« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年11月21日 (水)

エスゴの量産現場はとても過酷だったようです

エスゴの量産試作/量産の現場で、エスゴのホワイトボディの組み立てをされた方のブログが面白いのでご紹介します。

<トップページ>
思いでつくりのブログ

<エスゴのお話があるエントリー>
二十歳の試練 
真夏のホワイトボディ組み立ては、かなり過酷だったようです。
それと、エンジン故障でメーカーに戻されたエスゴは、新しいエンジンに交換されたとのこと。
ということは、エスゴは車体よりもエンジンの生産台数の方が多かった訳ですね。
ここでひとつ疑問に思ったのは、新しいエンジンに載せ代えた場合、エンジンのシリアルナンバーが変わってしまうと思うのですが、製造銘板の機関番号の欄はどうしたのか、ということです。
やはり、換装後のエンジンのシリアルナンバーを打刻した新しい銘板に交換されたのでしょうか。

もうひとつ、↓こちらのエントリーも興味深かったです。
<楕円ピストンエンジンのお話があるエントリー>
夢追い鳥 Ⅲ   




   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

田村久米雄氏のオリジナルTシャツ販売開始!

田村さんが描かれたS30Zの線画があしらわれたオリジナルTシャツが、Z-Car YAMAGATA Projectさんより発売されました。
今回発売なったTシャツのデザインや購入方法などは、Z-Car YAMAGATA ProjectさんのHPをご参照下さい。
 
Z-Car YAMAGATA Project 

Z-Car YAMAGATA ProjectさんのHPをご覧頂けば分かるように、今回製作されたTシャツは背面に田村さんのイラストが、胸元にはS30Zのエンブレムがあしらわれています。
イラストは、S30Zを真正面から描いたもので、ポップな雰囲気が漂っていますね。
胸元のエンブレムは、本来は諸林氏が手掛けたものが採用されるはずでしたが、初期ロットのみ、リデザインされた後のエンブレムがプリントされています。
なので、諸林氏のエンブレムに拘られる場合には注意が必要です。
初期のエンブレムに拘りがない方には、リデザインされたエンブレムの方が愛車とマッチする場合が多いかもしれませんね。
尚、エンブレムのデザインの使用許諾はきちんと日産から得ていますので、着用に際して後ろめたさを感じる必要は一切ありません。
そこいらで売っている版権を無視した紛い物だとそうはいきませんから、これは大事なポイントですね。

Tシャツは国内トップシェアのPrintstar社のもので、私は普段PrintstarのTシャツを愛用していますが、襟や袖口が伸びにくくてなかなかよいTシャツです。
Z-Car YAMAGATA ProjectさんのTシャツが手元にあるので確認してみましたが、肩にはテーピング加工が施されています。
また、袖や裾はダブルステッチになっていて、しっかりした作りです。

ご紹介した田村さんのTシャツ、もしお気に召しましたらZ-Car YAMAGATA Projectさんよりお買い上げの程、よろしくお願い致します!

121119_t (クリックで拡大表示)





    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

【再考】ホンダ スポーツ500/S500の生産台数

(15/04/05) 生産台数の一覧表を改訂版に差し替え
***************************************************************************


S500の生産台数に関するエントリーは過去に何度か書いていますが、懲りもせず再挑戦してみます。

さて、↓これが今回、統計資料などを基にまとめたスポーツ500/S500の月別の生産台数を表にしたものです。
150405_s500_seisandaisuu (クリックで拡大表示)
年月欄の右隣にある「ホンダ 小型自動車 生産台数」は、古いモーターファン誌等に掲載されている、当時の生産台数に関する統計資料を、凄腕レストアラーのワンココさんがまとめて下さったものです。(安くない当時物の雑誌を買い集めて、統計をまとめて下さったワンココさんに感謝感謝です。)
尚、この数字の出典は日本自動車工業会(以下、自工会と表記)ですので、信頼性は抜群と言えると思います。
121110_aug_production (クリックで拡大表示)

続きを読む "【再考】ホンダ スポーツ500/S500の生産台数"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »