« 解説文を追記しました | トップページ | 【S30Z】CA案の役員承認に至る担当デザイナーの心境 »

2012年1月14日 (土)

造形課の組織図

(2013/04/02:追記)

初代フェアレディZ(以下、S30Zと表記)が開発された当時の造形課がどのような組織だったかを、図にまとめてみました。
ご参照下さい。
120114_soshikizu (クリックで拡大表示)

私は、もっとこじんまりとした組織をイメージしていたのですが、実際には然に非ずで、ご覧のように管理、エクステリアデザインスタジオ、インテリアデザインスタジオ、カラーリングスタジオ、モデルショップの5つの部門を統括した大きな組織だったようです。

エクステリアデザインスタジオのところに、「大型車・中型車・小型車」との表記がありますが、これは夫々「大型車=セドリッククラス、中型車=ローレルクラス、小型車=ブルーバードクラス」とご理解下さい。
第4スタジオの前身は「アドバンス・スタジオ」で、会社としてプロジェクトの方針が決まっていない「アドバンス・スタディ」を行なっていました。

2013/04/02 追記)-----------------------------------------------------------
管理部門は、課長(四本さん)、課長補佐(猶井さん)、総括(長さん)、事務員2〜3名(女性スタッフ)、受付2名(女性スタッフ、所属以外の人物の入場を監視する事が主要目的)、製図グループ(デザイナーの補助をするため、ポンチ絵で描いた物を正式図面にするトレーサー、全員女性)4〜5名、設備・安全管理担当の渡邊さん、写真室の村上さんという構成でした。
田村氏が’69年に造形課に戻った際、田村氏の意向で創設された「デザイン調査グループ」(総括は佐渡山さん)には、渡邊さん村上さんが加わり、プレゼンパネルの製作などを手伝ってもらったとのことです。 
--------------------------追記ここまで--------------------------------------

それと、造形課には「第1造形課」と「第2造形課」があり、第1造形課は乗用車を、第2造形課は主に商業車を担当しました。
S30Zが第1造形課で開発されたことは、言うまでもありません。

第2造形課は商業車のデザイン開発を担当しましたが、サニーも第2造形の担当になったため、組織改変で第2造形に配属された木村一男氏(初代シルビアや日産2000GTのスタイリングを担当)は、サニークーペのデザイン開発で手腕を発揮されたそうです。
このサニークーペは、第2造形で立案したものだそうで、木村氏曰く「デザイナーが仕様書を書いて、勝手にデザインした。 」のだそうです。
当時、木村氏は既にマネージャー格だったため、サニークーペのデザイン開発の実作業は関徹夫氏が担当されたとのこと。
また、クレイモデルの製作には山田泰里氏らがあたられたそうです。




   

|

« 解説文を追記しました | トップページ | 【S30Z】CA案の役員承認に至る担当デザイナーの心境 »

Nissan Fairlady Z(S30)秘められた真相」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158972/43744564

この記事へのトラックバック一覧です: 造形課の組織図:

« 解説文を追記しました | トップページ | 【S30Z】CA案の役員承認に至る担当デザイナーの心境 »