« 久しぶりにヤフオクで古本をゲット! | トップページ | 忘れ去られたウイングマーク付きの四輪車 »

2008年11月16日 (日)

左ハンドルのT500Fを見ました (;゚∀゚)=3

先日、このブログの読者様から一枚の画像を送って頂きました。
その画像はどんなものかと言うと、驚くなかれ…左ハンドルの後期型T500F(高床三方開き)が大きく写っている販促資料をPCに取り込んだものです。(以下、便宜的にカタログと表記します)
左ハンドルのAKなんてこれまでに見たことも聞いた事もなかったので、最初にカタログを見たときは頭の中が?マークでいっぱいになりましたが、落ち着いてよく見てみると、写真の裏焼きによる捏造品ではなくて、紛うことなく正真正銘の左ハンドル車であることが分かりました。
私がカタログの車輌をホンモノの左ハンドル車と判断した理由はこうです。

まずは下掲の画像をご覧下さい。

081116_honda_t500
これは、カタログの左ハンドル車と同じ後期型T500F(右ハンドル車)の画像を左右反転させて作成した、ニセの左ハンドルT500Fです。
カタログに掲載されている左ハンドル車の写真も、この画像と同じように車体の右前方から撮影されているので、比較するには好都合の一枚と言えます。

ご覧のように、右ハンドル車の画像を反転させると運転席が向こう側(左側)になり、それに伴ってリアピラーにある吸気のためのスリットも向こう側(左側)に移動しますので、このように後期型の車輌であるにも関わらず、車体右側のリアピラーはオイルバス仕様車のようにのっぺらぼうになってしまいます。
言ってみれば、これがニセモノの証になる訳です。
では、カタログの車輌はどうかというと、車体右側のリアピラーにスリットが確認できます

もう一度反転画像をご覧下さい。
画像を反転すると左右が入れ替わりますから、ご覧のように車体左側にあるバッテリーやガソリンの給油口が右に移動してしまいます。
この点、カタログの写真ではどうなっているかというと、車体の右側にバッテリーは確認できずスペースが空いています
ということは、バッテリーは反対側(左側)にあるのでしょう。
ガソリンの給油口は、カタログの写真のカメラアングルが上の反転画像よりも車体前方寄りなので、リアフェンダーに隠れてしまって確認できず…です。

まあ、バッテリーくらいはどうにでもなるでしょうが、ピラーのスリットはおいそれとは移動できないですよね。
よって、私はカタログに掲載されている写真をホンモノと判断しました。
写っている左ハンドルのT500Fも、当然ホンモノだと思います。
因みに、左ハンドル車の車体色はモスグリーンではなくメイブルーです。

ただ疑問なのは、左ハンドルのT500は過去に販売されたのかどうかです。
これまでに、現存している左ハンドルのAK(含T360)って確認されていないですよね?
ということは、左ハンドル車は販売されなかったのでしょうか。。。
もしそうならば、カタログの左ハンドル車は幻の試作車ということになりそうですが…、果たして真相や如何に。

もし左ハンドルのAKに関する情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、どんな些細なことでも結構ですのでご教示頂けると助かります。
情報のご提供、ぜひよろしくお願い致します。<(_ _)>

(2009/04/02:追記)
左ハンドルT500Fの画像をこちらにアップしました。

 

|

« 久しぶりにヤフオクで古本をゲット! | トップページ | 忘れ去られたウイングマーク付きの四輪車 »

Honda T360 T500」カテゴリの記事

コメント

前期型は oilバス式のエアークリーナーが付いており ピラーにはスリットが有りません 昭和40年式からはスリットが付いています
私も新車よりt500を所持していますが 左右ともピラー-二はスリットが有りません  ラジエター前部より吸入口が有ります  250 280とも同じです!
左ハンドルは構造的に不可能です。

投稿: T5 | 2014年9月27日 (土) 午後 09時04分

>T5さん
コメントありがとうございます。
左ハンドルのT500Fですが、↓こちらの画像を見て頂けば分かるように、フェンダーミラーやルームミラーが樹脂製で、フェンダーには小型のターンシグナルがあり、ブレーキドラムには小穴が開いている、所謂『後期型』のモデルです。
http://mizma-g.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2009/03/11/090311_t500lhd.jpg
ですから、このエントリーに上げた反転画像のように、もし販促資料の左ハンドルT500Fが写真の裏焼きで捏造されたものならば、バッテリーや給油口が見えているはずですし、逆にリアピラーにはスリットがないはずです。
しかし、販促資料の左ハンドルT500Fをよく見ると、バッテリーも給油口見えませんし、本来あるはずのないリアピラーのスリットが確認できます。
したがって、私は販促資料の左ハンドルT500Fは本物だろうと判断しました。
これは、あくまでも私の個人的な考えなので、他人に強要するつもりは毛頭ないです。
T5さんが、左ハンドルのAKはなかったと仰るのであれば、それに異議を唱えるつもりはありません。
ただ、ベージュ色のT360は間違いなく生産/販売されていたので、近日中にそれをこのブログで証明する所存です。
これは、正しい情報をウェブに記録するためで全く他意はございませんので、どうかお気を悪くなさいませんように、よろしくお願い致します。

投稿: mizma_g@管理人 | 2014年9月27日 (土) 午後 10時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158972/25384628

この記事へのトラックバック一覧です: 左ハンドルのT500Fを見ました (;゚∀゚)=3:

« 久しぶりにヤフオクで古本をゲット! | トップページ | 忘れ去られたウイングマーク付きの四輪車 »