« Z432の車名の由来 (その2) | トップページ | 【トヨタ】ボンドカー予備車の行方【2000GT】 »

2012年6月 5日 (火)

【祝】第11回全国ホンダ会総会詳報【50周年】

今日は、2012年6月5日。
この日付を見てピンときた貴方は、相当なホンダマニアさんですね。
そう、今日は第11回全国ホンダ会総会が開催されてからちょうど50年目の記念すべき日です。
第11回全国ホンダ会総会で何が行われたかについては、当ブログをお読み頂いてる方には既知のことと思いますが、ご存じない方のために説明すると、ホンダはこの第11回全国ホンダ会総会(1962年6月5日開催)に於いて、当時鋭意開発中だったスポーツ360とT360を初めて公開し、四輪参入の意志を対外的に明確に示した、謂わばホンダ四輪史の起点となったエポックメイクなイベントなのです。

第11回全国ホンダ会総会の開催から50年の歳月を経過したということは、つまりホンダの四輪史も50周年を迎えたという訳ですから、やはりこの事実は捨て置けません。
ということで、このエントリーをまとめることにした次第です。
120604_11thdealer_convention

さて、第11回全国ホンダ会総会といえば、まだ建設中だった鈴鹿サーキットに於いて、スポーツ360とT360の展示/試走が行われたことばかりが注目されがちですが、実はこの総会は下掲の如く三部構成となっていました。

1.鈴鹿サーキットでの『新製品の展示と試走』
2.名古屋市 愛知文化講堂での『ホンダ会役員選出、販売店の表彰、社長・専務の挨拶』
3.名古屋 ミカドでの『ホンダ会祝賀パーティー』

スポーツ360とT360の展示/試走は、実はこのうちの“第一部”にしか過ぎません。
今日は、第11回全国ホンダ会総会開催50周年の記念日ですから、この三部構成の総会を全てご紹介しようと思います。
もしかしたら、「他人が呑み食いした話なんて知りたくねーよ」と思われる方も居るかもしれませんが、まあちょっと聞いて下さい。
実は、このホンダ会祝賀パーティーにとんでもない情報が隠されていたんです。
このエントリーは、この50年間顧みられなかったとびっきりの情報を皆さんにお知らせするために書いたといっても過言ではありません。
絶対に損はさせませんので、どうか我慢してお読み頂ければと思います。
もちろん、興味の無い部分はすっ飛ばして頂いて結構です。

※以下の画像は全て、クリックすると拡大表示します。

*******************************************************************************

1.鈴鹿サーキットでの『新製品の展示と試走』

当時まだ建設中だった鈴鹿サーキットで行われた新製品(Sports360、T360、ジュノオ M85、ポートカブ C240、汎用エンジン、乗用耕運機)の展示と試走は、午前9時30分より始まりました。
会場の全景は↓このような感じでした。
120604_11thdealer_convention_101
長い柵の手前が、未舗装のホームストレートです。
本田社長がステアリングを握ったSports360は、ここを右手前から左奥に走り抜けました。
ホームストレートの手前に建設中のメインスタンド(グランドスタンド)があり、ホンダ会の会員の皆さんは、ここに座って新製品の試走を眺めました。
ジュノオが柵に沿って9台並んでいますが、写真に写っていない右端の部分にも、前輪が画面の左側を向くようにジュノオが並べられていたようです。
画面右端に書き込んだ赤いラインは、そのジュノオの並びを示すものですが、実際の位置はもう少し手前ですので、どうか誤解なきように。
別冊CG ホンダ・スポーツ」に掲載されている、赤のSports360を右後方から写した写真は、この写っていないジュノオ群の前で撮影されたものです。

当時の鈴鹿サーキット東コースの全景は↓このような感じでした。
120604_11thdealer_convention_102
まだコースの一部しか舗装されていなかったのですね。

スポーツ360の展示と試走の模様です。
120604_11thdealer_convention_103
傾斜した台の上に置かれたのは、ご覧のように赤のスポーツ360です。
おそらく、本田社長が試走を行った後に、この台の上に展示されたのでしょう。
シルバーのスポーツ360は、上掲の会場全景の写真では、まだ幕のようなものを張られて隠されています。
せっかくなので、スポーツ360の展示と試走の映像も貼り付けておきますね。
(00:10~00:46がホンダ会の映像です。それにしてもこの映像は凄いですねぇ。私が苦労して集めた当時物の映像が、全てここに凝縮されています。のみならず、未見の映像がてんこ盛り!T360宣伝カーが走る映像は、マニアにとって感涙ものでしょう。)


T360の展示と試走の模様。
120604_11thdealer_convention_104
XAK250のテールは、こんな風になっていたんですねぇ。

ポートカブとジュノオの展示と試走の模様です。
120604_11thdealer_convention_105
二輪のことは、正直よく分かりません。。。^^;

汎用エンジンと乗用耕運機の展示。
120604_11thdealer_convention_106
この乗用型の耕運機は、なかなか画期的な製品だったようですよ。(詳細は下掲の、新製品の概要をご参照下さい)

展示された新製品の概要は、以下の通りです。 (実際のフライング誌とは逆に、ページの若い方を左側に配置しています。これじゃ見づらいでしょうか…)
120604_11thdealer_convention_107
120604_11thdealer_convention_108 120604_11thdealer_convention_109
120604_11thdealer_convention_110
120604_11thdealer_convention_111 120604_11thdealer_convention_112
120604_11thdealer_convention_113 120604_11thdealer_convention_114
120604_11thdealer_convention_115 120604_11thdealer_convention_116

ここまでが、鈴鹿サーキットで行われた新製品の展示と試走の詳細です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2.名古屋市 愛知文化講堂での『ホンダ会役員選出、販売店の表彰、社長・専務の挨拶』

第二部となる総会は、午後から名古屋市の愛知文化講堂で行われました。
まずは役員選出と、販売店の表彰です。
詳しくは、下掲の画像をご参照下さい。(ページの若い方を左側に配置しています)

120604_11thdealer_convention_201
120604_11thdealer_convention_202 120604_11thdealer_convention_203
120604_11thdealer_convention_204 120604_11thdealer_convention_205
120604_11thdealer_convention_206

続いて、本田社長と藤沢専務の挨拶です。 (ページの若い方を左側に配置しています)
120604_11thdealer_convention_207 120604_11thdealer_convention_208
120604_11thdealer_convention_209 120604_11thdealer_convention_210
120604_11thdealer_convention_211 120604_11thdealer_convention_212
120604_11thdealer_convention_213 120604_11thdealer_convention_214
120604_11thdealer_convention_215

第二部は以上です。
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

3.名古屋 ミカドでの『ホンダ会祝賀パーティー』

第三部となるホンダ会祝賀パーティーは、名古屋のミカドで行われました。
華やかなパーティーの模様は、下掲の写真でお分かり頂けるかと思います。
(実際のフライング誌と同様に、若いページを右側に配置しています。この方が見やすいでしょうかね)
120604_11thdealer_convention_302 120604_11thdealer_convention_301
本田社長もアメリカホンダの川島支配人も満面の笑みで、楽しい雰囲気が伝わってきますね。
藤沢専務はどんなことを熱弁されているのでしょうか。
 
さて、ここで注目すべきは抽選会の模様です。
120604_11thdealer_convention_304 120604_11thdealer_convention_303
ハンターガールが射抜いた数字と合致すれば、賞品がもらえた(キャプションをよく見ると“10人に1人当る”と書かれていますね)抽選会の特賞の賞品をよくご覧になって下さい。
なんとあの幻のプロトタイプ、スポーツ360ですよっ!
これがどれだけ凄いことか、お分かり頂けますかね。

もし、スポーツ360が現存しているとすれば、それはこの時に賞品としてホンダが販売店に譲渡したものである可能性が一番高いということです。
よく言われる「販売店に貸し出されたスポーツ360が返却されず何処かに消えた…」、まあ一言で言えばSports360盗難説ですが、これはソース不明のデマに過ぎません。
このデマを根拠に、もしSports360が発見されたら“ホンダに返却するべきっ!”と仰る方が少なくない数おられるようですが、ふざけたことを言ってはいけません。
Sports360の盗難説は、これまでに唯の一度もソースを示されたことがない架空の話です。
一方、ホンダが販売店向けの賞品としてスポーツ360を1台用意していたことは、このように厳然たる事実。
ソース付きの事実と架空の話、どちらが信憑性があるかといえば、これは間違いなくソース付きの事実の方です。
ですから、もし仮にスポーツ360がこの世の何処かに存在するならば、それは賞品として提供された個体と考えるべきでしょう。

これまでデマが、あまりにも無用心に信じられてきました。
ちょっと想像してみて下さい。 あなたが現存しているスポーツ360のオーナーだった場合のことを。
デマを根拠に愛車を盗難車と決め付けられて、偏狭なマニアに“このクルマはホンダに返却するべきっ!”と言い寄られてしまうかもしれないのですよ。
何とも恐ろしい状況ですね。
私がもしスポーツ360を所有していたら、絶対に公表しませんよ。だって理不尽な目に遭いたくないですから。
きっと皆さんも同様に考えられるでしょう。
スポーツ360がなかなか表に出てこない理由は、つまりこういうことなんじゃないでしょうかね。

私は、スポーツ360が現存しているなら是非世に出て欲しいと願っている一人ですから、根拠の無いデマなんぞ絶対に支持しません。
むしろ、このエントリーでデマを撲滅したいと考えているくらいです。
皆さんは、根拠の示されないデマを信じますか?(これは、スポーツ360の出現を邪魔するということでもあります)
それとも、私と同様にデマなんて完全に否定しますか?

もしかしたら「おい、みつま、特賞の賞品はスポーツ360又はT360だから、スポーツ360じゃなくてT360が譲渡された可能性もあるだろう」、と突込みが入るかもしれませんね。
全く仰るとおり、当選者が賞品としてT360を選択した可能性も十分に考えられます。
しかし、現時点ではスポーツ360とT360のどちらが、賞品として選ばれたかは分かっていません。
つまり、両車に選択された可能性がある ということです。(このことは、Sports360が現存している可能性があることを示唆しています。ここ重要ですよ。)
言わずもがなですが、裏付けとなる証拠のない盗難説なんぞは、ここでは考慮する対象にすらなりません。

それと、あまり詳しくは言えませんが、Sports360を目撃したというお話を、これまでにいくつか伺っています。
エスと見間違えたのだろうと言われるかもしれませんが、目撃者の中にはエス乗りの方なら知らない人は居ないと言っても過言では無いほど、その筋では有名な方も居ます。
筋金入りのエスマニアさんが、見間違えたとはちょっと考えられません。
また、私が知る範囲での話ですが、目撃された場所は全て西日本です。
元ホンダの社員さんと思しき方が、浜松製作所からスポーツ360を陸送した先は、確か名古屋の販売店でしたね。(但し、これは未確認情報ですが…)

ホンダはスポーツ360を、内輪の抽選会で賞品にしていた。
未確認ながら、スポーツ360が名古屋の販売店に運ばれたという情報がある。
西日本での目撃情報が複数ある。(これは当時の話です)
何だか点と点と繋がってきたような気がしますが…果たして。
まあでも、裏が取れているのは“賞品”の話だけですから、藪蛇になるのも嫌なので、これ以上この件で余計な詮索をするのは止めておきますかね。^^;

*******************************************************************************

ということで、「第11回全国ホンダ会総会」について、50周年の記念すべき日に詳しくご紹介しました。

またSports360の話になってしまいますが…。
スポーツ360が世に出てから今日で丸50年です。
しかし、未だに正しい名称で呼ばれることもなく(S360は正式な名称ではありません)、デマによって事実上幽閉されてしまっているこの状況は、忍びないとしか言いようがありません。
もう半世紀も経ったのですから、いい加減 正式名称で呼んであげて、根拠のないデマを駆逐し、いつでも大手を振って再び世に出られるようにしてあげては如何でしょうか。
この50周年の記念日を、そういった意味でのスポーツ360の再出発の日にしてあげたいなと、一(いち)ファンとしては思う次第です。
このエントリーによって、私の意見に共感して頂ける方が、一人でも増えることを願って止みません。
 

|

« Z432の車名の由来 (その2) | トップページ | 【トヨタ】ボンドカー予備車の行方【2000GT】 »

Honda Sports360 (俗称 S360)」カテゴリの記事

Honda T360 T500」カテゴリの記事

コメント

こんな抽選会をやったんですね。
当時の熱が伝わって来ます。
私は出来たばかりのスズカサーキットに行っていますが、小さい時だったのでレースカーのオイルの甘いにおいと、当時としては珍しかったバイキング形式のレストランくらいが記憶に残っています。
名古屋のミカドも懐かしいです。
大人になったら1度行ってやろうと思っていたら、高校生の頃につぶれてしまいました。
ああ、はやく何処からかスポーツ360が見つからないですかね。

投稿: スポーツ800 | 2012年6月 5日 (火) 午前 11時54分

大変貴重な資料と画像を見せていただき、大変感動しております。ありがとうございました。

投稿: asa | 2012年6月 5日 (火) 午後 07時31分

>スポーツ800さん
コメントありがとうございます。
スポーツ360を賞品にしてしまうあたりが、ホンダらしいですよね。
それにしても、この抽選会の顛末はどうなったのやら…。気になって仕方がありません。^^;
出来たばかりの鈴鹿サーキットに行かれたとは、貴重な経験をされましたね。
サーキットといえば、私もひまし油の甘い香りが強く印象に残っています。
ミカドは、もしかたらキャバレーなのでしょうか。
私は下戸なので、大人の社交場にはあまり縁がないのですが、もしミカドが現在も盛業中だったら、是非行ってみたかったです。
スポーツ360、現存しているなら早く出てきて欲しいところですが、エントリーにも書きましたように現在は環境が悪すぎるので、なかなか難しいかもしれないですね。。。

>asaさん
コメントありがとうごさいます。
下世話な話をすると、かなり元手の掛かっているエントリーなので、そのような言葉を頂けると、私のしたことは無駄じゃなかったんだと安堵できます。
資料/画像も珍しいですが、このエントリーで引用させて頂いた動画も、物凄いレアものですよね。
T360宣伝カーが走る姿なんかは、この映像でしか観られないんじゃないでしょうか。

投稿: mizma_g@管理人 | 2012年6月 6日 (水) 午前 12時04分

貴重な映像をみせていただきました。ありがとうございます。いつの日にか幻のスポーツ360の存在が円満のうちに明らかになる日が来る事を信じたいですね。ところで映像の中の三菱銀行京橋支店長は後にホンダランドの社長になる鈴木時太氏だと思いますがいかがでしょうか。
http://www.honda.co.jp/sou50/Yume/7year/s3001_02.html

投稿: グズグズ | 2012年6月 7日 (木) 午後 09時18分

>グズグズさん
コメントありがとうございます。
仰るような日が来ることを当方も信じたいですし、スポーツ360が出てき易くなるような環境を作るための地均しを、及ばずながら今後も続けていこうと思います。
それと映像の中に出てくる三菱銀行京橋支店長ですが、あの方がホンダの大恩人 鈴木時太氏かどうかは、私にはちょっと…。^^;
鈴木氏の尽力によってホンダが救われたのは昭和29年ごろだったと思いますが、スポーツ500の価格当てクイズが実施されたのは昭和38年です。
銀行の支店長って割と入れ替わりが早いので、映像の人物が鈴木時太氏でない可能性もあると思うのですが、どうでしょうね。。。

投稿: mizma_g@管理人 | 2012年6月 8日 (金) 午前 06時05分

はじめまして。

S360ですか。
20年位前まで近所の家の駐車場にチョコンとありましたが今はどこにあるんでしょう。
懐かしいです。

投稿: あー | 2012年6月19日 (火) 午後 03時10分

いや、もうちょっとあったかもしれません。10年ちょっと前までは。

投稿: あー | 2012年6月19日 (火) 午後 03時12分

>あーさん
初めまして、コメントありがとうございます。
S360を目撃されたとのことで、何とも羨ましい経験をされましたね。
差し支えなければ、どの辺でS360を目撃されたのか場所を教えて頂けないでしょうか。。。
それと、目撃された車輌がS360であることは、どのようにして確認されましたでしょうか?
市販型のエスと見間違えた例が多いので、どういったことを根拠にS360だと判断されたのか、お教え願えれば幸いです。

投稿: mizma_g@管理人 | 2012年6月19日 (火) 午後 10時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158972/45530147

この記事へのトラックバック一覧です: 【祝】第11回全国ホンダ会総会詳報【50周年】:

« Z432の車名の由来 (その2) | トップページ | 【トヨタ】ボンドカー予備車の行方【2000GT】 »