« 2014年1月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年2月28日 (金)

お詫びとお知らせ

当ブログのカテゴリー、「Nissan Fairlady Z(S30)秘められた真相 」で公開していたエントリーは、本日をもって公開を終了しました。
全くもって不本意ながら、田村久米雄氏から寄稿して頂いた文章は、コメント欄のコメントを含めて一切合切 、全て削除致しました。

このような事態になった理由は、私の気持が折れて外部からの圧力に抗いきれなくなったためです。
ヘタレ管理人で本当に申し訳ありません…。

尚、当ブログや田村氏を支援して下さっている協力サイト様、協力ブログ様にご迷惑が掛からないよう、削除した各エントリーにはWebキャッシュへのリンクを記載しておきました。
Webキャッシュは、当ブログとは全く無関係な外部サイトなので、不服や抗議、異議の申し立てなどは、当該サイトの管理者に直接行なって頂くようお願い申し上げます。
当方の管理下にない外部サイトに関して、当方は一切関知しませんし一切責任を負いませんので、あしからずご了承下さい。


    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

【T360】気が付いた点を指摘しておきます【AK250】

ホンダのAHSSAは「Authorized Honda Service Station Association」を略したものだと思います
間違っていましたらご指摘をお願いします。
(2014年09月27日訂正)
上記の記述が誤りであることが判明しました。
詳しくは以下のエントリーで解説していますので、お目通し頂けましたら幸いです。
【お詫び】AHSSAについて【訂正】

 

   
それと以下の写真は「フライング特集号 /昭和39年2月15日発行」に掲載されているもので、T360とT500の生産が埼玉製作所から狭山製作所に移管されたのは昭和40年4月のことでしたから、撮影場所は埼玉製作所大和工場で間違いありません。
Img_0006 Img_0008 (クリックで拡大表示)
写真に写っている車輌を見ても、生産ラインのものはヘッドライトの取り付けベース部分が頑丈な造りのタイプでこれは初期型の車輌の証ですし(狭山製は華奢な造りに変更されています)、出荷風景の写真に写っているT360はリアウインドウ下のプレスラインがスプリットタイプになっており、これは昭和38年に製造された車輌のみに見られる特徴なので、これらのことからも2枚の写真は狭山製作所ではく埼玉製作所大和工場で撮影されたと断定できます。
写真の撮影時期は、昭和38年6月から昭和39年1月の間の何れかの日でしょう。
また、積載車の上段にはT360が4台搭載できたようですが、下段は積載車のキャビンがあるぶん搭載スペースが少なかったので、搭載台数は3台だったのではないかと個人的には思うのですが、如何でしょう?
余談ですが、フロントを持ち上げた斜め積みだと、積載車の上段に5台のT360を搭載できたようです。
140212_yamato231 Yamato224 (クリックで拡大表示)
これらの写真も大和工場からの出荷の様子を撮影したものです。


   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

ヤナセ・スポーツ・クーペ

Ysc1 (クリックで拡大表示)
Ysc2(クリックで拡大表示)
Ysc3 Ysc4 (クリックで拡大表示)

このクルマは、当時バスボディを製造していたヤナセ(ヤナセ東京?)がVW1200のシャシーにオリジナルのスチールボディを架装して製作したカスタムカーで、名前は「ヤナセ・スポーツ・クーペ」です。
「ヤナセ・スポーツ・クーペ」のボディサイズは、全長と全幅がVW1200よりも若干大きく、全高はVW1200よりも低かったそうです。
車重はカルマン・ギアより40kg重いと発表されました。
最高速度は120km/h。 ボディの架装費は98万円だった由。
このクルマの最大の特徴であるクリアトップ(ルーフ)には、特殊なプラスチック(アクリル樹脂?)が使われていたそうです。
このクルマに関する情報がネット上に見当たらなかったので、簡単にではありますが紹介してみました。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

【祝】ホンダS500 生誕50周年

140201_s500_50th (クリックで拡大表示)
画像提供:エリッヒ・マイヤーさん


人間の生誕は、お母さんのお腹からオギャーと生まれ落ちた時。
クルマの生誕は、“メーカー”という母胎から“市場”という外の世界に送り出された(上市された)時、というのが私の考えなので、ホンダS500が発売されてちょうど50年目の今日、2014年2月1日ホンダS500の生誕50周年をお祝いしたいと思います。
私の考えにご賛同頂ける方は、是非今夜、S500の50回目の誕生日を祝して、祝杯でもあげてやって下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年9月 »