« Rubbish Magazine & Rubbish Article (追記あり) | トップページ | 【第11回】本田社長による試走映像のキャプ画【全国ホンダ会】 »

2013年11月 3日 (日)

【HONDA】本田社長の隣に乗っていたのは誰?【SPORTS・360】

131103_62as250y_600
ホンダの公式サイトのコンテンツの中に、以下のような記述があります。
『1962年6月。建設途中の鈴鹿サーキットで開かれた「第11回ホンダ会総会」で、本田 宗一郎は開発責任者の中村 良夫を助手席に乗せ、真っ赤なSPORTS 360で観衆の前を駆け抜けた。』
(出典 Honda|SPORTS DRIVE WEB|Honda Sports Cars|SPORTS 360/S500/S600/S800)
このように、第11回ホンダ会総会で本田社長がスポーツ360のステアリングを握りデモンストレーション走行を行なった際、本田社長の隣に乗っていたのは中村良夫さんだった、というのが現在の定説になっています。
この情報のソースは、恐らく中村さんの証言だと思います。
例えば、中村さんは「ホンダスポーツ S360~S800M(三樹書房刊) 」に『私は運転される本田社長の横に座らされて、メイン・スタンドのホンダ・ディーラーの皆様に手を振ってゴアイサツした』と記されています。
同様の記述は、他の出版物でも目にした記憶があります。   

当時、ホンダの四輪開発部門の責任者だった中村さんがこう書いておられるのであれば、まあ誰でもこの証言を信じたくなりますよね。
でも、でもですよ、同じ日同じ場所で本田さんによるデモンストレーション走行の模様を目撃した河村雅夫さん(ホンダスポーツ360のエクステリアとインテリアを手掛けられたデザイナー)は、Nostalgic Hero誌 31号のインタビューで以下のように証言されているんです。
宗一郎さんが赤いS360に乗って颯爽と現れました。助手席には女子社員がネッカチーフを被っていたんですよ。大歓声が湧き上がりましたね。あれは感動的なシーンだった。

中村さんは自分が助手席に乗っていたと証言されましたが、河村さんはネッカチーフを被った女子社員が乗っていたと証言されています。
歴史的な瞬間を目撃されたお二方の証言は、完全に相違しています。これは困りましたね。
主観的な証拠である証言が相違しているとなれば、客観的な証拠から真相を探るしか方法がありません。
ということで、YouTubeにアップされている当時の映像で確認してみることにしましょう。 (00:27~00:36の部分です)

どうでしょうか?
助手席に誰が乗っていたか、分かりました?
こんな一瞬しか映っていないような映像じゃ何も分からんとお嘆きの貴兄のために、映像からキャプチャした画像(正確には、手持ちのビデオテープを再生してテレビ画面をデジカメで直接撮影した画像。画質悪いです…)を貼っておきます。
131103_hondakai_1 (クリックで拡大表示)
まずこの画像では、本田社長が白っぽい服を着て、色付きの帽体に白いツバの付いたキャップを被っていることが分かりますね。
助手席の人物については本田社長の陰になってしまっていることもあって、いまひとつよく分かりません。
では、キャプ画をもう一枚。
131103_hondakai_2 (クリックで拡大表示)
これは、メインスタンド前に戻ってきて停車する直前のものですが、車輌を正面から捉えているので助手席の人物の状況がよく分かります。
助手席の人物は頭に柄が市松模様のスカーフのようなものを被っており、画面右側(メインスタンド側)の方を見ていますね。
そして、この方は顔つきからどうやら女性に見えます。(YouTubeの映像ではよく分からないかもしれませんが、手持ちのビデオテープの映像だとかなりハッキリと女性だと分かります)
少なくとも、黒縁のメガネをかけた細身で長身の中年男性(中村良夫さん)には見えないですよね。
もう少し拡大した画像もアップしておきますので、よくご覧になってみて下さい。
131103_hondakai_3 (クリックで拡大表示)
因みに、当日の本田社長の身なりは↓このような感じでした。白い作業服(?)を着ておられるのがポイントです。
131103_hondakai_4 (クリックで拡大表示)
女子社員は、皆↓このような格好をしていました。
市松模様の柄のスカーフを被っていて、上着の色は白です。(スカーフを被った女性は、スポーツ360のフロントガラス越しにも確認することができます)
131103_hondakai_5 (クリックで拡大表示)
※ 出典:「別冊CG ホンダ・スポーツ」


私はこれらの画像から、ホンダスポーツ360が初めて一般に公開された第9回全日本自動車ショーの会場で配布されたパンフレットに掲載されている2枚のスポーツ360の写真(↓)は、ホンダ会で本田社長がデモンストレーション走行した際に撮影されたものではないかと考えています。
乗車している男女の身なりを、上の画像と比較してみて下さい。
131103_s360brochure1 131103_s360brochure2
                                                (クリックで拡大表示)
つまり、河村さんの証言が正しいということです。
当時の映像や写真は、河村さんの証言の正しさを裏付けていると思うのですが、皆さんはどのように考えられるでしょうか。


ホンダスポーツ360に関する定説で、これはちょっと違うのでは?と思っていることが他にもいくつかありますので、後日また指摘したいと思います。

|

« Rubbish Magazine & Rubbish Article (追記あり) | トップページ | 【第11回】本田社長による試走映像のキャプ画【全国ホンダ会】 »

Honda Sports360 (俗称 S360)」カテゴリの記事

コメント

一九六二年六月五日、第十一回全国・・・・・・・・
本田はレーシングコースにホンダスポーツ・S三六〇を運転して登場。満面の笑みを浮かべ開発担当者・中村良夫を助手席に乗せ、メーンスタンド前をさっそうと走り抜けていった。
少し文章が違う記事が載っていました。(^^)””

実際の画像等ワンココは理解していませんが文章だけで想像すると、

S360を運転した本田が登場(現場に到着)。ニコニコ満面の笑みを浮かべた本田が中村良夫を助手席に乗せ、メーンスタンド前をさっそうと走り抜けていった。
チョット無理が有るかも知れませんがこの様に取れるかも知れませんね。・・・あくまでも自分勝手なごり押し解釈ですのでご了承ください。(--)””

投稿: ワンダーコッコ | 2013年11月 7日 (木) 午前 12時43分

>ワンココさん
コメントありがとうございます。
ワンココさんの解釈は、本田社長がメインスタンド前で中村さんを助手席に乗せて、観衆が見守る中走り去っていくイメージでしょうか。
ご紹介頂いた文章だと、そういう場面もイメージできますよね。
私がこの件で疑問に思うのは、仮に中村さんが記憶違いをされていたとしても、乗っていないクルマに乗っていたように果たして間違うだろうか、ということです。
やはり、中村さんは本田社長の横に乗ったのではないかと。
ただ、当時の映像や写真、目撃証言からすると、ホンダ会では女子社員が乗っていたことは間違いなさそうです。
となれば、実は鈴鹿サーキットが開業した日にも、本田社長はスポーツ360のデモンストレーション走行を行なっているので、その時に中村さんが助手席に乗っていたのではないかと個人的には推測しています。
ただ、残念ながらその時の写真や映像などが見つからないので、この推測が正しいかどうか、今のところ確認できていないのですが…。
(訂正)
×鈴鹿サーキットが開業した日
○鈴鹿サーキットの竣工式が行なわれた日(1962年9月)
ソースは↓こちらです。
http://www.honda.co.jp/riki-san/talk29/
 

投稿: mizma_g@管理人 | 2013年11月 7日 (木) 午後 06時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158972/53812861

この記事へのトラックバック一覧です: 【HONDA】本田社長の隣に乗っていたのは誰?【SPORTS・360】:

« Rubbish Magazine & Rubbish Article (追記あり) | トップページ | 【第11回】本田社長による試走映像のキャプ画【全国ホンダ会】 »