« ホンダ PN360(仮称)は実在した!! | トップページ | これがHonda Sports50(ごじゅう)だ!! »

2008年5月30日 (金)

280A(トヨタ2000GT)開発年表

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

当ブログのカテゴリー「TOYOTA2000GTの真実」に書いたことの概略を、年表形式にまとめてみました。
当該カテゴリーをお読み頂く際に参考にして頂ければと思います。

080530_280a
                       (クリックで拡大表示)

|

« ホンダ PN360(仮称)は実在した!! | トップページ | これがHonda Sports50(ごじゅう)だ!! »

TOYOTA 2000GTの真実」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
「みんカラ」の軒を借りてぼそぼそと日々の雑感を垂れ流している「スーパーカーブーム」さなかに小学生だった者です。
こちらの存在はかなり前から承知しておりまして、きちんと史料に当たって堅実な検証をなさっていることに、大変感心しておりました。

私も件の「俗説」には辟易しておりまして、折あればネタにしよう、その際にはこちらの記事も紹介しようと考えていたところ、「いっそのこと当該カテゴリーを削除してしまおうかとも思ったりするのですが」との衝撃的な記述に行き当たり、義を見てせざるは勇なきなりではありませんが、こうしては居れぬと、街中で2000GTに遭遇したのにかこつけて、僭越ながら早速紹介させていただきました。

尤も、私のところも訪問者数は多くありませんし、文字通り「微力」ではあるのですが、応援している者もいることをお伝えしたく、TBとコメントをさせていただきました。

なお、問題のネコパブの書籍というのは、ワールドカーガイドの「TOYOTA I」ではないかと思われます。私も持っていますが、たしかかなりハッキリとヤマハの企画云々の記述がありました。
ネコパブは誤字誤植誤報のデパートだというのは、ちょっと前まで自動車趣味の人間の間では「一般常識」だったはずなんですが・・・困ったものです。

投稿: 惰眠 | 2008年9月 6日 (土) 午後 02時34分

>惰眠さん
はじめまして。
コメント&トラックバックありがとうございます。
惰眠さんのブログ、拝見させて頂きましたが、トヨタ2000GTに関するあれやこれやをよく知っておられて痛く感心致しました。
事情に精通されている方に援護射撃して頂けて、大変心強く思います。
心強い援軍が現れた以上、“カテゴリーの削除”の件は撤回しないといけませんね。

なるほど、ガセネタの出所はネコパブのワールドカーガイド「TOYOTA I」かも、ですか。
残念ながら私は未見なのですが、もしかしたら電波記事のライターさんは福野礼一郎氏だったりして…。
個人的には、福野氏が広めた「第7技術部に在籍していた技術者の発言」をソースにした話が元凶なんじゃないかと思っているのですが、いずれにしてもおかしな説を広めた人間の罪は重いですよね。

書籍の誤報に関しては、私の見た限りですがネコパブに限らず、国産旧車に限定するとどの出版社も多いような気がします。
おそらく原典にあたらず孫引きで記事を書くからでしょうね。
孫引きで書かれた記事をさらに孫引き…みたいなことを繰り返した結果、国産旧車の情報には“嘘がいっぱい”状態になってしまったのだと思います。

こういった誤った情報が自動車メーカーのHPにも記述されて全世界に発信されているのですから、自動車ジャーナリズムがこれまでに犯してきた罪は非常に大きく重いと言わざるを得ませんね。
全く困ったものです。

投稿: mizma_g@管理人 | 2008年9月 6日 (土) 午後 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158972/21291988

この記事へのトラックバック一覧です: 280A(トヨタ2000GT)開発年表:

» 回顧録的備忘録・街中のトヨタ2000GT [なんでこないに好きなんかな~ 難儀やなあ]
日曜午前の街中で、トヨタ2000GTに遭遇した。 ラ・フェスタ・ミッレミリアのようなイベントで見かける分にはさして驚きもしないのだけれども、なんの気取りもないありふれた日常の空間で突然見かけると結構ビックリだ。 言ってみれば、昼ごろに新宿アルタで「笑っていいとも」に出演する笑福亭鶴瓶を見ても特に驚きはないけれども、「家族に乾杯」の収録に来た笑福亭鶴瓶が街角にひょっこり現れたら我が目を疑うのと似たようなものだろう。  それは兎も角この2000GTは、登録陸運事務所を示す漢字二文字の後ろにつく... [続きを読む]

受信: 2008年9月 6日 (土) 午後 02時12分

« ホンダ PN360(仮称)は実在した!! | トップページ | これがHonda Sports50(ごじゅう)だ!! »