« 【本物?】HONDA S660の四面図と諸元表【偽物?】 | トップページ | ガックリ… »

2014年12月31日 (水)

『歴史の証人 細谷 四方洋』@ベストカー

今年も残すところあと9時間ほどとなりました。
今年は殆どブログを更新できず、反省することしきりの年の瀬でございます。。。
 
ところで、今年2014年は、トヨタ2000GTの開発が始まってちょうど50年目の記念すべき年だったのですが、皆さんお気づきだったでしょうか。
50年前の今頃は、トヨタ社内での初期設計作業が終了して、3日前の12月28日にはトヨタの開発メンバーだった河野さん、野崎さん、細谷さん、高木さん、山崎さんがヤマハを訪問して、ヤマハとの技術提携の契約を結びました。
この時、開発メンバーの皆さんが日産の幻のプロトタイプ A550X(通称 日産2000GT)を実見したことは、有名な話ですよね。
トヨタ社内でトヨタ2000GTの開発プロジェクトが始まった時の詳細については、すでにこのブログに書いていますし、開発メンバーの一人だった細谷 四方洋さんが当時のことを回想した記事を寄稿して下さっていますので、敢えてここで触れる必要もないと思いますが、なんと!記念すべき50周年の年に、細谷さんの証言がベストカー誌に四回に渡って連載され、活字となって記録されたのです。
細谷さんご自身が記した回想文はこのブログで読むことが出来ますが、ブログは所詮“消え物”であって恒久的に保存されるものではありません。
ですから、自動車に関する書籍では発行部数日本一を誇るベストカー誌に細谷さんの証言が記録された意義は大きいと思います。
さて、その細谷さんの証言が掲載されたベストカー誌ですが、既にバックナンバーになってしまっています。(ご紹介するのが遅くなってしまって申し訳ありません…)
ただ、一部の号はAmazonで新本を購入することが可能です。
興味のある向きは、お早めにお買い求め頂ければと思います。
ベストカー 2014年 11/26号  在庫切れ
 
ベストカー 2014年 12/10号 在庫あり

141231_01 (クリックで拡大表示)

記事の内容ですが、トヨタ2000GTの開発史の他に、第一回日本GPやスピードトライアル、チームトヨタのレース活動やメンバーについて、トヨタ7のことなど盛りだくさんです。
ネタバレになりますが、ひつとだけ紹介させて頂くと、チームトヨタのメンバーだった福澤幸雄さんが事故で亡くなった時、細谷さんは直ぐに事故現場に駆けつけて、福澤さんの救助にあたられたそうです。
細谷さんは福澤さんをコクピットから助け出そうとしましたが、シートベルトが外れず助け出せなかったのだとか…。
この時、細谷さんは腕に火傷を負い、その火傷の痕は今も細谷さんの腕に残っているそうです。
どこぞのデマブログが、トヨタは消火活動をしないで福澤さんを見殺しにしたかのように吹聴していますが、それがまったくの出鱈目であることは、細谷さんの体に残った火傷の痕が証明してくれています。
因みに、記事のタイトルは「クルマ界 歴史の証人」でして、細谷さんはまさに歴史の生き証人な訳です。
141231_02 (クリックで拡大表示)
そんな貴重な細谷さんの証言が、活字として記録されたことは本当に喜ばしいですね。
既に在庫切れになっている号も中古本が手に入りますし、新本が補充される可能性もあると思いますので、まめにAmazonをチェックしてみて下さい。
そうそう、細谷さんのご配慮で、記事の最終回には当ブログのことも取り上げて頂きました。
141231_03 (クリックで拡大表示)
場末の泡沫ブログが、メジャー誌に名前を載せてもらえるなんて、こんな光栄なことはありまん。
殆ど活動しなかった当ブログの、今年最大のトピックとなりました。
細谷さん、ありがとうございました。
 
親の介護で忙しくて、来年もあまりブログの更新は出来ないかもしれませんが、ネタはありますので暇をみて投下致します。
来年もご愛顧のほど、よろしくお願いします。
それでは皆さん、よいお年をお迎え下さい。




    

|

« 【本物?】HONDA S660の四面図と諸元表【偽物?】 | トップページ | ガックリ… »

TOYOTA 2000GTの真実」カテゴリの記事

トヨタ7」カテゴリの記事

細谷四方洋 回想録」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
細谷さんの証言が雑誌連載になっていたとは知りませんでした。
当時を知る方の貴重な証言ですので、たいせつに記録して置きたいですね。

投稿: スポーツ800 | 2015年1月 5日 (月) 午前 11時16分

>スポーツ800さん
あけましておめでとうございます。
こちらこそ、本年もよろしくお願い致します。
ベストカーと言うと、新型車のスクープが看板の雑誌ですから、旧車マニアにとっては一番縁い存在かもしれませんね。
私も、細谷さんから事前にご連絡を頂かなかったら、記事には気が付かなかったと思います。
細谷さんの記事は、ザラ紙のモノクロページに掲載という扱いではありますが、発行部数の多い雑誌に掲載されて広く世の中に出回りましたから、末永く“資料”として存在し続けるんじゃないかと思います。
歴史の証人の証言が活字として記録されたことは、記録派マニアの私にとって本当に本当に嬉しいことでした!
デマブログの嘘を細谷さんが喝破して下さったことも、痛快で嬉しいことでしたね。

投稿: mizma_g@管理人 | 2015年1月 6日 (火) 午前 09時10分

ご無沙汰しております。ベストカー、ライターの佐藤です。本誌「ベストカー」のご紹介、本当にありがとうございます。確認が遅れ、お礼を申し上げるのが遅くなりまして申し訳ありませんでした。細谷さんとはまた“別の雑誌”あたりでお願いしようと思っています。その際はまたご相談するかも知れません。今後ともよろしくお願いします。

投稿: | 2015年2月10日 (火) 午前 09時53分

>佐藤 様
コメントありがとうございます。
私の方もブログでの紹介が遅れてしまいまして…、ちょっと反省しているところです。
せめて、Amazonに全ての該当号の在庫があるうちにご紹介したかったのですが。。。
別の雑誌で細谷さんを取り上げる構想がおありなのですね。
これは俄然期待してしまいます。
私でお役に立つことがあれば喜んで協力させて頂きますので、遠慮なくご相談頂ければと思います。
こちらこそ、今後ともよろしくお願い致します。

投稿: mizma_g@管理人 | 2015年2月11日 (水) 午前 09時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158972/58432286

この記事へのトラックバック一覧です: 『歴史の証人 細谷 四方洋』@ベストカー:

« 【本物?】HONDA S660の四面図と諸元表【偽物?】 | トップページ | ガックリ… »