« MEEP! MEEP!さんで削除されてしまった私のコメントを再掲 | トップページ | T360のフューエルフィラーキャップをカラーチャートと照合してみた »

2012年3月11日 (日)

念のため魚拓を取っておきます

(2012/09/30:追記)

MEEP! MEEP!さんの↓こちらのエントリーへの返答を、手短に書いておきます。
http://minkara.carview.co.jp/userid/926634/blog/27875438/ (リンク切れ)
http://megalodon.jp/2012-0930-0938-13/minkara.carview.co.jp/userid/926634/blog/27875438/(ウェブ魚拓)

○“公表された著作物”からの文章や写真等の引用は、日本の著作権法第32条で認められています。
 「2000GT本は海外出版だ」と反論されていますが、出版地に関わらず日本国内で流通したものについては日本の法律が適用されます。

○造形課の資料をデータ保存する作業は今まさに、かたちの会(だったと思います…)で古い車種から順に行われている最中で、私がお話を伺った時点ではまだS30Zには未着手とのことでしたので、仰るような理由での資料の流出は、S30Zについては考えられないと思います。
 また、私は“資料を盗んだ”等とはどこにも書いていませんので、発言の捏造はお止め頂ければと思います。

○コメント欄で、私に“中国人”と事実無根のレッテルを貼って人格攻撃をされていますが、これは貴殿が根底に中国人に対して差別意識を持っている証左で、自身がレイシストであることを告白しているようなものです。
 このような愚かな行為を、理性ある大人が公の場でするべきではないと思います。 

○“田村氏は線図工だった”と断定されるならば、そのことを個人の主観ではなく客観的な証拠を提示して立証するべきと考えます。
 田村氏の当時の仕事振りを覚えていらっしゃる造形課のOBの方は、かたちの会に複数存在します。
 また、意見と人格は別物です。田村氏の人格をいくら否定しても、それで田村氏の主張の正当性を否定することはできません。
 主張を否定するためには、主張の根拠が真実でないことを客観的な証拠を示して証明する必要があります。
 貴殿は既に、公衆の面前で田村氏の過去の功績を完全に否定しており、挙証責任が生じています。
 もし貴殿が、田村氏の主張の根拠が真実でないことを証明できなければ、貴殿の名誉が毀損されることになるでしょう。
 私はそのことを大いに憂慮します。
 
以上です。
---------------------------------追記ここまで-------------------------------





ココログがおかしいです。
本文を修正して保存ボタンを押すと、本文の一部が消えてしまいます。
ちょうど一段落分が丸々消えてしまう感じです。
以前にも同様のトラブルがあったのですが、その時はメモ帳に書いたものをコピペしていたので事なきを得ました。
でも、このエントリーは、記事の入力欄に直接書いていたので、バックアップがありません。orz
歯抜け状態の文章では意味が分からないでしょうし、今は消えてしまった部分を書き直す時間がないので、とりあえず全文を削除しておきます。
このページを開いて下さった方には、お詫び申し上げます。

ところで、↓このドラマのワンシーンに写り込んでいる黄色いクルマは、車体色がゴールドのトヨタ2000GTの廃車体でしょうか?
120928_oretabi (クリックで拡大表示)
(画像出典:テレビドラマ 俺たちの旅)

(2012/10/02:画像追加)
121002_hairpin_circus_a (クリックで拡大表示)
(画像出典:テレビドラマ 俺たちの旅)

121002_hairpin_circus_b (クリックで拡大表示)
(画像出典:YouTube)

   
  

|

« MEEP! MEEP!さんで削除されてしまった私のコメントを再掲 | トップページ | T360のフューエルフィラーキャップをカラーチャートと照合してみた »

その他」カテゴリの記事

コメント

三妻さまおひさしぶりです。
「俺たちの旅」は好きで良く見ましたが、この場面は覚えていません。
何話なのでしょうか。写っているのはカースケ、オメダ、グズロク、ワカメの4人なので、割合後半の話数?
1975年の作品なので、本当にトヨタ2000GTだとしても発売7年しか経っておらず、事故車なのでしょうか。
色もこの色は純製ではたしか2台しか無く、どちらも現存しているはずなので、再塗装なのか謎です。
詳しく見て見たいですね。

投稿: スポーツ800 | 2012年9月29日 (土) 午前 11時49分

>スポーツ800さん
こちらこそお久しぶりです。コメントありがとうございます。
スポーツ800さんも「俺たちの旅」ご覧になっていましたか。
私はつい先日までBSジャパン(だったかな?)で再放送されていたものを、録画して夜家の雑事をしながら観ていました。
このシーンは、確か最終回かその一つ前くらいの回のものだったと思います。仰るように、後半の回のものですね。
横目でチラチラ画面を眺めていたら、いきなりこの黄色いクルマが映し出されたので、あわててもう一度見返してみたところどうやらトヨタ2000GTっぽかったので、ブログのネタに使おうと思ってTVの画面をデジカメで撮影しました。
見たところ、ガラスが一部失われているだけで、ボディに大きなダメージはないようですが、なんでこんな風に解体屋に野積みされることになったのでしょうね。
それに、仰るように特殊なボディカラーです。
これがトヨタ2000GTだったら、普通に考えればリペイントされたものということになるのでしょうが、ボディのダメージが余りにも少ないですから、事に拠ったらメーカーから処理を依頼された試作車かも…なんて、想像が膨らんでしまいますね。^^;


投稿: mizma_g@管理人 | 2012年9月29日 (土) 午後 03時20分

たしかに最近までBSで再放送有りましたね。
再放送があると必ず見ていましたが、今回は飛ばし飛ばし見ていたので、最後の方は見ていなかったのです。
オペル1900GTが似たシルエットをしているし、純製でこの色も有りましたので、ひょっとしてそれかもなんて思いますが、やっぱり良く見て見ないと分からないですね。

投稿: スポーツ800 | 2012年9月29日 (土) 午後 03時38分

>スポーツ800さん
も、再放送をご覧になっていたのですね。
私は録画しながら見ていたので、↑あのシーンを繰り返し見ることが出来るのですが、映像でも車種判定は難しいです。
オペル1900GTは私も頭に思い浮かんだので、画像を検索して比べてみたのですが、リアクウォーターウインドウの形状が、廃車体とオペル1900GTとではちょっと違っていました。
後端の部分がオペルはアールになっていて、廃車体は2000GTと同じ鋭角に見えます。
ボディカラーは純正のイエローかもですか。
確か純正のイエローってもっと明るい色だったように思うのですが、でも上の画像はTVの液晶画面に表示→デジカメで撮影→PCの液晶で表示という過程を経ているので、元色とはかなり違っているでしょうから、やっぱり純正のイエローである可能性が高いでしょうね。
もし2000GTであればですけど。^^;

投稿: mizma_g@管理人 | 2012年9月29日 (土) 午後 08時49分

初めましてとてもマニアックな内容で興味をもちました。

http://ameblo.jp/kenchaoo/image-10905648869-11255549245.html

映画[ヘアピンサーカス]
素人脳で申し訳ないのですがこの映画は1972年の公開なのでこの映画で使用されていたトヨ2が何らかの原因で廃車になった後、解体屋に移動等、考えられます・・・・・。

こちらの車両とは何か関係ありますかね?

投稿: ポン吉 | 2012年10月 2日 (火) 午前 03時11分

>ポン吉さん
コメントありがとうございます。
ポン吉さんのご指摘、素晴らしいです!
実は、上の画像を撮影してパソコンで見たときに、ドアに何かが書かれている事に気が付いたんです。
これはなんだろう、まさかこんなクルマに屋号を入れる訳はないし…と気になっていたのですが、リンク先の画像を見て疑問が氷解しました!
これは、撃墜マークだと思います。
上に画像を貼り付けておきますで、ご覧になってみて下さい。
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、廃車体にはヘアピンサーカスの劇中車と同じように上下に2列の撃墜マークと思われるものが確認できます。
それと、劇中車のリアクウォーターウインドウはルーバーに変更されていたので、それが失われて穴あき状態になったのかもしれません。
もちろん、この不鮮明な画像では確定的なことは言えませんが、ボディカラーも良く似ていますし、ヘアピンサーカスの劇中車である可能性は十分にあるように思います。
ちょっとググッたら、ヘアピンサーカスの劇中車は現存しているみたいですね。
ということは、この廃車体が劇中車であれば、ここからサルベージされたことになりますが、果たして真相や如何に。。。
この件に関して情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非ご一報をお願いします。


投稿: mizma_g@管理人 | 2012年10月 2日 (火) 午後 10時18分

ドアの菊撃墜マークとボディ色からして、ポン吉さんの情報で正解っぽいですね。
ネットで調べたら、
「撮影に使われたトヨタ2000GTは3台あり、うち2台は計6台しか作られなかった超貴重なアルミボディ車両とのこと」
と言うブログの記事が出て来ましたが確認は出来ませんでした。
車輌は大坪善夫さん提供だそうです。

投稿: スポーツ800 | 2012年10月 3日 (水) 午前 10時39分

>スポーツ800さん
コメントありがとうございます。
元々数の出ていないクルマで、あのような特殊な特徴が一致するとなると、やはりヘアピンサーカスの劇中車とみてよさそうですね。
なんとなんと、ヘアピンサーカスの撮影には3台の2000GTが使われたという情報があるのですか。
この情報が事実であれば、上の廃車体が必ずしも現存している車輌と同一車ということにはなりませんし、もし廃車体がアルミボディの車輌であれば、私が膨らませた想像が当たっていたことになりますね。
この“3台”という情報、裏が取れれば面白い事になりそうです。
興味深い情報をお知らせ下さって、ありがとうございます!

投稿: mizma_g@管理人 | 2012年10月 3日 (水) 午後 08時00分

はじめまして、この画像を見て驚きました。現在50歳ですが
中学まで杉並に住んでいました。車好きで地元の環状7号線沿いの
イスズ販売店と解体屋には年の離れた兄と頻繁に遊びに行ってました。

画像の実車も見て今でもハッキリトヨタ2000GTと記憶があります。
フロント部分が事故で破損して内装などなく兄の話ではエンジンは市販クラウンのノーマル載っていたらしいです。

画像検索してヘアピンサーカスの画像を見ると実車の可能性は高いです。ちなみに現在、解体屋、いすゞ販売店もございません。

投稿: ヒロ | 2014年4月11日 (金) 午後 11時48分

>ヒロさん
レスが遅くなりまして、大変失礼致しました…。
ヒロさんは、画像の廃車体を実際にご覧になられたのですか。
貴重な経験をされましたね。
それで、廃車体2000GTは内装がなくて、エンジンはクラウンのものが載っていたとのこと。
きっと撮影で潰すことを前提にしていたので、エンジンを事前に載せ換えていたのでしょうね。
廃車体2000GTがあった解体屋はもうなくなってしまったとのことですが、廃車体2000GTのその後の行方が気になりますね。
珍しいクルマですから、きっとそう簡単には潰されなかったと思うのですが…。

投稿: mizma_g@管理人 | 2014年9月13日 (土) 午後 09時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158972/47243618

この記事へのトラックバック一覧です: 念のため魚拓を取っておきます:

« MEEP! MEEP!さんで削除されてしまった私のコメントを再掲 | トップページ | T360のフューエルフィラーキャップをカラーチャートと照合してみた »