« 【日産】生産展開とは【用語解説】 | トップページ | 『細谷四方洋 回想録 #2』 »

2013年7月13日 (土)

『細谷四方洋 回想録 #1』

人生にサプライズはつきものですが、今回私が経験したサプライズには本当に吃驚しました。
なんと、トヨタの純ワークスチーム「チーム・トヨタ」でキャプテンを務められ、トヨタ2000GTやトヨタ7を駆って大活躍された、元レーシングドライバーの細谷四方洋(ほそや しほみ)さんが拙ブログをご覧下さって、そのご感想を、トヨタ2000GTのレプリカ車製作で有名なロードスターガレージさんを介して私に伝えて下さったんです。
のみならず、電話でお話をする機会を設けて頂きまして、トヨタ2000GTが開発された当時のお話を色々と伺う光栄に与かりました。
こんなチャンスは願ってもなかなかあるものではありません。
間を取り持って下さったロードスターガレージさんに感謝感謝です。

それで、話はこれで終わりではなくて、細谷さんは電話で私に聞かせて下さったお話を、何と不慣れなキーボード打ちをして文章にまとめて送って下さいました。
あとで説明する機会があるかと思いますが、実は細谷さんは2000GTの開発プロジェクトに初期段階から関与されていて、開発メンバーになったのはデザイナーの野崎喩さんよりも早かったのだそうです。
また、細谷さんは野崎さんのアシスタントを務められた関係で、タッグマッチ方式で図面が描かれた場にも立ち会っており、トヨタで行なわれた初期の開発作業を熟知されています。
トヨタ2000GTの開発の本拠がヤマハに移った後も、プロジェクトリーダーの河野二郎さんと共にヤマハに通われたとのことで、細谷さんはトヨタ2000GTの開発史を知る、まさに生き証人と言える方です。

そんな偉大なレジェンドの生の証言を、私だけが読んで「はい、お終い」ではあまりにも勿体ないので、頂いたメールを拙ブログに転載させて頂きたい旨 お伝えしたところ、ご快諾頂けました。
そのような訳で、細谷さんの貴重な証言を『細谷四方洋 回想録』と題して、このブログでご紹介することと相成りました。
尚、送って頂いたメール(文章)には、改行位置の変更や誤字脱字等の修正以外、極力手を入れないようにしました。
編集者やライターというフィルターを通さない生の証言から、細谷さんの想い伝えたい事を読者の皆様に汲み取って頂けたら幸いです。

****************************************************************************

ブログを拝見して感心しました。
トヨタ2000GTの生い立ちや経歴がほぼ正確に記載されています。
他の雑誌には、デザインは日産とかゲルツとかありますが、すべてその記事を書いたライターの妄想で、
デザインのすべては野崎さんの手で書かれました。
当時はコンピューターは有りませんので、すべて手書きです。
壁に現寸大の紙を貼り、そこに図面を描き込みます。
車には色々の曲線があります。
その曲線を描くためにバッテンを使って描き込みます。
バッテンの説明をしますと、魚釣りの竿をイメージしてもらえば判りますが、竿を伸ばして先を一人が押さえ、
持ち手のところで竿の“しなり”を利用してイメージしたボディラインを書き込みます。
バッテンの種類は多数あり、形状に合ったバッテンを探すのもアシスタントの重要な仕事です。

トヨタ2000GTは我々の設計で、他社の図面を真似したとか、外国人の設計ではないかと、自動車評論家と称する輩が
ええ加減な事を雑誌に書いていますが、そんな評論家と称する輩の文章は一切信じないで下さい。
トヨタ2000GTのオープンカー
(管理人注:ボンドカーのことです)は2台製作です。
時間が有りませんので本日は此処まで。

        細谷四方洋    2013/7/11    10:00
20130723_hosoya
(クリックで拡大表示)
    『流線の彼方』より拝借

****************************************************************************

細谷四方洋 回想録 #2』に続きます。


   

|

« 【日産】生産展開とは【用語解説】 | トップページ | 『細谷四方洋 回想録 #2』 »

TOYOTA 2000GTの真実」カテゴリの記事

細谷四方洋 回想録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158972/52438236

この記事へのトラックバック一覧です: 『細谷四方洋 回想録 #1』:

« 【日産】生産展開とは【用語解説】 | トップページ | 『細谷四方洋 回想録 #2』 »