« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

小ネタを少々

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

岩倉信弥さんのコラム「本田宗一郎との『叱られ問答』 第34話」で、現在ホンダの四輪車に使われている“Hマーク”のエンブレムのデザインが決まるまでの経緯が紹介されています。
このコラムに脚色が一切ないとしたら、本田宗一郎さんの慧眼にはおそれ入谷の鬼子母神ですね。^^;

もうひとつ。
先日、Kuroさんが「AD S50」をヤフオクに出品されたばかりですが、またまた「AD S50」がヤフオクに出品されたようです。↓
http://page16.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u26302353

珍しいクルマが、あるところにはあるのですねぇ。

S360のレプリカフェンダーの方は、モールの発注とリアバンパーの図面作成が済んで、現在は原型を作るための型紙を製作しています。

続きを読む "小ネタを少々"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月25日 (水)

続々々々々・ホンダスポーツ360リメイク計画

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

他にいいタイトルが思い浮かびません…。orz
それと、考察系のエントリーを期待されている方には申し訳ありません。
今回もS360もどきに関するエントリーです。
考察ネタのストックはいくつもあるのですが、最近は専らS360もどきに掛かりっきりなので、こちらが一段落するまで少々お待ち頂ければと思います。

さて、先日テスト成型がうまくいったので、早速本番の成型をしてみました。
成型の過程はあまり面白くないですし、FRP成型の手順を紹介しているサイトは五万とありますからここでは割愛して、↓これが完成したS360(TAS260)原寸大レプリカフェンダーの本体です。
080625_s3602_h400 (クリックで拡大表示)

続きを読む "続々々々々・ホンダスポーツ360リメイク計画"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

続々々々・ホンダスポーツ360リメイク計画

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

この安直なタイトル、いい加減なんとかしないと…。(苦笑
製作中のS360のリアフェンダーですが、その後作業が進みまして、本日↓ここまでたどり着きました。
080623_s3601_h400 (クリックで拡大表示)
 
これはメス型の出来具合を確認するため取敢えず成型してみたもので、まだ完成品ではありません。
今まで全体は見せていませんでしたが、ご覧のように作っているのはリアフェンダーのオーバーハング部分のみです。
 
この部分だけを作ることにした理由は、自室のテーブルが小さ過ぎてこの部分しか設計図を描けなかったとか、原型の材料費を節約するためとか、あまり大き過ぎると部屋に飾れなくなってしまうからとか色々あるのですが、一番の理由は、この極めて短いオーバーハング部分がS360のエクステリアの最大の特徴だからです。

続きを読む "続々々々・ホンダスポーツ360リメイク計画"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

続々々・ホンダスポーツ360リメイク計画

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.
 
現在、鋭意製作中のホンダスポーツ360(TAS260)原寸大レプリカ リアフェンダーですが、最初の山場である離型が無事済み、メス型が完成一歩前の状態まで仕上がりました。
080620_s360 (クリックで拡大表示)

以前のエントリーにも書きましたように、途中失敗した部分があったものの幸い大事には至らなくて、どうにかここまでたどり着くことができました。
一時はどうなるかと、実はヒヤヒヤものだったことはナイショです。
ともあれ、恥を晒さずに済んでよかった…。

あとはメス型の表面を仕上げて、離型処理をして、製品型を成型して、離型して、不要部分をトリミングして、塗装のための下地処理をして、塗装をして…。
うーん…まだまだ先は長いですね。
バンパーも、これから作らないといけないし。

そうそう、困ったことに掃除機が壊れてしまいました。
修理を試みるも、不具合が出た部分が分解できない構造になっているため断念。
まあ、年代物だったので仕方ないのですが、でも掃除機がないと作業を進められないのですよね。
参りました。 どこかにご不要の掃除機ないでしょうか。

取敢えず、明日はメス型の表面をツルピカに仕上げる予定です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

Mizma式簡易FRP成型ブース

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

FRPを成型する際に必要な材料は、ポリエステル樹脂(以下、ポリ樹脂と表記)とガラス繊維です。
このうちポリ樹脂は、(使ったことがある方はご存知だと思いますが)強烈な異臭がするため誰でも直感的に体に悪いものだと分かります。
そのため、FRPの成型作業をする場合、予備知識がない方でも大概、換気の良い場所で行うかマスクを装着するようです。
一方、ガラス繊維の方ですが、こちらは異臭がする訳でもなく、見た目はクロスなら織りの粗い布切れのようなものですし、マットは不織布によく似ているため、警戒心を持つ方は殆どおられないようです。
でも、ガラス繊維って実はかなり有害なのですよね。
少し前に話題になったアスベストにかなり似たもの、と言ったらガラス繊維がどれだけ人体に害のあるものかをご理解頂けるのではないでしょうか。
ただ、アスベストは発ガン性の物質として認定されているのに対して、ガラス繊維は“発ガンの危険性なし”ということに近年変わってしまったようですが…。(業界団体の圧力?)

続きを読む "Mizma式簡易FRP成型ブース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

続々・ホンダスポーツ360リメイク計画

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

先日のエントリーに“近日中にFRPでメス型を製作する”と書きましたが、本日そのメス型の製作をしたので、作業の内容を掻い摘んでご紹介しようと思います。

まず、メス型を製作にするに当たって最初にするのは、離型処理です。
離型処理というのは、原型とメス型がくっ付いてしまわないように、原型に離型剤を塗布する作業のことです。
今回、離型剤には床ワックスとPVA(ポリビニールアルコール)を使用しました。

最初に、原型に床ワックスをウエスで満遍なく塗布します。
床ワックスが乾いたら新しいウエスを使って空拭きしながら塗りこみ、また床ワックスを塗ります。
この工程を3回くらい繰り返します。
080615_s360wax (クリックで拡大表示)

続きを読む "続々・ホンダスポーツ360リメイク計画"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

S360のトランスミッション

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらす。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

コメント欄にて、S360のトランスミッションに関するご質問をいくつか頂いたので、お答えしようと思います。

080612_s360_chassis (クリックで拡大表示)
まず、上掲の画像のトランスミッション(鋼鈑ボディのS360のものです)はミッションケースが短い(エクステンションが長い)ので4速なのでは?、とのご質問に関してですが、確かにS500のトランスミッションを見ると4速と5速では、ミッションケース(エクステンション)の長さが大きく違っています。↓
080612_s500_5mt  080612_s500_4mt
  5速MT(クリックで拡大表示)                4速MT(クリックで拡大表示)   

続きを読む "S360のトランスミッション"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

S600クーペの量産初期モデル

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらす。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is here
.

ホンダS600クーペに関するエントリーです。
な、なんと!
レインドリップが短いタイプのS600Coupeを持っておられるというKNRさんが、前回のS600クーペに関するエントリーにコメントを書き込んで下さいました!
KNRさんがお持ちのS600クーペの車台番号は、初期の番号とのことです。
となると、やはりS600クーペの量産初期モデルは“レインドリップが短かった”ということになりそうですね。

このレインドリップが短いタイプのS600クーペですが、生産台数はパーツリストから察するに150台程度ですから、レア度ではS500やS600の39年式初期モデルをはるかに凌いでいると言えるんじゃないでしょうか。

続きを読む "S600クーペの量産初期モデル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

海外にも居た我が援軍

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

先日ひいた風邪がまだ治らず、鼻水たらしまくりのmizma_gです。
体調がすぐれないため、本日も手抜きエントリーとなりますので、予めご承知おき下さい。

さて、当ブログのカテゴリー「Nissan A680X / シルビア(CSP311) 」では、初代シルビアのエクステリアデザインを手掛けたのは誰であったかについて言及しています。
現在、この件について広く知れ渡っているのは、ドイツ系アメリカ人のアルブレヒト・ゲルツ(Albrecht Goertz)が手掛けたという説ですが、当ブログではこの説に疑義を唱え、ゲルツが来日する以前に、当時日産の社内デザイナーであった「木村一男」氏が描いたシルビアのスケッチを提示して、木村一男氏説を唱えています。
ゲルツの役割は、当時顧問という役職にあったことから、“助言をしただけ”というのが私の主張です。

この「木村一男氏デザイン説」ですが、国内のサイトでは最近よく見かけるようになりました。
Wikipediaでも、「当時日産デザイン室に在籍した木村一男がゲルツの指導の下にデザインしたもの」と記述されており、今後広く周知されることが期待されます。

しかし、海外のサイトを見てみると…。

続きを読む "海外にも居た我が援軍"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

これがHonda Sports50(ごじゅう)だ!!

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

昨夜からノドが痛くて痛くて…どうやら風邪をひいてしまったようです。orz
   
ところで、現在 某ネットオークションにエスを模した原付カーが出品されていますね。
http://page16.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u25333118
出品者のHPによると、モデルはS800で「AD・S50」という名称の原付カーらしいのですが、一文字バンパーに横桟が3本のグリルがついているので、S500がモデルのような気がしないでもありません。
全幅が約1300mmとのとこなので、大体スポーツ360と同じくらいですが、定員は1人なんですね。
このエントリーを書いている時点で残り11日、入札額は10万円ちょっとですが、一体いくらくらいで落札されるのでしょうか。
大変気になります。
080602_
(同型車の画像があったのでアップしておきます。よく見るとこの車輌にはフロントガラスが入っていませんので、出品車とは別の個体かもしれません。)

続きを読む "これがHonda Sports50(ごじゅう)だ!!"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »