« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月28日 (月)

ホンダT360の生産ラインと出荷風景、及び最初期型の特徴

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is here
.

考察系のエントリーを書く精神的余裕も時間的余裕もないので、本日はT360に関する珍しい写真を何枚かご紹介しようと思います。
 
T360の量産が始まった当初、埼玉製作所で完成車の組み立てが行なわれたことは、「AKマニア」を自称される方ならご存知かと思います。
埼玉製作所では他に、エンジン・トランスミッション・デフの生産も受け持ち、車台のみ鈴鹿製作所で生産されました。
埼玉製作所で量産が立ち上がったT360ですが、その後'65年4月に狭山製作所に生産が移管されます。
 
それで今回紹介する写真ですが、狭山に移管される前の埼玉製作所におけるT360の生産ラインの模様と出荷風景です。
写真が撮影されたのは、'63年もしくは'64年1月と考えられます。

それではまず1枚目。
080728_ak01 (クリックで拡大表示)
キャビンの組み立て工程ですね。 
キャプションには「溶接工場」と書かれていますが、前から2台目のキャビンから散っている火花は、恐らくディスクグラインダーによる研削で発生したものではないかと思います。
T360の生首…というよりも髑髏(しゃれこうべ)を作っているような感じですね。

2枚目。

続きを読む "ホンダT360の生産ラインと出荷風景、及び最初期型の特徴"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

バンパー製作の進捗状況(07/23)

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

前回のエントリーに「もう作り直せるだけの材料は残っていないので、今回はこれでOKとします」と書きましたが、やっぱり納得がいかず修整を始めてしまいました…。
080723_ (クリックで拡大表示)
バンパー単体ではそんなに悪くない出来に見えるのですが、フェンダー本体と合わせる全くダメダメでとても見るに耐えないので、ゲルコートもポリ樹脂も殆ど残っていないのに修整を強行です。
ゲルコートとポリ樹脂が間に合ってくれればいいのですが、残量が微妙なんですよねぇ。
というか、おそらく足りないんじゃないかとふんでいます。それ故に、前回「もう作り直せるだけの材料は残っていない」と書きました。
まあ、あとは運を天に任せて、十字を切ってから作業しようと思います。w

続きを読む "バンパー製作の進捗状況(07/23)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

バンパー製作の進捗状況(07/18)

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

毎日毎日、暑くていやになりますね。
明日はいよいよ梅雨明けして、この先しばらくいい天気が続くのだとか。
暑くなる前に完成させたかったSports360のレプリカフェンダーですが、残念ながらまだ完成していません。
ただ、製作の山場は過ぎているので、多少暑くなっても大丈夫っちゃー大丈夫なんですが。

で、現在製作中のバンパーですが、原型をFRPに置き換えることに成功しました。
080718_s360frp_01
(クリックで拡大表示)

続きを読む "バンパー製作の進捗状況(07/18)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

バンパー製作の進捗状況

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

7月7日のエントリーにバンパーの原型を作り直すと書きましたが、検討した結果、作り直しは止めて駄作の改修を行なうことにしました。
下掲の画像は、2度の大改修を経て完成した原型です。
原型の表面は、サフェーサーで仕上げています。
080716_s360_01 (クリックで拡大表示)
あまり代わり映えしないかもしれませんが、実際には大分形が変わっています。
ワックスを塗りこんであるので、若干艶がでていますね。

続きを読む "バンパー製作の進捗状況"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

エスごろっぴゃくに関する戯れ言

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

ホンダS500の発売日が、通説となっている '63年10月ではなく '64年2月1日だったことは以前のエントリーに書きました。
ホンダの四輪参入時期が一般に言われている'63年ではなくて'64年だったことは、個人的には驚きの事実でした。
また、S500が '64年9月頃まで販売されていたことを示す資料( 「大阪府下新車登録台数」 )を、こちらのエントリーにアップしました。
残念ながら、現時点ではこの資料の信憑性を担保してくれる物証は見つかっていませんが、資料がモーターファン誌に掲載され広く公表されていたものであることを考えると、“それなりに信用できるのではないか”というのが個人的な見解です。

仮に資料の数字が事実であったとすると、S600が発売された'64年3月1日からおよそ半年間に亘ってS500とS600は併売されていたことになります。
そうなると疑問に思うのは、S500顔のS600、所謂 “エスごろっぴゃく”の存在。
これまでの通説は、「S500の販売は早々に打ち切られて、S500と入れ替わりにS600を発売。S500の在庫車の一部が600ccエンジンに換装されて販売された。」だと思います。
このS500に600ccのエンジンが搭載された車輌が“エスごろっぴゃく”。

続きを読む "エスごろっぴゃくに関する戯れ言"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

リアバンパー製作

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is here
.

これに…。
080706_s360_500 (クリックで拡大表示)

こうして…。
080706_s36001_500 (クリックで拡大表示)

続きを読む "リアバンパー製作"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

モールが付きました

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

下掲の画像のように、FRPボディを纏ったTAS260のフェンダーモールは、鋼鈑ボディのAS250のものと比較すると平たい形状でした。
080703_tas260_500 (クリックで拡大表示)
これは、鋼鈑ボディ車のようにフランジを外側に設けていなかったためと思われます。

続きを読む "モールが付きました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »