« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月29日 (火)

名車を生む力

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

先日、某ネットオークションで↓こんな本を買いました。
080129__01  080129__02   

名車を生む力』 いのうえ・こーいち 著 二玄社

目次:
○野崎喩が描いた軌跡のグラントゥリズモ(知りたかったことは教えてもらえなかった/25年目の再会でふたたびトヨタ2000GTについて/1960年代はじめの自動車王国で見聞きしたもの ほか)
○木沢博司が考えた世界のベイシックカー(ホンダがホンダらしかったころホンダのイメージの原点/ホンダ1300という個性的なクルマその反動がシビックにつながった/乗り手にすり寄ってはくれない骨太の前衛的クーペ ほか)
○立花啓毅が欲した生のオープン・スポーツカー(いきなり登場した真打ち キイマンは無類のクルマ好き/消費の時間と蓄積の時間積み重なってこその「車道」/モノがひとを育てる「蓄積」の成果として備わる「器」 ほか)
 
『トヨタ2000GT、ホンダ・シビック、ユーノス・ロードスター――。たとえクルマ好きでなくとも、この三台の日本車の名前に聞き覚えのある人は多いだろう。いずれも日本の社会状況が大きく変容を遂げようとしていた時期に開発されたクルマであり、それぞれの時代を映す鏡とも言えるモデルである。

続きを読む "名車を生む力"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

ホンダスポーツについて、最近分かったことと分からなくなったこと (後編)

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.


まずは、Sports500について分ったことから。

第9回全日本自動車ショーに出展されたホンダスポーツのボディはアルミだった?

のっけからクエスチョンマーク付きで申し訳ないです…。
ただ、ちょっと見過ごせない情報と思ったので、ここに取り上げた次第です。
クエスチョンマークが付くということは未確定の情報ですので、その点、くれぐれも誤解なきようにお願いします。

で、この情報のソースは、昨年暮れに某ネットオークションで購入した「自動車Junior 1963年10月号」です。↓
080122_junior6310_
自動車Junior 1963年10月号より引用

赤線を引いた部分に“プロトタイプではアルミ材のパネルを使用していた”と書かれていますね。
ここでいう“プロトタイプ”とは、第9回全日本自動車ショーに出展された車輌のことです。
“パネル”とはエンジンフードやトランクフード、フェンダーやドアのアウターパネルなどの外板のことでしょうか?

これまで、ホンダが作成したものも含めて、第9回全日本自動車ショーについて書かれた資料を色々と見てきましたが、このようにボディにアルミが使われていたと書かれたものは、今回初めて見ました。
この情報が正しいか否かについては、現時点では確認をとれていないので何とも言えませんが、この記事を書いたライターさんが全く根拠もなく思いつきで書いたとは思えませんので、もしかしたら本当にアルミが用いられていたのかもしれません。

続きを読む "ホンダスポーツについて、最近分かったことと分からなくなったこと (後編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

ホンダスポーツについて、最近分かったことと分からなくなったこと (前編)

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

最近入手した資料から判明したことと、ちょっと分らなくなってしまっことを書こうと思います。
まずは、Sports360について分ったことから。

ホンダ会に出展されたSports360(TAS260/FRPボディ車)はSUタイプのキャブレターを装着していた!

この情報のソースは、モーターサイクリスト1962年10月号。
当該ソースには、大変貴重なSports360(TAS260)のエンジンベイの写真が掲載されています。
080118_01196210_tas260
モーターサイクリスト1962年10月号より引用

この写真を見れば、SUタイプのキャブレターが装着されていたことが一目で分りますね。
ホンダ会には2台のSports360が出展されましたが、写真の個体は車体色が赤のものと思われます。
そう推測する根拠は、もう1台の車体色がシルバー(または白)の個体は下掲の画像のようにステージ上に展示されていて、尚且つ、車体の背後にあったパネルが大きく車体側に傾いていたため、車体の右側に人が入り込む余地がなく、上掲の画像のように車体右側からエンジンベイを撮影するのは困難であったと考えられるからです。
080118_021962_08_tas260
モーターマガジン1962年8月号より引用

尚、シルバーの個体がどのようなキャブレターを装着していたかは、現時点では不明です。

続きを読む "ホンダスポーツについて、最近分かったことと分からなくなったこと (前編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

CGのムック本、到着!

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.


080116_cg_s2000_01
そして2度の落胆…。orz

まず一つ目の落胆は、どうやら私の予想が当たっていたこと。
何が当たっていたかというと、「別冊CG ホンダ・スポーツ」の中で小林彰太郎さんは、'63年8月に行なわれたS500量試車の試乗会にスポーツ360が1~2台 参考車として持ち込まれていた、と書かれているんです。
これが事実ならば、時期的に'63年型スポーツ360が持ち込まれていたんではないかと期待していたんですね。
ところが、当時の自動車誌に掲載されたこのS500量試車の試乗会の記事をいくつ見てもスポーツ360の写真は見つからず、それどころかスポーツ360があったという記述すらない。
そこで、もしかしたら小林彰太郎さんは'62年11月(別冊CG ホンダS2000では'62~'63年の冬と記述)に行なわれた第9回全日本自動車ショー出展車の試乗会と混同されているんではないかと思ったのですが、小林彰太郎さん自身はS500量試車の試乗会を自動車メーカーが行なった初めて試乗会と仰っていて、ショー出展車の試乗会をご存知ないようだったんです。
ところが…。

続きを読む "CGのムック本、到着!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月14日 (月)

CGのムック本、まもなく到着

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.


先日、コメントを下さったsakachewさんに↓この画像の出典を教えて頂きまして、その日のうちにAmazonに注文を入れたのですが、本日 商品を発送した旨、連絡がありました。
080114_s360

まだ手元に届いていませんので内容については全く分からないのですが、気になってちょっとググってみたところ、ラッキーなことに表紙の画像を発見。
そこには↓こんなことが書かれていました。
080114_cg_s2000
※この画像は無断でお借りしたため、必要な部分以外にボカシを入れてあります

まぼろしのS360は現存するか?
非常に興味を惹かれる見出しです。(笑

続きを読む "CGのムック本、まもなく到着"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月10日 (木)

モデルカーズ 98号

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.


2007年最後のエントリー「Honda Sports360リメイク計画」のコメント欄で職人さんに薦めて頂いた『モデルカーズ 98号』、薦めて頂いたその日の夜にネットオークションで落札したのですが、昨日やっと手元に届きました。
この『モーデルカーズ 98号』には職人さんの作品が掲載されているそうなのですが、残念ながらどれが職人さんの作品か判りません…。^^;
でも、私に薦めて下さるくらいですから、市販のエスの訳がありませんね。
ということで、勝手にスポーツ360/500が職人さんの作品と決め付けて、このエントリーを書き進めようと思います。
もし間違っていたらごめんなさい。。。>職人さん
 
080110_modelcars98_800

さて、モーデルカーズ 98号に掲載されているスポーツ360と500ですが、出来は素晴らしいの一言に尽きます!

続きを読む "モデルカーズ 98号"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

「馬鹿」とは。

以下、とある論客氏の日報より引用。

「馬鹿」とは何ぞと問う人のありて、以下の如く答う。

1.論理的に話せない者。
論理的に話すというのは、先ず以て根拠に基づいて話をするという事に尽きる。
但し、根拠は検証可能な物で無ければならない。
何故なら、議論とは感情や感覚の共有を求める事なのでは無く、
自己の主張の妥当性の検証を他者に依頼する事に他ならないからである。
故に、根拠は検証可能な様に再現可能性を担保した物が望ましい。
また、それに基づいて如何なる考察を経て結論に至ったのかを示す必要がある。
勿論、主張の際にその全てを語る必要は無いが、相手の質疑に回答出来ねばならぬ。
逆に傾聴する場合には此点に留意すれば、徒に煽動的であったり、教条主義的な主張に踊らされる事は少なくなるだろう。

2.根拠の検証を行わない者。
自己の物も含めて、特定の言説が提示した根拠が信の置ける物か否か懐疑し、
それに充分な検証を加える意思と能力を具備しているか否かという事である。
この事は対話者に盲目的な同意を求めるのではなく、妥当性の検証を依頼する議論の本義に適う事である。
一方で、これを行う事無く、他所で得た記述等を無批判に他者に吹聴して回る者が居る。
仮にその言説が正当な物であったとしても、その人物への評価は著しく減ぜられねばならぬ。
何故なら、その結論に至るまでの知的作業を行ったのは当該言説を為した本人であり、その者ではないからだ。
況して、その事を以って、言説の瑕疵や検証の責任を回避するに至っては論外である。

3.自己の主張を相対化出来ない者。
自説は絶対的な物足り得ない事を知るべきである。
完全なるに如くは無いが、如何なる言説も往々にして何等かの瑕疵を持つものだ。
但し、それ自体は何等恥じる事ではない、議論とは全知全能とは程遠い我々が、
衆知を結集して真理を追い究めて行く営みに他ならないのだから。
問題とすべきは、自説の瑕疵や不成立が明白であるにも関わらずに之を改めぬ者である。
恐らくは自尊心を保たんが為に徒に拘泥せんとするのであろうが、逆効果である事を知るべきだ。
対話者の多くはその者と以後、建設的な議論を行おうとする意思を喪失してしまうに違いない。
その段階に立ち至って、自己が不当に扱われていると憤慨しても遅いのである。

以上、私は斯かる議論の前提すら踏まえぬ者達を「馬鹿」と分類する。

-----------------------------引用ここまで--------------------------------

これは、議論する際に留意すべき点を示唆したものですが、考証(の真似事)をする時にもばっちりあてはまるので、自戒を込めて引用させて頂きました。
でも、おそらくこれを万回音読しても、私のような凡人には「馬鹿」になること避けることは出来ないでしょうね。

私がおかしな考証をしていたら、是非、指差して「馬鹿発見!」と指摘してやって下さい。(笑

先日ひいた風邪はまだ完治しておりません。。。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

風邪をひきました…

○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.

何枚重ね着しても、いくら暖房を強くしても、寒くて震えがとまりません。。。

どうやら現在、発熱中のようです。

起きていると益々悪くなりそうなので、まだお日様が出ていますがお布団にもぐり込もうと思います。

今夜の「のだめ」は録画してあとで観よっと。

それでは、おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

新年のごあいさつ

080103_tas260_550

明けましておめでとうございます

2008年が皆様にとって幸多い年になりますよう、及ばずながら祈念しております。
また、健康に留意されて、素晴らしいカーライフを送られんことを願っています


今年は珍しく、元旦からファミリーが全員集合しまして、しかも2連泊もしていったのでゆっくりPCに向かう時間がとれなくて、新年のごあいさつが今頃になってしまいました。
どうもすみません。。。^^;



○ホンダS360やT360/S500の試作車について研究・考察している「三妻自工 Web site」はこちらです。
○Web site that researches and considers the concept model of HONDA S360 and T360/S500 is
here.




続きを読む "新年のごあいさつ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »