« S600クーペの量産初期モデル | トップページ | 続々・ホンダスポーツ360リメイク計画 »

2008年6月12日 (木)

S360のトランスミッション

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらす。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

コメント欄にて、S360のトランスミッションに関するご質問をいくつか頂いたので、お答えしようと思います。

080612_s360_chassis (クリックで拡大表示)
まず、上掲の画像のトランスミッション(鋼鈑ボディのS360のものです)はミッションケースが短い(エクステンションが長い)ので4速なのでは?、とのご質問に関してですが、確かにS500のトランスミッションを見ると4速と5速では、ミッションケース(エクステンション)の長さが大きく違っています。↓
080612_s500_5mt  080612_s500_4mt
  5速MT(クリックで拡大表示)                4速MT(クリックで拡大表示)   

左はなんと、5速専用ケースが使われたS500のトランスミッションです。 (4速MTに1段付け足したものではありません!)
右は同じくS500の4速トランスミッション。
エクステンションの長さを比較すると全然違いますね。
このS500のトランスミッションと見比べると、S360のトランスミッションはエクステンションが長く、ギアボックスがコンパクトなので4速に思えてしまいます。
しかしながら、2台製作されたS360は何れも5速のトランスミッションが装着されていました。↓
080612_s360_shiftknob (クリックで拡大表示)
※右上がボディカラーがシルバーの、左下がボディカラーが赤のS360のシフトノブです


ただ、S360のトランスミッションは4速が標準、5速はオプショナルだったことがカタログに記載されており、4速トランスミッションはほぼ間違いなく存在したと考えられるので、ベアシャシーには4速のトランスミッションが装着され、完成車には5速が装着された可能性がなくもありません。

が!
このような推論を一蹴してしまう画像が、実はあります。
それは↓この第9回全日本自動車ショーに出展されたベアシャシーの画像です。
080612_cg6212_s360chassis5mt (クリックで拡大表示)
エクステンションの長さが分かるように線を引いてみました。
冒頭のベアシャシーの画像と同じく、長いエクステンションが付いていますね。
それでも、シフトノブには5速のシフトパターンが表示されています。
つまりS360のトランスミッションは、このように5速でもエクステンションが長かったと考えられるのです。

ただ、疑り深い方には、5速のシフトノブが付いているだけで中身は4速なのでは?と突っ込まれるかもしれません。
流石にそこまで突っ込まれると、何せ外からは見えない部分ですから立証のしようがなく私もお手上げなのですが…。
と、ここまで書いて思い出しました。
トランスミッションの内部の様子が分かる透視図が手元にあることを。。。
080612_ (クリックで拡大表示)
残念ながら今ひとつ不鮮明なので分かりづらいかもしれませんが、シフトフォークの位置から内部のパーツのレイアウトがある程度把握できるのではないかと思います。
画像では4速分のギアやシンクロ機構が辛うじて確認できますが、見えている部分だけでは明確に5速のトランスミッションとは断定できないですね。
ただ、エスのトランスミッションほどギチギチにパーツが組み込まれておらず、リバースギアが配置されていると思われる部分のスペースに若干余裕がありますから、このエクステンションの長いトランスミッションでも5速化は可能なように思えます。
ということで、シフトノブの付け替はないと個人的には考えています。
冒頭のベアシャシーの画像に写っているトランスミッションが5速かどうかは、ちと分かりかねますね…。
因みに、 鋼鈑ボディのS360と同時期に製作された2台のスポーツ500も、シフトノブで確認したかぎりではトランスミッションは5速でした。

続いて、5速のトランスミッションがシンクロ式だったかどうかですが、これはカタログ記載されています。↓
080612_s360 (クリックで拡大表示)
ご覧のように、4速のトランスミッションも5速のトランスミッションも、2速以上にシンクロが使われていました。
また、ギアボックスはトロコイドポンプによる圧送給油でした。
現時点で分かるのはこのくらいです。^^;


以下、蛇足です。
製作中のS360のリアフェンダーは、ようやっと原型が完成しました。
080612_s360_2 (クリックで拡大表示)
近日中にFRPでメス型を製作します。
それと、我が家のアジサイが今年もきれいに咲きました。
080612__2 (クリックで拡大表示)



|

« S600クーペの量産初期モデル | トップページ | 続々・ホンダスポーツ360リメイク計画 »

Honda Sports360 (俗称 S360)」カテゴリの記事

Honda スポーツ360リメイク計画」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい!かなりの資料をお持ちですね!5Fのシンクロ式とは当時としてはすごいですよね。S360がもし見つかればそのトランスミションが乗っている可能性がありですね!S500に関しては5Fは乗っている現車はあるのですか?当時オプションと聞いたことがありますが三妻さんは見た事ございますか?

投稿: KNR | 2008年6月12日 (木) 午後 09時48分

>KNRさん
お褒めいただきありがとうございます。
資料は、頂いたものも含めると結構な量になりますね。
あっ、そういえばメール届いていませんでしょうか。
お礼の資料、まだダウンロードされていないようなのですが…。
もしご不明な点があれば、遠慮なくお問い合わせ頂ければと思います。
そうですね、当時は小型車や普通車を含めても5速フロアのクルマは珍しかったと思います。
S360が現存してた場合ですが、62年型なら5速の可能性が高いでしょうね。
63年型でしたら4速の可能性もあると思います。
5速のトランスミッションが載ったS500はあるのでしょうかね…。
私もよく分からないです。。。 もちろん見たことはないです。
参考までに、5速ミッションの画像は↓こちらで見られます。
http://www.htcc.jp/furuta1.html

投稿: mizma_g@管理人 | 2008年6月12日 (木) 午後 11時34分

メールは届いていないみたいです。今一度お送りいただけますか。宜しくお願いします。

投稿: KNR | 2008年6月13日 (金) 午前 05時45分

>KNRさん
メール届いていませんでしたか…。
大変失礼しました。coldsweats02
念のため教えて頂いた2つのアドレスの両方にメールを再送しておきましたので、ご確認の程よろしくお願いします。

投稿: mizma_g@管理人 | 2008年6月13日 (金) 午前 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158972/21587857

この記事へのトラックバック一覧です: S360のトランスミッション:

« S600クーペの量産初期モデル | トップページ | 続々・ホンダスポーツ360リメイク計画 »