« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月31日 (金)

お詫びと愚痴

元旦以降、ブログをほったらかしにしてしまい申し訳ありません。
実は母親が背骨の圧迫骨折のため、今月の5日以降 独りでは動けなくなってしまいまして、毎日大変な思いをして面倒をみているものですから、なかなかブログにまで手が回らなくなっています。
のみならず、頂いたメールの返事も書けていない状態でして…。
メールを下さった皆さんには本当に申し訳なく思っています。
何とか返事を書かねばとは思っているのですが、とにかく母の世話に時間をとられてしまうのでどうにもなりません。。。
毎晩少ない時で3回、多い時には6回、1時間から2時間おきに起きてトイレ介護をする生活を一ヶ月近く続けているのですが、熟睡できないのは本当に辛いです。
まともに眠れないと、体だけじゃなくて精神的にもおかしくなってきますね。。。
でも、誰にも代わってもらえないので、とにかく自分が頑張るしかありません。
そんな訳で、ブログはまだしばらく放置状態が続いてしまいそうですが、↑このような事情ですので何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
メールの返信も、もう少し落ち着きましたら書きますので、いましばらくお待ち頂ければと思います。

はぁ…、それにしてもこんな生活いつまで続くのか。。。
実は、母が人の手を借りないと日常生活を送れなくなったのは、今月からではなくて一昨年の春からなんです。
もうすぐ丸二年。 正直もう、いろんな意味で限界かなぁ…。
と、ちょっと愚痴ってみました。
まあ、親孝行と思って頑張るしかないですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

HAPPY NEW YEAR 2014

140101_ra270 (クリックで拡大表示)

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願い致します


新年最初の画像は、ご覧のようにホンダのRA270にしました。
金色の車体が、新年のおめでたい感じに合っていると思うのですが。。。

ホンダは今年も、50周年ネタが色々とありますね。
2月1日はS500の発売50周年ですし、2月15日はジャック・ブラバムさんによって鈴鹿サーキットでRA270のシェイクダウンが行なわれてからちょうど50年目の記念すべき日です。
因みに、RA270のシェイクダウンは、高橋国光さんと古我信生さんも行なっています。
3月1日はS600の発売50周年ですね。
但し、手元の資料に拠れば、S600のエンジンの生産が始まったのは4月からで、市販車輌の生産が始まったのは5月から、となっていますが…。
5月は第2回日本GPでのS600の大活躍から50年目で、ホンダフランスの設立50周年です。
7月はSFの設立50周年。
8月は、ホンダのF1初参戦(RA271のデビュー)から50年目のこれまた記念すべき月です。
9月はT500の発売50周年。
資料が無いのでT500が9月何日に発売されたのかは分かりませんが、スーパーカブやT360、ASシリーズの例に倣えばやはり1日でしょうか?
11月は狭山工場の稼働50周年ですね。

トヨタも50周年ネタがあります。
トヨタ2000GTの開発プロジェクトがスタートしたのは50年前の1964年8月でしたから、今年はトヨタ2000GTの開発プロジェクト開始50周年ということになります。
日産では、幻のプロトタイプとなったA550X(通称 日産2000GT)の開発と試作車の製作が行なわれたのが、ちょうど50年前の1964年でしたね。
A550Xの開発と試作車製作の実作業を行なったのはヤマハ発動機でしたが、日産は事前に全体図や線図を作成してヤマハ発動機に渡していたそうです。
また、三浦さんという方と他に2名の設計者(何れも当時20代の若い方だった由)をヤマハ発動機に派遣して、モノコックボディの設計のノウハウ等をヤマハ発動機に伝授したとのこと。

と、ここまで書いてボディカラーの名前にゴールドが入るクルマをもう一台思い出しました。
これです。↓
140101_csp (クリックで拡大表示)
CSP311シルビアの車体色はシャンパン“ゴールド”でしたね。
残念ながらモノクロの写真ですが、テスト中のものは珍しいのでアップしてみました。
あっ、そういえば、シルビアのプロトタイプであるDatsun Coupe1500が東京モーターショーに出展されたのは、50年前の第11回東京モーターショー(1964年開催)でしたね。
これも50周年ネタでした。


何だか取りとめがなくなってしまいましたが、要するに2014年を金(きん)のようにキラリと輝く年にしたいですね、ということです。
まあ、ブログの更新は今年も“ボチボチ”だと思いますが、時々覗いて頂けたら嬉しいです。
本年もよろしくお願い致します。



   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »