« Old-timer No,95の記事を読んで | トップページ | スポーツ500(S500のプロトタイプ)の種類について »

2007年7月 1日 (日)

S500のプロトタイプの生産開始時期

本日も、Old-timer誌 95号のS360の記事に関連したエントリを書いてみます。
 
件の記事にはS360とS500量産試作車(以下、S500量試車と表記します)の生産台数が書かれています。
不思議なことに、「浜松工場の生産実績台帳のコピー」をソースにしたOT誌と、「浜松製作所の機種別生産実績の原本」をソースにした別冊CGホンダ・スポーツでは、’63年4月と5月のS360の生産台数が微妙に違っていますが、今回のエントリーには直接関係ないのでそこは華麗にスルーして、S500量試車の生産時期に注目したいと思います。

記事には、’63年6月までS360が生産されて、7月からS500量試車の生産が始まったと書いてあります。
ということは、S500のプロトタイプが作られ始めたのは’63年7月なのでしょうか?
答えは「No」です。
 
ホンダスポーツに少しでも興味がおありの方なら、S500が発売される前に“価格当てキャンペーン”が行われたことをご存知かと思います。
この“価格当てキャンペーン”が実施されたのは63年6月16日のことで、ホンダは主要な新聞に下掲の広告を掲載しました。

070701_500630616
    (クリックで拡大表示)

商品名・価格・形態などの情報を明らかにしないで消費者の興味をかきたてる手法は、ティーザー広告と言って最近ではよく使われる宣伝方法なのですが、当時はかなり画期的なものだったらしく、この“価格当てキャンペーン”は大変な注目を集め、この価格当てクイズにはなんと5,735,417通もの応募があったそうです。

さて、ここで注目して頂きたいのは、広告に掲載された写真です。
特に、二段ある内の上段の3枚にご注目下さい。
この3枚の写真、見覚えがないでしょうか?
そうです、この写真はS500の最初期カタログに使用されている写真と同じものなのです。↓
070701_s500brochure1_03
「右ハンドル車のエンジンルーム」(クリックで拡大表示)
070701_s500lhd
「アメリカでテスト中の左ハンドル車」(クリックで拡大表示)
070701_s500brochure1_
「右ハンドル車の車内」(クリックで拡大表示)

ここで、上掲の広告が掲載された新聞の日付を確認してみましょう。
前述のように、“価格当て広告”が掲載されたのは’63年6月16日でした。
ということは、広告に使用されたS500量試車は、’63年6月16日以前に完成していたことになります。
完成した具体的な日付は残念ながら判りませんが、アメリカでテストされた車輌(車体色が赤の個体と白の個体の2台)は、アメリカまでの輸送にかなりの時間が掛かったはず(船便だと半月くらい?)ですから、広告掲載日よりもだいぶ前(5月中か?)に完成していたと考えられます。
右ハンドル車は、遅くとも6月初旬には完成していたはずです。
 
さて、では何故、このアメリカテスト車やカタログ掲載右ハンドル車の生産台数が、「浜松工場の生産実績台帳のコピー」に記録されていないのでしょうか?
理由は簡単です。
製造された場所が浜松製作所ではなかったからです。

それでは、アメリカテスト車やカタログ掲載右ハンドル車はどこで作られたのでしょうか?
それは、拙サイトを隈無く読んで頂くと、だいたい予想がつくと思います。
興味がおありで、尚かつ御用とお急ぎでない方は、三妻自工 Web siteを是非ご覧になってみて下さい。
(07/03追記:すぐに答えを知りたい方は7月3日のエントリーをご覧下さい)

…と、私もブログにティーザー広告(じらし広告)の手法を取り入れてみました。(笑
因みに、このエントリーはS360の生存説に微妙にリンクしていたりします。
どうリンクしているのかは、三妻自工 Web siteを読んで頂けば分かります。
(07/03追記:こちらも7月3日のエントリーを読んで頂いた方が手っ取り早いです)

|

« Old-timer No,95の記事を読んで | トップページ | スポーツ500(S500のプロトタイプ)の種類について »

Honda Sports360 (俗称 S360)」カテゴリの記事

Honda Sports500/S500」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158972/6994381

この記事へのトラックバック一覧です: S500のプロトタイプの生産開始時期:

« Old-timer No,95の記事を読んで | トップページ | スポーツ500(S500のプロトタイプ)の種類について »