« 2008年5月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年6月 7日 (土)

海外にも居た我が援軍

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

先日ひいた風邪がまだ治らず、鼻水たらしまくりのmizma_gです。
体調がすぐれないため、本日も手抜きエントリーとなりますので、予めご承知おき下さい。

さて、当ブログのカテゴリー「Nissan A680X / シルビア(CSP311) 」では、初代シルビアのエクステリアデザインを手掛けたのは誰であったかについて言及しています。
現在、この件について広く知れ渡っているのは、ドイツ系アメリカ人のアルブレヒト・ゲルツ(Albrecht Goertz)が手掛けたという説ですが、当ブログではこの説に疑義を唱え、ゲルツが来日する以前に、当時日産の社内デザイナーであった「木村一男」氏が描いたシルビアのスケッチを提示して、木村一男氏説を唱えています。
ゲルツの役割は、当時顧問という役職にあったことから、“助言をしただけ”というのが私の主張です。

この「木村一男氏デザイン説」ですが、国内のサイトでは最近よく見かけるようになりました。
Wikipediaでも、「当時日産デザイン室に在籍した木村一男がゲルツの指導の下にデザインしたもの」と記述されており、今後広く周知されることが期待されます。

しかし、海外のサイトを見てみると…。

続きを読む "海外にも居た我が援軍"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年8月 »