(※ ページ下部にあるPDFファイル(リンク)の7~8ページ)
 
詳しくはコラムやPDFファィルを読んで頂くとして、コラムの内容を三行にまとめると以下のようになります。
S600のマイナーモデルチェンジにあたり、設計部門からは「外板はいじるな」ときつく釘を刺されていた。
にもかかわらず外板をいじったのは、本田社長から「ボンネットに何か特徴が要るねぇ(ジロリ)」と暗黙の要求があったため。
設計の担当者からボンネットバルジは意味のない変更だと散々非難された。(実際にバルジは意味ありげなだけで機能的な意味合いはなかった)
 
ということで、岩倉氏のコラムには機械式インジェクションの機の字も出てこないどころか通説とは全く間逆で、設計からは外板をいじるなときつく釘を刺されていた、というのが真相です。(通説が事実であれば、設計からボンネットの形状変更を求めるリクエストがあったはずですよね)
機械式インジェクションの話がどこから出てきたのかは私には分かりませんが、S800のボンネットバルジをデザインしたご本人の証言を否定、あるいは覆せるエビデンスを見つけることはまず不可能でしょう。
つまり、ボンネットバルジの「機械式インジェクション回避説」の信憑性はゼロということです。

(結論)
S800のボンネットバルジは、本田社長の要求によって岩倉氏がデザインしたもので機能的な意味合いはなく、外観上の特徴を得るために設けられたものでした。
S800のボンネットにバルジか設けられた本当の理由、お分かり頂けたでしょうか。



(2016.07.26 追記)
余談ですが、せっかくエスハチを取り上げましたので、もうひとつネタを投下しておきます。
S800の発表は1965年に開催された「第12回 東京モーターショー」に於いて、というのが定説になっていますが、実際にS800の発表が行われたのはショーの数日前でした。(↓)
160726_s800 (クリックで拡大表示)
残念ながら発表会が行われた正確な日時は分かりませんが、第9回全日本自動車ショー(1962年( 昭和37年)10月25日〜11月7日開催)に出展されたスポーツ500、スポーツ360、T360の発表会が行われたのは、ショーが開催される5日前の10月20日(場所はホテルオークラ)でしたから、S800(や同時に参考出品されたN800)の発表会も同様にショー開催の5日程度前に行われたものと推察されます。
ということで、S800は第12回 東京モーターショーに先立って行われた発表会に於いて発表された、というのが正確な史実になります。
まあ、固定観念に囚われて古い誤った情報に拘泥する方達にはどうでもいい情報でしょうけれど、ちょっとだけお節介をやかせて頂きました。

|

« ホンダ エスの生誕○○周年に関する私見 | トップページ | 【祝】「トヨタ2000GTを愛した男たち」 細谷四方洋 (著)【出版】 »

Honda その他」カテゴリの記事

コメント

ホンダのSはほとんど詳しくありませんが、あのバルジの下には何か有ると思っていました。
そんな理由があったのですね。
しかし、たしかに見た目だけでも意味ありげでかっこいいですね。

投稿: スポーツ800 | 2016年7月25日 (月) 午前 09時55分

>スポーツ800さん
コメントありがとうございます。
私もS800に関しては殆ど知識がないのですが、たまたま岩倉氏のコラムが連載されているのを知りまして、当時 コラムが更新されるのを毎回楽しみにしていました。
バルジの下には、S500やS600にも使われた京浜のCV4連キャブが鎮座しております。
バルジはボンネットの一部を少し膨らませただけのギミックではありますが、あるのとないのとでは見た目の迫力が全然違いますよね。
ああいうのをデザインの妙というのだろうなと思います。
デザイナーのセンスも大したものですが、ボンネットに特徴がいると閃いた本田社長の感性も素晴らしいですよね。

投稿: mizma_g@管理人 | 2016年7月26日 (火) 午前 07時08分

昨今のデザインは、『デザインのためのデザイン』『ダミーインテーク』など食傷気味であります。
『盛る』では無く『削る美しさ』に飢えております。

しかし、エスハチの《チカラコブ》はまさに かたちはこころ ですね。


H1300の試作モデルに機械式インジェクションがありましたので、その辺から出てきたデマかも知れませんね。

投稿: 純自家用 | 2016年8月11日 (木) 午前 07時56分

>純自家用さん
コメントありがとうございます。
確かに、今日日のクルマのデザインは何だかゴテゴテしていて、押し付けがましい感じがしますね。
どのクルマも目が吊り上っていて、人相ならぬ車相も悪いですし。。。
翻って60年代のクルマのデザインを見れば、どれもプレーンかつシンプルでとてもスッキリとしいてます。
それでも、どのクルマも個性的ですし現在の目でみても魅力を感じるものが多いですよね。
S30Zなんかは、洋の東西を問わず今でももの凄い人気ですし。
きっと現在のデザイナーさんでもやってやれないことはないと思うのですが、カーデザインにもその時々の
トレンドがあるので、それを外すわけにはいかないのかもしれません。
ただ、現在の華美なデザインもいずれ飽きられて、原点回帰でまたシンプルなデザインがトレンドになる時が
くるかもしれませんね。
その時に、エスハチのチカラコブのような、ワンポイントでそのクルマの個性を表すような秀逸なデザインが
生み出されることを期待したいです。
機械式インジェクションの話は、どうやらエスの開発に関わったエンジニアの方の証言が発端みたいです。
おそらく、本田社長と岩倉氏とのやりとりを知らなくて、出来上がってきたエスハチのデザインを見て憶測で
お話をされたのだと思いますが…。
事実とは違う話が拡散してしまって、歴史派マニアとしては困った困ったです。

投稿: mizma_g@管理人 | 2016年8月12日 (金) 午前 10時54分

こんにちは、S800のボンネットバルジの理由は、私が最初に聞いたものはキャブレターの空気を吸いやすくするとの事で。
仲間内では本当に効果があるのか、などと愉しみながら議論しておりました。

ところで、2013年に「ホンダエス生誕50周年を祝う会」がツインリング茂木にて開催されました。
この時のトークショウで 川本信彦 元社長が「開発中の機械式インジェクションの装着を想定していました」
とのお話で、バルジはそのまま残して量産したのだと聞き、仲間と驚いたのはまだ記憶に新しいです。

今回の岩倉氏のコメントを拝読して、自分の中で混乱しておりますが。
そんなこんなも楽しものです。

また友人とバルジ談義をしたいと思っております。


これからも目から鱗な情報満載のHPを楽しみにしております。

投稿: shinpei | 2016年8月25日 (木) 午前 11時01分

>shinpeiさん
コメントありがとうございます。
遅レスご容赦を…。
機械式インジェクションの話の発信元は、川本さんだったのですね。
もしかしたら“元社長”の肩書きが、話の信憑性を高めてしまったのでしょうか。。。
私にとっては、岩倉氏のコラムに書かれていることが常識で、それが広く世間に
知られているものだと思っていたので、機械式インジェクションの話を最初に
読んだ時は正直ビックリしました。
誰がこんな突飛もないことを言っているんだと。
まあ、普通に考えれば、エンジンの仕様(機械式インジェクションの採用)が決定する前に
造形の方でデザインを進めて金型まで作ってしまうなんて常識的に有り得ませんし、
何よりバルジをデザインしたご本人が、設計からバルジの新設をオーダーされなかったことを
証言されていますから、川本さんのお話はちょっと信じ難いなぁというのが私の印象です。
当時エスの開発に関わった方も、関わり方は人それぞれですから、証言が食い違うことがあるのは
仕方のないことなんでしょうね。
色々な証言(情報)がある中から、どれが真実に一番近いのかを考えるのは、それはそれで楽しいことですので
拙ブログなども参考にしてエス談義に花を咲かせて頂ければと思います。
滅多に更新しない怠慢ブログですが、今後ともよろしくお願いします。


投稿: mizma_g@管理人 | 2016年8月26日 (金) 午後 06時46分

車体番号の調査をお調べ願えればと思い
プロフィールのメールアドレスにお送りしたところ
不通で帰ってきました。よろしくお願いします。

投稿: muu | 2016年9月26日 (月) 午前 10時11分

>muuさん
申し訳ありません…。
メールの設定を修正しましたので、お手数でも再度ご連絡を頂ければと思います。
よろしくお願いします。


投稿: mizma_g@管理人 | 2016年10月 2日 (日) 午前 08時57分

前略
このバルジの風説、私が主犯です。
どこかの雑誌でこういうの書いてたよなぁ…と思いながらWikipediaを編集しました。
当時は今みたいに出典がどうのこうのだの、細かい書式がなってないだのとホザくク○管理者が
跋扈することもなく、なーんにも考えずにUpしてしまいました。
(そういう理由で既に編集はとっくに引退しています)
ガキの頃から親父の蔵書のCG,SCG辺りを読み漁っていましたので、そこのどこかにその旨の記述が
あったんだろうと思います…が、私が生まれる前の号すら読んでいたので、今から探せと言われても
とてもじゃないけど不可能です(既に倉庫の肥やしですし)。

ただ、上のコメントで川本さんがそう証言されていたということで、もし私が見た記事が氏への
インタビューだったとしたら、90年代のどこか、のような気がします。
氏の社長在任はまさに90〜98年、そしてその間にNSX,BEAT,typeRシリーズ…とキーになる
スポーツモデルがリリースされています。そこでAS系を紐付けして当時の秘話を語っていても
全く不自然ではないでしょう。

後は奇特な方に任せたいと思います。それと、誰かWikipedia削除して下さい。

以上、懺悔いたします。

投稿: 446 | 2016年11月17日 (木) 午後 10時13分

>446さん
申し訳ありません…、親の介護に時間を取られてしばらくブログを放置しておりました。。。
Wikipediaの方ですが、当方が先ほど訂正しておきました。
コメント、ありがどうございました。

投稿: mizma_g@管理人 | 2016年11月24日 (木) 午後 03時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158972/66659042

この記事へのトラックバック一覧です: 【ホンダ】ボンネットにバルジか設けられた本当の理由【S800】:

« ホンダ エスの生誕○○周年に関する私見 | トップページ | 【祝】「トヨタ2000GTを愛した男たち」 細谷四方洋 (著)【出版】 »