« ポリバケツ色のT500 | トップページ | YouTubeでホンダ S360/500の画像を発見! »

2007年4月 2日 (月)

日産2000GTの真実 その3

ずいぶん間が開いてしまいましたが、前回のエントリーの続きを書きます。
070402_a550x_01
●A550X(日産2000GT)はヤマハ主導の企画だった?
 
そもそも、2L級スポーツカーを企画したのは日産であったことは前回説明した通り。
では、開発を主導したのは日産とヤマハのどちらだろうか?
現時点で私が把握している事実関係を列挙すると…
 
・A550X(日産2000GT)は日産の企画だった。
・A**Xというのは、日産が試作車に用いた開発コード。
・エクステリアデザインを手掛けたのは、日産の社内デザイナー木村一男氏。
・インテリアのデザインを手掛けたのも日産のデザイナー。(誰がデザインしたかは不明)
・ヤマハ側のボディ設計のまとめ役だった花川 均氏が「日産から線図を受け取った」と証言しており、線図は日産で作成されたと考えられる。
・A550Xの開発に関わったヤマハの「開発部」のスタッフは、四輪車開発の実績が1車種しかない旧安川研究室のメンバー。
・ヤマハが全鋼板製モノコックボディのクルマの開発に関わるのはA550Xが初めて。(シルビアはラダーフレーム+鋼板ボディ)
・花川氏が「モノコック構造はセドリックを参考にして作った」と証言している。
 
 
ヤマハが初代シルビアの試作を担当した際、「日産からはシャシー関係のエンジニアが何度も(ヤマハに)足を運んできました。また、時々ボディ関係の方もみえていました。」(花川氏談)とのことなので、A550X開発時も日産のエンジニアがヤマハを訪れていたと考えるのが妥当でしょう。
なにせ、A550Xはヤマハにとって初の鋼板製モノコックボディ車でしたから。

また、「モノコック構造はセドリックを参考にして作った」との証言がありますが、これは実際には「セドリックの構造を模倣した」ということでしょう。
つまり、A550Xのボディはセドリックの亜流だったと考えられるのです。
それと、線図が日産で作成されていたということは、A550Xのおおよその設計(基本設計)は日産で行われていたと考えられます。
   

070402_a550x_02
         (参考資料:トヨタ2000GTの線図)
  
それでは、ヤマハの役目はどんなものだったのでしょうか。
実は詳しいことは資料がないのでよく分からないのですが…、線図を元に木型を組んでボディを製作したのはヤマハです。
おそらく他の多くのパーツも、他車から流用した物以外はヤマハで製作されたと考えられます。(当然部品メーカーの協力もあったと思います)
試作車を組み立てたのもヤマハです。
また、A550Xに搭載された2L直列4気筒DOHCエンジンを開発したのもヤマハでした。
 
残念ながら設計段階での役割分担が不明ですが、以上のように日産もヤマハもA550Xの開発には少なからず関わっていました。
私が考えるに「日産のアイデアをヤマハが形にした」という感じだったのではないでしょうか。
A550Xは「日産が創って、ヤマハ作った」というのが私の見解です。
 
 
Web上ではあたかもヤマハ主導で作られたように語られていますが、そもそもA550Xは日産が企画した試作車ですから、ヤマハが日産の意向を考慮せずに開発することは出来なかったはずです。
つまり、「ヤマハ主導」というのは常識的に考えて無理があります。
A550Xはあくまでも『日産主導でヤマハと共同開発したクルマ』でしょう。
 
参考までに、花川氏は当時を回顧して次のような所感を述べています。
『開発しているときは楽しかったですね。
苦労も多かったけど、私も若かったからのめり込んで仕事をしました。
今になってみると日産にいい勉強をさせてもらった、と思っているんです。
ヤマハにとっても得られたものは大きかったでしょう。
自動車作りの楽しさと難しさを、このプロジェクトを通して学びました。』
(ノスタルジックヒーロー Vol,33 P68より引用)
 
 
●A550Xはモノコック構造ではなくフレーム構造?
 
『ボディはモノコック構造で、これにサブフレームを追加しました。』(ヤマハ側のボディ設計のまとめ役だった花川氏 談)

他にA550Xに関する情報を分かる範囲で書きます。

・開発の参考車として日産からジャガーEタイプ、サンビーム・アルパインなどが持ち込まれた。
・サスペンションなどはEタイプを参考にしていたように思う。(花川氏談)
・4輪独立縣架を狙ったが、最初はフロントがダブルウィッシュボーンでリアがリーフリジットだった。
・モノコック構造はセドリックを手本にして作られた。
・クレイモデルは作らなかった。
・リトラクタブル・ヘッドライトのモーターはワイパーモーターを流用。
・サイドのカーブドガラスは旭硝子に製作を依頼。
・ボディサイズは、全長:4177mm 全幅:1568mm 全高:1226mm ホイールベース:2380mm トレッド(F・R共):1340mm。
・エンジンはヤマハ製 「YX80」、2L 4気筒DOHC(気筒当たり2バルブ)、ソレックス・ツインチョーク×2基 馬力はリッター当たり60PSレベル。
・A550Xは3台作られ、3号車はFRPボディだった。
・1号車のボディカラーは赤。
070402_a550x_03

●A550Xはゲルツ(Albrecht Goertz)が設計した?
 
ゲルツはデザイナーであってエンジニアではありません。
そもそも、自動車専門のデザイナーという訳でもありません。
また、どんなに優秀なエンジニアでも、独りで自動車の全てを設計することは不可能でしょう。
A550Xを設計したのは、日産とヤマハのエンジニアです。
何度も名前を出していますが、ヤマハ側のボディ設計のまとめ役は花川 均氏です。
同じくヤマハ側のエンジンのまとめ役は遠藤嘉則氏、ヤマハ側のリーダーは安川 力氏です。
 
 
●A550Xの企画がヤマハによってトヨタに持ち込まれてトヨタ2000GTが誕生した?
 
この件に関しては「トヨタ2000GTの真実」とでも題して別にエントリーを書く予定です。
まあ、これまでのエントリーを読んで頂いた方には想像がつくと思いますが、答えはNOです。
A550X(日産2000GT)とトヨタ2000GTには、直接的な相関関係はありません。
詳しくはいずれ…。
 
 








**************************************************************************
参考資料 (2014年09月13日掲載)

070402a550x (クリックで拡大表示)





|

« ポリバケツ色のT500 | トップページ | YouTubeでホンダ S360/500の画像を発見! »

Nissan 2000GT(A550X)の真実」カテゴリの記事

コメント

こちらのストーリーも想像の域を出ませんね

投稿: バンノ | 2014年9月12日 (金) 午後 02時43分

>バンノさん
コメントありがとうございます。
バンノさんがそう思われるのでしたらそれで結構ですが、「想像の域を出ない」と主張されるならその根拠を是非お示し下さい。
主張には根拠を、反論には反証を付けないと、他者を納得させることは出来ないと思いますよ。
まさか、“主観で決めつけ”ということはないですよね。
因みに、現在私の手元にはシルビア・A550X・トヨタ2000GT・トヨタ7の開発の経緯について書かれたヤマハ発行の資料がありますが、その資料の内容とこのエントリーは内容は一致しています。
参考までに、その資料の一部をこのエントリーの最後にアップしておきますので、ご覧になってみて下さい。

(9月16日追記)
バンノさんからの返答がなく主張の根拠が示されないので、「想像の域を出ない」のはバンノさんの指摘の方、ということになりそうですね。

投稿: mizma_g@管理人 | 2014年9月13日 (土) 午後 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158972/6963081

この記事へのトラックバック一覧です: 日産2000GTの真実 その3 :

« ポリバケツ色のT500 | トップページ | YouTubeでホンダ S360/500の画像を発見! »