« 仏文記事のテキスト起こし完了 | トップページ | フランスに現存するT360/T500の来歴 »

2009年4月26日 (日)

左ハンドルのマツダR360CoupeとDatsun Baby

左ハンドルのマツダR360クーペが見つかったようです。
Japanese Nostalgic Car のフォーラムにトピックが立っていました。↓

A new project Mazda R360

車輌は現在、アメリカのアリゾナにあるようです。
アメリカには、レストアされた極上コンディションのLHD R360クーペが既に1台存在していますから、これでアメリカにおけるLHD R360クーペの現存数は2台ということになりますね。
LHDのR360クーペは元々沖縄仕様車だと思うのですが、国内にもLHD車は現存しているのでしょうか。

因みに、↓こちらはR360クーペによく似たダットサン ベビーベイビー?)の貴重な当時物の映像です。
プロジェクトXのフェアレディZの回からキャプってみました。

09/06/06 追記
コメント欄にて、ろくりんさんにYouTubeにもダットサンベビーの映像があることを教えて頂きました。
残念ながら、映像をここに貼り付けることが出来ないので、興味のある方は下記リンクをクリックしてご覧になってみて下さい。
YouTubeの映像は、上の映像よりも鮮明で再生時間も長いです。

宍倉正信 杉並児童合唱団 - 地球を七回半まわれ

http://www.youtube.com/watch?v=jCEkcdHwHzM
------------------------------------追記ここまで------------------------------------

ダットサン ベビー(Datsun Baby)のエクステリアデザインを担当したのは、松尾良彦さん(S30Z開発時のスタジオ・チーフ)だそうです。
ちょっと意外ですね。
ダットサン ベビー(Datsun Baby)は、車体色が赤の個体が現存しているようです。

↓こちらは、石森章太郎さんが描いたダットサン ベビー(Datsun Baby)のイラストで、朝日新聞に掲載されたものです。
090427_630825_ (クリックで拡大表示)

         

|

« 仏文記事のテキスト起こし完了 | トップページ | フランスに現存するT360/T500の来歴 »

旧車」カテゴリの記事

コメント

あっ!このベビー、図書館でみた昭和37、8年ころの朝日新聞縮刷版に出てました。遊園地(横浜子供の国だったか?)に日産が寄付と。たしか提携した 愛知機械の、 売れずに残ったグッピーが改造されたそうですね。トルコンだったので 子供の乗り物には向いてたのかも。スタイルは後のマツダコスモスポーツにも似てなかなかですね。でも愛知機械の人にはつらい話だったかも。

投稿: ろくりん | 2009年4月27日 (月) 午後 05時23分

追伸、 失礼 クリックしたらちゃんとベビーの説明ありましたね(笑) コニーは試作乗用車含めどれもデザインはシンプルうまいなあ…と思うんですが、 日産はなんとかトヨタとダイハツのようにコニーを生かしてたら、と思います。開発資本を支援してベビーみたい軽を市販させてもよかったかも。日産のような銀行からの経営者のやり方はそんなもんでしょうか…。

投稿: ろくりん | 2009年4月27日 (月) 午後 05時34分

>ろくりんさん
最後のイラストは、ろくりんのさんご記憶の通り昭和38年8月25日付の朝日新聞に掲載されていました。
画像は縮刷版からスキャンしたものです。
路上を走る自動車として開発したものが、ゴーカートに転用されたことは、開発に関わった技術者にとってはやはり辛かったでしょうね。
因みにR360のトルコン車も、奈良ドリームランドという遊園地でゴーカートとして使われそうです。
コニーは一時、日産の販売網で売られていたと記憶していますが、他社との馬力競争に参加しなかったので性能面で見劣りしましたから、やはり売れなかったのでしょうね。
愛知機械は技術的にはいいものを持っていたと思うので、完成車メーカーから撤退してしまったことはとても残念です。
銀行がらみの人間による経営が拙いのは、マツダの例なんかを見ても明らかですね…。orz

投稿: mizma_g@管理人 | 2009年4月28日 (火) 午前 12時02分

すいません、またコニーの話題ですが三菱一筋だった我が家に昭和40年代なぜかキャブオーバーのコニーAF11が在籍。 使用者のじいちゃんは燃費がいいといってました。あの水平対向エンジンの独特の音今も覚えてます。大阪万博の年 奈良ドリームランドも行きましたが 記憶にあるゴーカート、ひょっとしてあれかなあ…マツダはたしか 日本で最初の身体障害者向けの車をクーペでつくりましたね。トルコンだからできた、 アクセルやブレーキを手で操作出来る車だったと思います。そうそう私の持ってる古い雑誌に 60年代、マツダはイタリアのトリノの自動車ショーにキャロルとR360クーペ出品したらしいんで それはひょっとして左ハンドルのクーペだったかも。

投稿: ろくりん | 2009年4月28日 (火) 午前 01時20分

>ろくりんさん
なんと、コニーがご自宅にあったのですか!
水平対向のビートの効いたエンジン音、いいですよね。
奈良ドリームランドで使われていたクーペは、ドアが取り外されていて、確か水玉模様のペイントが施されていたように思います。
日本で初めて身障者仕様車が設定されたのは、仰るようにクーペだったようですね。
トリノショーに出展されたクーペは、東洋のピッコリーノだかピッコリーナと呼ばれて賞賛された、という記述をどこかで読んだ覚えがありますが、どちらハンドルだったかまでは残念ながら分かりません。。。

トリノショーに出展されたクーペがどちらハンドルだったか、もしご存知の方がいらっしゃいましたら、是非ご教示下さい。>皆様

投稿: mizma_g@管理人 | 2009年4月28日 (火) 午後 09時32分

突然 前の日記に書き込み失礼します。NHKのみんなの歌。この番組で40年以上前、七回半回れ、という車がテーマの歌がありました。YOUTUBEで、 七回半回れ で映像検索したら昔の動画が残ってて、 いきなり横浜子供の国でダットサンベビーに楽しそうにる子供たちの姿が。白黒画面の中で実際に動くダットサンベビーの姿は貴重な資料ですね。でmixiで私にダットサンベビーのこと尋ねてきたマイミクに 三妻自工さんのブログ紹介しておきました

投稿: ろくりん | 2009年6月 5日 (金) 午後 03時53分

ダットサンベビーの映像URLです。もし見えなかったら申し訳ないです。http://www.youtube.com/watch?v=jCEkcdHwHzM&feature=email

投稿: ろくりん | 2009年6月 5日 (金) 午後 07時22分

>ろくりんさん
コメントありがとうございます。
YouTubeの動画、観られましたよ!
古い映像なのにかなり鮮明ですね。
私が貼った映像では大人が運転しているので、ダットサンベビーは「大人のみ運転可」なのかと思っていたのですが、YouTubeの映像では子供も運転していますね。
この映像は本当に貴重だと思います。
情報をお寄せ下さりありがとうございました。
のち程、エントリーの本文にもYouTubeのリンクを追記しておきます。
また、私のブログを紹介して下さったとの事で、重ねてお礼申し上げます。m(_ _)m

投稿: mizma_g@管理人 | 2009年6月 5日 (金) 午後 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158972/29313903

この記事へのトラックバック一覧です: 左ハンドルのマツダR360CoupeとDatsun Baby:

« 仏文記事のテキスト起こし完了 | トップページ | フランスに現存するT360/T500の来歴 »