« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

ホンダT360のカラーバリエーション

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

T360のボディカラーといったら、殆どの方がポリバケツの色によく似たメイブルーを思い浮かべるのではないでしょうか。
T500といったら薄緑色のモスグリーンでしょうね。
 
実際に当時のカタログを見ても、紙面に登場するT360は全てメイブルーですし、同様にT500はモスグリーンです。
また、カタログのカラーバリエーションに関する記述の部分にも「T360 メイブルー」「T500 モスグリーン」とだけ表記されており、カタログを見ただけでは他にカラーバリエーションがあることは全くわかりません。
080229_t360brochure5_1

が、T360にかぎっていえば、実はメイブルー以外のボディカラーもありました。
何故それをカタログに掲載しなかったのか理解に苦しみますが、これはT360にかぎったことではないようで、S500もホンダの資料によると「アイボリーホワイト」と「スカーレット」の2色しかないことになっているのに、実際には「スモークブラック」や「エレファントグレー」という色が存在したそうです。(この情報のソースは「別冊CG ホンダ・スポーツ」です)

続きを読む "ホンダT360のカラーバリエーション"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

三妻自工 Web site更新情報 (08/02/26~27)

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.
 

ホンダSports360、T360/S500の試作車などについて研究・考察している

三妻自工 Web siteの『試作車一覧』に掲載しているXAK250(幌なし車)

の画像を変更しました。

また、「Sports500(S500のプロトタイプ)の種類と各型の特徴」を更新し、本ブログの

エントリー「T360/T500のボンネットHマークが白く塗られるようになった時期について」と

'63年型S500が存在しない理由と'63年型T360の有無」にリンクを張りました。


080227_ak
数年前まで所有していたAKです。
今は何処に…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

'63年型S500が存在しない理由と'63年型T360の有無

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

(08/02/29)本エントリーの末尾に追記しました

ホンダ初の市販乗用車となった「ホンダ S500」が発売されたのは1963年10月のことでした。
もっと正確にいうと、第10回全日本自動車ショー(S38.10/26~11/10)への出展をもってS500は市販開始となりました。
ただ、車輌が実際に市場に出回るようになったのは、年が明けた1964年からだったようですが、生産は1963年中に始まっており、Old-timer誌95号の「どこにいるS360」という記事に拠れば、S500の各月の生産台数は…
07月 12台
08月 20台
09月 23台
10月 22台
11月 50台
12月 13台
…となっています。(但し、この生産記録には量産試作車も含まれています)
 
このように、S500の生産が'63年に始まっていたことは疑いようのない事実です。
であるならば、'63年型のS500が存在したと考えるのは至極当然のことでしょう。
しかし、実際に法律上“'63年型”と定義されるS500はこの世に存在しません。
 
それは何故かというと、当時日本には「年式打刻制度」というものがあり、車輌に製造年を打刻することが義務付けられていて、その打刻する製造年の起算日が“前年の9月21日”になっていたためです。
もう少し分りやすく説明すると、例えば'63年型となるのは「'63年の前年(='62年)の9月21日から'63年の9月20日までに登録された車輌」なのです。

続きを読む "'63年型S500が存在しない理由と'63年型T360の有無"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

T360/T500のボンネットHマークが白く塗られるようになった時期について

ホンダT360/T500(以下、AKと表記)のトレードマークといったら、ボンネットの“H”の浮き文字を真っ先に思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
また、Hの浮き文字といえば、白く塗られているものと広く認識されているんではないかと思いますが、実はボンネットのHマークは、量産初期には白ではなくてボディと同色になっていました。↓
080223_t360brochure2_1  080223_t360brochure6_2

080223_t500brochure1_1   080223__t_ak_01

続きを読む "T360/T500のボンネットHマークが白く塗られるようになった時期について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

見つかりました…

エポキシ接着剤だけで作った旧車のプラモデル。
スキルなし、道具なし、知識なしの状態で作ったので、出来の方は酷いものですが、せっかくですから思い切って公開しようと思います。
どうか笑わないで下さいね。^^;

で、先に説明しておきますが、使用した接着剤は既述のようにエポキシ接着剤のみです。
車体を塗るために使用した塗料は、なんと錆止め入りの鉄部用!
しかも、それを下塗りなしで直に筆塗り!!
バンパーやサッシ枠、ライトリムなどのメッキパーツは、確か銀シャイン(?)とかいうメッキ風に仕上がる缶スプレーを使用した記憶があります。
なぜプラモデル用の接着剤や塗料を使用しなかったかは、自分でも分りません。
たぶん、お金をケチったのだと思いますが…昔のことなので記憶が忘却の彼方。

続きを読む "見つかりました…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

ネタあり 時間なし 気力なし orz

ブログネタはあるのですが、ブログを書く時間と気力が…。orz
今日も もうこんな時間だし、本当は早く寝たいところなのですが、でもちょっとだけどうでもいいことを書こうかと思います。

私、もうすぐ誕生日なので、先週の土曜日に泊りがけで遊びに来た身内連中にプレゼントを色々と貰ったのですが、8歳の甥っ子が選んでくれたプレゼントは↓こんなものでした。
080218_z432r
ご覧のようにS30Zのプラモデルですが、ただのS30ではなくて超レアな432R
旧車という言葉も知らない子が、一生懸命選んでくれたのがこの432Rだったんだそうで、もうおじさん大感激です。(ウルウル
 
本当なら作らずにとっておきたいところなのですが、さすがにそうはいかないですよね。
せっかくプレゼントしてくれたのだから、頑張って製作して、出来上がったものを見せてあげないと。
ただ、ちと問題なのは、私がプラモデルを作った経験が殆どないことです。
バルサを使った工作なら慣れているのですが、プラモデルは…。
バルサ工作のように瞬間接着剤を使ったら、やっぱりまずいですよね? ^^;
あっ、そういえば、だいぶ昔にエポキシだけで旧車のプラモデルを作ったことがあったなぁ。
あのプラモデル、探せばまだ何処かにあるかも…。
まあ、このZでは、エポキシだけで組み立てるような馬鹿なことはしませんけどね。(笑 

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

海を渡ったツインカムトラック

2月1日のエントリーにBrian BakerさんのT500のことをちょっと書きましたが、先日画像の整理をしていたところ、Brianさんのもの以外の海外にあるホンダT500の画像が出てきたので、ご紹介しようと思います。

それでは早速、1枚目から。
080214_honda_t500_new_zealand
これは、ニュージーランドで撮影されたT500Fです。
撮影地以外の詳細は、残念ながら不明。
キャビンは再塗装されているような感じですが、セットバックはオリジナル塗装(メイブルー?)っぽいですね。

2枚目。
080214_honda_t500_australia
こちらは、オーストラリアでオークションに出品されたT500Fです。
ルーフの凹みが痛々しいですが、その他の部分は掃除をすればそこそこキレイになりそうな気がしなくもないですね。
このクルマ、果たして落札されたのでしょうか。

続きを読む "海を渡ったツインカムトラック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

ハンドランチグライダーとは…

ハンドランチグライダーとは、↓こんなものです。
百聞は一見に如かず、まずは動画をご覧になってみて下さい。
00:35位から小さな旋回(センタリングと言います)を始めて、サーマルに乗ってグングン上昇していきます。
機体は某国産メーカーの、たぶん試作機です。
飛ばしているのは、国内トップの腕前を持っている方。
グライダーですから、当然 動力は付いていません。
それで↓こんな風に空高く舞い上がってしまうんですよ。信じられます?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

全ての動画を削除しました…

  
拙サイトやYouTubeで国産旧車関連の動画を多数公開していましたが、この度、法律的に問題ありとのご指摘を頂いたので、全て削除致しました。
貴重な、或いはとても珍しい動画をお見せできなくなることは大変申し訳ないのですが、法律は守らないといけないですからね…。
これまで多くの方にご視聴いただき、本当にありがとうございました。
 



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

三妻自工 Web site更新情報 (08/02/07)

ホンダS360、T360/S500の試作車などについて研究・考察している

三妻自工 Web site
試作車一覧』にホンダT360を1台追加しました。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

なんじゃこりゃ?

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

昨日、ネットサーフしていたところ、面白いクルマを見つけました。
それは↓これ。
http://blogs.yahoo.co.jp/hikoukinut56/archive/2008/2/3

クルマと云っても三輪車なんですが、富士重工のウサギのマークが付いています。
外観の雰囲気は戦前や戦中のものっぽいですが、何という三輪車なのでしょうね。
本当に富士重工が作ったのでしょうか。
一応調べてみたのですが、さっぱり分りませんでした。
この三輪車について、何かご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示戴けると有難いです。
リンク先のブログ主さんは、「ラビットスクーターの三輪版でしょうか?」と仰っていますが、三輪ラビットは↓これですから違いますね…。
080206_t75

もうひとつ。
今度は地上から離れて空物です。
なんと1人乗りの超小型ヘリコプター!
http://www.kotaro269.com/archives/50528571.html

ちゃんと飛んでますねー。
でも、頭の直ぐ上でエンジンが回ってるのはどうなんでしょう。
音とか振動とか排気とか…。
かなり我慢を強いられる乗り物なのは確かですね。
でも、ここまでくればタケコプターが実用化される日も近いかも??

最後は、陸と空のミックスです。
床を走っているラジオコントロールのトラクタ(トレーラーヘッド)が急に空中に舞い上がって飛行します。
そんな馬鹿な…、と思われた方。
本当ですから是非ご覧下さい。↓
http://www.metacafe.com/watch/916620/truck_air_race_action/

ね、本当に飛んでたでしょ。(笑

ということで、本日はホンダスポーツのネタはなしです。^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

三妻自工 Web site更新情報 (08/02/05)

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

ホンダS360、T360/S500の試作車などについて研究・考察している

三妻自工 Web site
試作車一覧』にホンダ スポーツ500を1台追加しました。


【三妻自工 Web site】
http://mizma.tuzikaze.com/

080205_
先日、自室の窓から撮影した空の画像です。
北風の強い日でしたが、こうして見るとあまり寒々しい感じはしないですね。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

三妻自工 Web site更新情報 (08/02/04)

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

ホンダS360、T360/S500の試作車などについて研究・考察している三妻自工 Web site

Honda Sports360の種類と各型の特徴に加筆し、併せて画像も追加しました。

【三妻自工 Web site】
http://mizma.tuzikaze.com/

080204_
   昨日姪っ子が作った雪だるまです。^^

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

日の目をみなかったホンダスポーツ

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

拙ブログおよび拙サイトでは、ホンダが四輪の開発を始めてからS500を市販するまでの間に製作された試作車のみを扱っているのですが、今回はその守備範囲をちと外れてS600Coupe のことを書こうと思います。
  
S600Coupeといえば、当初2シーターで開発が始まったものが途中から前席2+後席1の3シーターにパッケージングが変更されたため、後席のヘッドクリアランスを確保すべくルーフ後部を持ち上げたデザインに変更。
しかしながら、3シーターとしては認可が下りず、結局3シーターのスタイルのまま2シーターとして市販された、という経緯があることは皆さんご存知かと思います。
このような経緯があったため、S600Coupeのスタイリングは下掲の画像の如く、ルーフラインの盛り上がりがBピラーの後部まで続いていて、例えばトヨタ2000GTやフェアレディZ のような同じクーペ形式の車輌と比較すると、ややスマートさに欠け頭が重そうな印象を受ける造形になってしまっています。
080201_sas285
       (カタログより引用)
 
まあ個人的には、これはこれで好きなカタチではあるのですが、でもやはり、もうちょっとルーフ後部が低くなだらかになっていればなぁと思ってしまいますね。

続きを読む "日の目をみなかったホンダスポーツ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »