« GyaO!で配信されている『甦る フェアレディZの軌跡』について | トップページ | S30のファイナルデザインを担当した本人が感じていたこと »

2011年10月13日 (木)

ヨーロッパから届いたAKネタを2つほど

まずは、ドイツのAK(T360)オーナー、グイドさんからもたらされたAKに関する情報です。
実は彼のAK、今年の6月にエンジンブローしてしまい、不動状態になっていたのですが、この度、無事修理に成功して路上復帰を果たしたそうです。
遠くドイツで、部品も情報もないのに、一筋縄ではいかないAKのエンジンをよく直したものですねぇ。 
感心してしまいます。

彼が言うには、ピストンがダメージを受けていなかったのがラッキーだったとのこと。
ただ、ピストリングが折れてしまったので、Power Saw(おそらくチェーンソーのことではないかと思いますが、もしかしたら大型(据付型?)のエンジン式ノコギリかもしれません)のものを流用したそうです。
「信じられないかもしれないけど、この通りエンジンは動いているよ!」と、復活なったAKの動画を紹介してくれました。↓

Honda T360 1. Motorlauf - MyVideo http://www.myvideo.de/watch/8279999/Honda_T360_1_Motorlauf

エンジンブローする前のグイドさんのAKは、↓こんな感じでした。


グイドさんによるエンジン修理の模様は↓こちらのフォーラムにアップされています。
http://www.hondayoungtimer.de/topic-threaded.php?board=36313&forum=226&threaded=1&id=8560&message=3078835
ドイツ語オンリーのようですが、修理の詳細を知りたい方はご覧になってみて下さい。
「フォーラムにアップした画像を、君のブログでも使って欲しい」とグイドさんから要請されているので、何枚かピックアップして以下に掲載しておきます。

◎車体から下ろされたエンジン
111013_guidoak_01 111013_guidoak_02
111013_guidoak_03 111013_guidoak_04
                                               (クリックで拡大表示)
◎バラされたヘッド廻り
111013_guidoak_05 (クリックで拡大表示)

◎これから腰下がバラされます
111013_guidoak_06 (クリックで拡大表示)

◎取り出されたクランク・コンロッド・ピストンASSY
111013_guidoak_07 (クリックで拡大表示)
 
◎右端と左端のピストンのトップリングが折損しているようです
  ピストンにはスカッフに拠るものでしょうか、擦過傷があります
111013_guidoak_08 (クリックで拡大表示)
 
◎マイクロメーターでピストンをチェック中
111013_guidoak_09 (クリックで拡大表示)

◎パワーソーのピストンリンクが取り付けられたピストン
111013_guidoak_10 (クリックで拡大表示)

◎かじり防止のためのグリースを塗布して…
111013_guidoak_11 (クリックで拡大表示)

◎ピストンを挿入
111013_guidoak_12 (クリックで拡大表示)

◎ヘッド廻りも組み付けて…
111013_guidoak_13 (クリックで拡大表示) 

◎さらに諸々のパーツを組み付け
111013_guidoak_14 (クリックで拡大表示) 

◎エンジンが組みあがったら、車体に載せる準備をして
111013_guidoak_15 (クリックで拡大表示)

◎車体に載せます
111013_guidoak_16 (クリックで拡大表示)   

◎車体に載ったら…
111013_guidoak_17 (クリックで拡大表示)   

◎補機類を取り付けて…
111013_guidoak_18 (クリックで拡大表示) 

◎完成(よく見るとこの画像はまだ作業中のようですが、他に適当な画像がなかったのでここに使わせて頂きました)
  手前の銀Beatはグイドさんのでしょうかね
111013_guidoak_19 (クリックで拡大表示)
   

さて、もう1つのAKに関する情報は、ザナンさんからもたらされたものです。
2009年2月24日のエントリーで、オランダで発掘されたT500のことを紹介しましたが、このT500、最近売却されたそうです。
何処の誰が買ったのかは分かりません。
販売価格は驚きの1500EUR(本日のレートで159,338円!)。
日本でこの値段で売りに出されたら、飛びつく人が沢山いるでしょうね。
この売られたT500、今後果たしてどんな車生を歩むのでしょうか。
行く末がちょっと気になりますね。

ということで、欧州発のAKネタを2件ご紹介しました。
 
次回は、「フランスでテストされた2台のホンダL800の行方」というタイトルの短いエントリーを書こうと思っています。
請うご期待。   




|

« GyaO!で配信されている『甦る フェアレディZの軌跡』について | トップページ | S30のファイナルデザインを担当した本人が感じていたこと »

Honda T360 T500」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158972/42494986

この記事へのトラックバック一覧です: ヨーロッパから届いたAKネタを2つほど:

« GyaO!で配信されている『甦る フェアレディZの軌跡』について | トップページ | S30のファイナルデザインを担当した本人が感じていたこと »