« YAMAHA PROTOTYPES | トップページ | 新聞縮刷版、通読完了 »

2008年4月24日 (木)

イグニッションコイルの交換

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

我が家の主力戦闘機、N社の某ミニバン(V6 3.0Lエンジン搭載)のイグニッションコイルを交換しました。
080424_ig01(クリックで拡大表示)
オイルフィラーキャップの上に横たわっているのが、おシャカになったイグニッションコイルです。
ダイレクトイグニッションなので、同じ部品が6個付いています。
今回交換したのは2番のイグニッションコイルなのですが、V6だと一発死んだくらいでは割と普通に走ってしまいますね。
クルマに疎い人だと、もしかしたらエンジンチェックランプが点灯しなければトラブルに気が付かないかも?


080424_ig02 (クリックで拡大表示)
おニューのイグニッションコイルを取り付けました。
車齢と走行距離からもう部品の寿命がきていると考えられるので、6気筒全てを交換してしまった方が予防整備の観点からは望ましいのですが、何せ部品の単価が約9千円と値が張るので、取敢えず今回はダメになったもののみ交換しました。
このクルマは週末くらいしか動かさないので(たぶん年間の走行距離は3千キロ以下)、壊れたらその都度部品を買ってきて直せばいいかな…と、そういう判断です。

因みに、ディーラーでイグニッションコイルを交換してもらうと、工賃は4千円以上とられるうです。
これは1個交換しても6個交換しても同額なんだとか。
今回、1個交換するのに要した時間は10分くらいなんですが、その半分はエンジンカバーの脱着に費やしていますから、6個交換しても1時間は掛からないでしょうね。
そう考えるとディーラーの工賃はちとお高いような…。
ディーラーのレバーレートっていくらくらいなんでしょうね。


   

|

« YAMAHA PROTOTYPES | トップページ | 新聞縮刷版、通読完了 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158972/20543192

この記事へのトラックバック一覧です: イグニッションコイルの交換:

« YAMAHA PROTOTYPES | トップページ | 新聞縮刷版、通読完了 »