« 悲しい知らせが… | トップページ | フランスからT360の画像が届きました »

2009年2月21日 (土)

フランスに荷物を送ってみた

【10/10/31】このエントリーに追記しました

ザナンさんとのメール交換は相変わらず続いていまして、色々な情報や画像などを送って頂いたお礼に、手持ちのファイルを送ってあげることになりました。
最初は、アップローダーを利用してファイルを送付するつもりだったのですが、どうやら私の説明がうまく伝わらないらしく、アップローダーに上げたファイルを落とせないとのことなので、CD-Rに入れて送ることになりました。

とはいえ、私はこれまでに海外に荷物を送った経験がなく、どうしたらいいのか皆目見当がつきません。
そこで、グーグル先生のお世話になって調べてみると、国際郵便を使うのがリーズナブルで比較的お手軽であることが分かりました。

国際郵便のサービスには色々とあるのですが、CD-Rを送る場合は「小形包装物」「国際小包」「EMS(国際スピード郵便) 」のいずれかの方法になるようです。
それぞれのサービスの詳細については、下記ページを参照下さい。
http://www.post.japanpost.jp/int/service/index.html

簡単に説明すると、小形包装物と国際小包には「航空便」「エコノミー航空(SAL)便」「船便」があって、基本的に早く届くものほど料金が高いようです。
また、小形包装物は国内の普通郵便と同じようなもので、荷物の追跡などはできません。
EMS(国際スピード郵便)はその名の通り、速さが売りで料金もそこそこ安いです。

今回は、結果的に「EMS(国際スピード郵便)」で荷物を送ったのですが、送り先がフランスの場合、EMSはベストチョイスとは言い難いようです。
何故かと言うと、フランス国内で配送を担当するクロノポストという会社がちょっといい加減らしく、荷物が未達になることが多いらしいからです。
フランス在住の日本人の方は、ちょっとした荷物を送る場合「小形包装物」で送ることを強く勧めています。

では、何故 私はEMSで送ったかというと、荷物を追跡できるので、例え未達になっても確かに荷物を発送したことをザナンさんに確認してもらえるからです。
また、EMSでもきちんと届いた例がウェブで散見されたので、一か八かでEMSを利用してみました。

さて、EMSを利用するにあたって最初にすることですが、それは郵便局で送り状(EMSラベル)を貰ってくることです。
別に郵便局に荷物を持ち込んで、郵便局でEMSラベルに記入してもよいのですが、書き慣れないフランス語を記入しなければならないので、家に持ち帰ってじっくり腰を据えて書くことにしました。
自分でEMSラベルに記入するのは面倒だ、という方のために「EMSラベル印字ネット受付サービス」というのもあります。
あっ、そうそう、EMSラベルには書類用物品用があるので、今回は物品用を貰ってきました。
書き損じたときのために、複数貰ってくるとよいでしょう。
私は3枚貰ってきました。

それと、EMSでフランスに荷物を送る際は、インボイスという書類が1枚必要になります。
書類と言っても、紙っぺら一枚なのですが、これを忘れると荷物が通関でストップしてしまうらしいので、絶対に忘れてはいけません。
インボイスも念のため3枚貰ってきました。
090221_ems (Click image for full size)

さあ、家に戻ったら、早速EMSラベルとインボイスに記入します。
EMSラベルの記入方法はこちらを、インボイスの記入方法はこちらを参照下さい。
日本郵便のサイトには「フランスあてEMSの送付について 」というページもあるので、一読することをお勧めします。
以下は、私の記入例です。参考にして頂けたら幸いです。
090221_ems (Click image for full size)

090221_ (Click image for full size)
こんな金釘流の汚い字でもちゃんと届きましたよ。^^;

自分の氏名や住所、署名はローマ字で、内容品やザナンさんの住所、氏名はフランス語で記入しました。
内容品は夫々の重量まで記載しなければいけないので、梱包する前に量っておきます。
まあ、それほど正確でなくても大丈夫みたいですけどね。
今回は、CD-Rの他にザナンさんに喜んでもらえそうなオマケも同梱しました。
あんまりヘンなものを入れると税関で引っかかりますし、高価なものは盗難に遭います。
また、重いものや大きな物では料金が嵩みますから、オマケはチープ且つ小型軽量で壊れにくいものをチョイスしました。

荷物の中身はこんな感じ。
090221__2 (Click image for full size)

プチプチを多めに詰めて…。
090221_2 (Click image for full size)

荷姿はこんな感じになりました。
090221__3 (Click image for full size)

画像では分かりませんが、箱にはAmazonのロゴが入っています。^^;
合計の重量が458gなので、送料は1800円になりました。

グーグル先生で調べたところ、海外では手荒に荷物を扱われるので荷物は厳重に梱包するべきという意見と、場合によっては税関で開梱されるので簡単な梱包にするべきという意見があったのですが、私はご覧のように国内で荷物を送るときと同じような簡単な梱包にしました。
Amazonの箱をクラフトテープで閉じただけです。(手抜きにも程があるかも?)

荷物の準備が出来たら、荷物とEMSラベル、インボイスを携えて郵便局に赴きます。
郵便局では荷物の重量を測って、EMSラベルとインボイスに書き漏らしがないかをチェックされた後、EMSラベルに受付時間と重量、料金の記入を求められました。
これは私が書き忘れた訳ではなくて、手続き上あとから書くようになっています。

上に書きましたよう、インボイスの添付を忘れると荷物が税関で止まってしまうので、くれぐれも忘れないようにと局員のお姉さんに念を押して郵便局を後にしました。
EMSラベルの控えは、2枚渡されました。
090221_ems_3 (Click image for full size)

あとは荷物が届くのを待つばかりですが、不安要素のあるEMSでの発送ですから、毎日荷物の追跡を行なったことは言うまでもありません。
EMSの追跡は、こちらのページで出来ます。
追跡した結果は↓こんな感じ。
090221_ems_4  (Click image for full size)

荷物を郵便局に出した翌日には日本を発ち、翌々日にはフランスに到着しています。
すごいぞEMS!
そして、フランスに到着したその日に通関検査をパスして、翌日にはザナンさんのお宅に配達されています。
しかし、残念ながらザナンさんが不在だったため、荷物は持ち帰られるハメに…。
ここで不安が過ぎります。何と言っても相手は評判の悪いクロノポスト。
このまま再配達されずに日本に送り返されるかもしれません。

クロノポストのHPでも荷物の追跡が出来るので確かめてみると、なんと「Envoi en instance au point de retrait(撤回といっていいほど未定の積送品)」と表示されています。
090221_chronopost (Click image for full size)
おいおい、ちょっと待ってくれよー、こちらに断りも無く勝手に撤回しないでよー。

慌ててザナンさんにメールすると、明日の朝、直接荷物を探しに行ってくれるとのこと。
そうは言っても相手は悪名高い…(以下略)。
不安いっぱいでザナンさんからの連絡を待つこと数時間。
あちらの時間で午前10時ちょっと前、こちらの時間で午後6時ちょっと前にザナンさんからメールが届きました。
無事に荷物を受け取れたらしく、遠く日本から届けられた荷物に大感激しておられました。
こちらは、ザナンさんが開梱して撮ってくれた荷物の画像です。
090221__4 (Click image for full size)

本当にちゃんと届いてます。(感涙
僅か1800円の料金で、数日でフランスに荷物を届けてもらえるのですから、いい時代になったものです。
送ったものがちと見窄らしいですが、ファーストトライということで、盗難に遭っても惜しくないものにしたので致し方ありません。
また何か送ることがあったら、今度はもうちょっと奮発しましょう。

ということで、フランスに荷物を送るのは案外簡単でした。
ただ、EMSを使うのは やはりちょっと不安がありますね。
“次回”があった時には、小形包装物での送付を試してみようかと思います。

-------------------------------------------------------------------

(10/10/31 追記)

このエントリーが、ここ最近では一番アクセスが多いようなので、ちょこっと追記しておきます。

まず、EMSラベルとインボイスの様式が若干変更されたようなので、最近の様式の記入例を以下にアップしておきます。
基本的に記述する内容は変わっていないので、上の画像と併せて参照して頂ければと思います。
101031_ems (Click image for full size)
101031_ (Click image for full size)

それと、このエントリーを書いたあとに、何度か小形包装物(航空便)でフランスに荷物を送ってみました。
小形包装物はEMSよりも簡単に送れて料金もお安いので、ちょっとしたものを送るときにはとても便利です。
是非、お試し下さい。

日本郵便の小形包装物に関するページは↓こちら。
小形包装物 - 日本郵便
あて先の記入方法は↓こちらのページをご参照下さい。
あて名の記入方法 - 日本郵便
      
税関告知書の記入例もアップしておきます。
101031_cn22 (Click image for full size)
この税関告知書を添えて送った荷物の荷姿は↓こんな感じ。
101031__01 (Click image for full size)
中身は重量が2kg近い本です。
なんとか2kg以下に抑えようと、簡易包装にしたのですが、郵便局で測ったら2kgを超えていました。orz

ポールフレールさんの奥さんに荷物を送ったときの荷姿は↓こんな感じです。
101031__02 (Click image for full size)
この時は、宛名をプリントしてみました。(金釘流がいい加減こっ恥ずかしくなったためです…)
宛名をプリントした紙は、水が掛かっても文字が滲まないように、全面を透明の梱包テープで覆ってあります。(というか、透明テープでプリントした紙を貼っています)
このようなプリントした宛名でも、問題なく送れます。

また、段ボール箱を使った少々大きめの荷物も小形包装物で送れます。
101031__03 (Click image for full size)
高価なものを送るのでなければ、小形包装物(航空便)を使うのが一番賢明かもしれません。(EMSのように、先方が無事に荷物を受け取ったかとヤキモキする必要がありません)
因みに、これまで小形包装物(航空便)でパリ・コルマル・モナコの3箇所に荷物を送りましたが、いずれもちょうど1週間で先方に荷物が届きました。
EMSでも3~4日掛かりますから、小形包装物の航空便は結構早く届く方だと思います。

以上、ご参考まで!

|

« 悲しい知らせが… | トップページ | フランスからT360の画像が届きました »

その他」カテゴリの記事

コメント

私は現在フランス在住の娘に小型包装物を3個送り1個は1週間で届きましたが2個が1ヶ月以上経ってもまだ届きません。日本の郵政省に問いあわせたところ日本は出ているのでフランスに問い合わせてくださいとのこと、フランスの郵便局に行き聞いたところ番号が無いので調べられないとのこと、なんとも不愉快な思いをしています。何とか探して見ようと思っていますが何か良い方法があれば教えてください。

投稿: アキ | 2010年9月11日 (土) 午前 07時46分

>アキさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
お嬢様宛に送った荷物が届かないとのことで、心中お察し致します。
荷物を探す方法ですが、小型包装物の場合、個々の荷物を管理している訳ではないので、残念ながら発見するのは困難かと思います。
ただ、3つ送ったうちの1つは問題なくお嬢様に届いているとのことですから、残りの2つの荷物がフランスあることは間違いないでしょう。
そうなると、税関で足止めをくっている可能性があるかと思います。
税関では、税関告知書の記載に不備がある、或いは荷物自体に問題がある(フランスには持ち込めない物であったり、関税が掛かるなど)場合に通関されず、足止めをくってしまいます。
税関で引っかかった荷物は、通常開封して中身を確認したあと、問題がなければ通関→配達となるようです。
問題がある場合は、日本に送り返されるはずですから、気長にお待ちになってみては如何でしょうか?

因みに、つい最近私も航空便の小型包装物でフランスに荷物を送りましたが、ちょうど1週間で先方に届きました。
これまでに、5回くらい小型包装物で荷物を送っていますが、不達になったことはありませんので、アキさんが送った荷物が盗難に遭った可能性は低いように思います。
とにかく、諦めずに待ってみて下さい!
及ばずながら、私もアキさんの荷物が見つかることを祈念しています。

投稿: mizma_g@管理人 | 2010年9月11日 (土) 午前 10時41分

早速のコメントありがとうございます。そう言えば心当たりがあるのは、荷物に余裕があったのでつい良いだろうと思い化粧品を靴の隙間に入れ告知書に書かなかったため税関で止められたのではないかと思います。今でも2週間に1回位DVD等を小型包装物で送っていますが4日位でちゃんと着いているのでおっしゃるとおりだと思います。気長に待ってみます。それにしても何らかの形でどちらかに連絡を入れてくれてもいいような気がしますが日本のようにはいかないようですね!今度の事でいろいろ勉強になりました。アドバイス誠にありがとうございました。

投稿: アキ | 2010年9月11日 (土) 午後 06時59分

>アキさん
税関告知書に書き漏らしがあったのは、ちょっと拙かったかもしれませんね。^^;
例え小荷物一つとはいえ、国をまたぐと輸出入になりますから、トラブルを回避するためにはルールをきちんと守ることが肝要かと思います。
遠く離れて暮らしているお嬢様にとって、日本から届く荷物は大きな楽しみと思いますので、今後は不達にならないように十分注意してあげて下さい!

投稿: mizma_g@管理人 | 2010年9月11日 (土) 午後 08時22分

フランスへの荷物発送について調べていてお邪魔したのですが、とても詳しく書いていただいていたので助かりました。ありがとうございました(^∇^)

投稿: yokochi-chi | 2012年1月 3日 (火) 午後 02時53分

>yokochi-chiさん
コメントありがとうございます。
拙いエントリーですが、お役に立ったのでしたら、こんな嬉しいことはありません。
フランスへの荷物の発送は、やってみると結構簡単だと思います。
特に小形包装物は料金もお安いですから、臆せずにどんどん試してみて下さい!

投稿: mizma_g@管理人 | 2012年1月 4日 (水) 午後 03時30分

初めまして(*^_^*)

2ヶ月後辺りにちょっとした事がありまして、海外に荷物を送りたいと考えています。郵便局で頂いたインボイスが様式が変更される前の物で、変更前のインボイスで書いて送っても大丈夫でしょうか?

投稿: 胡蝶 | 2014年8月 3日 (日) 午前 01時28分

>胡蝶さん
レスが遅くなりまして、申し訳ありませんでした。。。
インボイスですが、私も郵便局でもらったものが古い様式だったことがあるのですが、問題なく使えました。
もし気になるようでしたら、街場のちょっと大き目の郵便局に行くと、新しい様式のものがもらえると思います。
二ヵ月後くらいに海外に荷物を送られるとの事ですが、インボイスを書く際は送る品物を洩らさずに記入することをどうかお忘れなく!
これから送る荷物が、無事に相手に届くといいですね。

投稿: mizma_g@管理人 | 2014年9月13日 (土) 午後 09時30分

こんにちは
フランスにいる知人に初めて荷物を送るためにいろいろ調べてまして、こちらのブログを見つけました。とても詳しく説明されてたので何点か教えていただきたくお邪魔しました。

贈りたいものは、本(フランス語入門等)4・5冊とdvdとイヤホンなのですが・・・
郵便局に問い合わせたところ フランスに本を送るのは内容によっては送れないと言われました。
それから、こちらからのプレゼントなのに受け取る時に受取人が税金を払わないといけないと言われましたが その辺のこと教えていただければありがたいです。
 

投稿: タキ | 2014年10月22日 (水) 午後 03時39分

>タキさん
コメントありがとうございます。
お尋ねの件ですが、本は私もこれまでに何度もフランスに送っていますが、内容を問われたことはないですし、受け取り時に税金が掛かったこともありません。
私が送ったのは、自動車関係の雑誌や専門書(立派な装丁で重量のあるもの)でしたが、インボイスにはBookとだけ書いて、本の内容までは書きませんでした。
通関の時に、中身をチェックされることがあるかもしれませんが、よっぽど特殊な本でなければ問題なく送れると思います。
DVDやBDなども内容は書かずに「DVD」とか「BD-R」とだけインボイスに書いて送りましたが、何の問題もなかったです。
ただ、インボイスには送るものを“全て”“正確に”に書くことをお忘れなく。
これだけ注意すれば、あとは国内で郵便物を送るのと同じような感覚で、荷物を送れます。
やってみると案外簡単ですから、気軽な気持で挑戦してみて下さい。

投稿: mizma_g@管理人 | 2014年10月22日 (水) 午後 07時34分

早速丁寧なご返信ありがとうございます。

本とdvdは問題ないようで安心しました。
イヤホンは、少し良いものを贈る予定(一万くらい)ですがそのまま記入しても税金が掛からないでしょうか?それともUSEDにした方がいいでしょうか?

今回の場合は、やはりEMSより小型包装物で送ったほうが適してますか?

たびたびすみませんがどうか宜しくお願いします。

投稿: タキ | 2014年10月22日 (水) 午後 10時37分

>タキさん
イヤホンの価格は一万円くらいとのことですが、税金は掛からないと思います。
送る荷物の総額が一万円程度なら、私は多少のリスクは承知で小形包装物で送ってしまいますが、ただ小形包装物は重量が2kgまでしか送れません。
タキさんは今回 本を4~5冊送られるとのことですが、梱包した状態の荷物の重量は2kgを超えないでしょうか?
仮に荷物の重量が2.5kgだとすると、国際小包の航空便で料金は5900円、EMSなら5400円なので、私なら追跡もできて補償があるEMSで送ります。
2kg以内に収まっても、リスクは負いたくないという場合は、やはりEMSの方がよいと思います。
ただ、EMSはフランス国内での配送に少々難があるので、荷物の行方を小まめにチェックして、先方に配達されそうな日には、確実に受け取りをしてもらえるように、事前に連絡をしておいた方がよいと思います。
先方にも、荷物の行方をチェックしてもらえば、尚安心でしょうね。
発送方法は、追跡の有無、補償の有無、料金などをよく吟味して、ご自身で納得のいくものを選ばれるとよいと思います。
私がタキさんの立場なら、重量が2kg以下の場合 小形包装物、2kg以上なら国際小包とEMSを比較して料金の安い方を選びます。

投稿: mizma_g@管理人 | 2014年10月23日 (木) 午前 08時19分

大変詳しい説明ありがとうございました。

追跡もできて補償があるEMSで考えたいと思います。
初めての事で何もかも分からず悩んでましたが、丁寧な説明をして頂き大変参考になりました。ありがとうございました。

投稿: タキ | 2014年10月23日 (木) 午前 10時35分

>タキさん
私も最初はEMSを使いました。
慣れてきたら、料金が安くて割と早く届く小形包装物にも挑戦してみて下さい。
私は、これまでに20回以上、フランス・ドイツ・モナコ・アメリカなどに荷物を送っていますが、
EMSでも小形包装物でも未達になったことはありませんでした。
ですから、タキさんの荷物も問題なく届くと思います。
記載漏れにだけは十分注意して、自信を持って発送なさって下さい!

投稿: mizma_g@管理人 | 2014年10月23日 (木) 午後 12時53分

何とか初めての海外発送ができそうです。
記入の仕方等を参考にさせて頂き頑張ります。

質問にも丁寧に答えていただき本当にありがとうございました。

投稿: タキ | 2014年10月23日 (木) 午後 11時10分

>タキさん
いやいや、どういたしまして。
こんな拙いブログがお役に立てば幸いです。
何かありましたら、また遠慮なくご質問下さい。

投稿: mizma_g@管理人 | 2014年10月24日 (金) 午後 05時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158972/28267568

この記事へのトラックバック一覧です: フランスに荷物を送ってみた:

« 悲しい知らせが… | トップページ | フランスからT360の画像が届きました »