« 本田宗一郎を世界一にした陰の男 激動の生涯 | トップページ | 特殊エンジン自動車の一覧とステッカーの様式 »

2008年12月 2日 (火)

現代版ボンドカー!

『クラシックカーフェスタ…唐沢寿明が 2000GT で100台を牽引』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081201-00000034-rps-soci

11月29日に開催された「トヨタ博物館 クラシックカーフェスタ in 神宮外苑」では、約100台の現役クラシックカーが公道パレードを行なった。その100台の先頭を走ったのは、俳優・唐沢寿明さん。

唐沢さんが乗る車は、映画『007は2度死ぬ』に採用されたことで有名なスポーツカー、トヨタ『2000GT』。この車両はトヨタテクノクラフトによって今年夏に復刻製造されたばかりの車両。会場に詰め掛けたファンやマスコミに向けて挨拶をした後に、休日で賑わう表参道や青山、渋谷の街へと出発していった。

(後略)
------------------------------------------------------------------
以上、ヤフーニュースより引用。

先週の土曜日に神宮外苑で行なわれたトヨタのイベントで、トヨタ2000GTのオープン仕様車がお披露目されたことは、Web上のあちらこちらで紹介されているのでご存知の方も多いと思います。
私はこのイベントを見に行ってはいないのですが、当日夕方のニュースでパレードの模様などを観ました。


ニュースではクラシカルな名車などが次々と映し出されていましたが、一番長く画面に映っていたのはやはりオープンの2000GTでした。
まあ、有名な俳優さんがステアリングを握ってパレードを先導していた訳ですから、注目されるのは当然ですね。

で、オープンの2000GTといえば直ぐに思い浮かぶのがボンドカーですが、引用した記事にもあるように今回お披露目されたオープンの2000GTは今年の夏に製作されたもので、ボンドカーではありません。
とはいえ、2000GTのオープンモデルは世界に数えるほどしかないレア中のレアなクルマですし、製作したのがテクノクラフトとなれば由緒正しい(ある意味トヨタ謹製とも言える?)車輌ですから、どんな仕上がりなのかがとても気になります。
おそらく、私と同じように思っておられる方も多いでしょう。

そんな貴兄のために、今回はブログの読者様から送って頂いた、新造オープン2000GTの画像をご披露しようと思います。
頂いた画像を貼り付けるだけでは芸がありませんから、同じようなアングルから撮影されたボンドカーの画像も一緒に貼り付けますので、ディテールの違いをよく見比べてみて下さい。

それではどうぞ。 (※画像をクリックすると拡大表示します)
↓  ↓  ↓
081202_2000gt_01  081202_bond_01
ボンドカーの方が、ウインドウスクリーンが若干低いですね。
ここで一句。
「トヨ2には スポークホイールが よく似合う」 (お粗末

081202_2000gt_02   081202_bond_02
新造オープン2000GTはもしかして、電動トップでしょうか?
この画像を見て、トランクフードを侵食しているパネルが後ろヒンジでガバッと開いて、電動でソフトトップが持ち上がってくる光景が思い浮かんだのですが…。
因みに、ボンドカーの幌カバーの中にはスポンジが詰められていたそうです。

081202_2000gt_03   081202_bond_03
新造オープン2000GTの給油口は、何故前寄りなのでしょう。。。

081202_2000gt_04   081202_bond_04
リア周りはボンドカーよりもぽっちゃり(ぼってり?)しているように見えますね、新造オープンは。
でも、全体的には大変よく纏まっており、まさに現代版ボンドカーと言えるのではないでしょうか。


 

|

« 本田宗一郎を世界一にした陰の男 激動の生涯 | トップページ | 特殊エンジン自動車の一覧とステッカーの様式 »

TOYOTA 2000GTの真実」カテゴリの記事

コメント

パレードの2000GT最近のものなんですね、
私の知り合いにコスモスポーツをオープンに改造した人がいます、
九州まで送って作ったそうですが、なかなか良く出来てます。
費用もかなり(凄く!!)掛かったようですが。

投稿: s8tca | 2008年12月 4日 (木) 午前 11時27分

>s8tcaさん
コメントありがとうございます。
レスが遅くなってすみません。。。

2000GTはそうみたいです。
幌まわりのスマートな処理が如何にも現代的ですね。
オープンのコスモスポーツは、雑誌だったかWebだったかは忘れてしまいましたが、見た覚えがあります。
なかなか格好よく仕上がっていますよね。
費用はビックリマークが付くくらい掛かったのですか。^^;
サンダーで屋根をちょん切るだけでは済みませんから、まあ止むを得ないかと。。。
そういえば、コスモスポーツの初期のデザイン案は確かタルガトップだったはず。
だから、オープンに改造してもアピアランスに破綻が生じないのかもしれませんね。

投稿: mizma_g@管理人 | 2008年12月 4日 (木) 午後 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158972/25850170

この記事へのトラックバック一覧です: 現代版ボンドカー!:

« 本田宗一郎を世界一にした陰の男 激動の生涯 | トップページ | 特殊エンジン自動車の一覧とステッカーの様式 »