« 2006年9月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月27日 (火)

日産 A680X (その2)

昨日アップした日産の幻の試作車「A680X(仮称)」のカラー画像ですが、あれは私がモノクロ画像にテキトーに着色したものでして、ボディカラーなど全く事実に基づいておりません。
A680Xがどんな色だったかは、実は私も知りません。
ですので、くれぐれもあれがA680Xの真実の姿とは思わないで下さい。<(_ _)>

また、Web上でフェアレディZのエクステリアデザインのルーツをA680Xもしくは「日産2000GT(A550X)」とするような風説がまことしやかに流されていますが、これは恐らく間違いだと思います。
何故なら、当時 日産の社内でA680Xの存在を知っていたのは、開発に直接関わった関係者のみで(当時はレースの結果が販売成績に大きく影響し、また産業スパイの問題などもあったため、情報がライバル会社に漏れないようA680Xのプロジェクトは極秘裏に進められていました。また、活躍の場を失ったA680Xは一枚の写真も公表されることなく廃棄処分されています。)、部外者だった松尾良彦氏(Zのエクステリアデザインを担当した人物)がA680Xの存在を知っていた可能性は極めて低いからです。
また、松尾氏自身が『過去の経緯を切り捨てて、全く新しいスポーツカーを作ろうということでZの開発を始めた』と語っており、過去の作品を参考にしてZをデザインしたとは考えにくいことも理由の一つです。

続きを読む "日産 A680X (その2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

Nissan A680X

070226_a660x_01

これは日産が第3回日本GP用の秘密兵器として開発したレーシングプロト。
タイトルに「日産 A680X」と書いているが、これはこのクルマの正式な名称ではなくて某旧車専門誌が便宜上つけた仮称。
車体は、(フェアレディとは若干構造の異なる)ラダーフレーム + 総FRP製のボディという構成で、セドリックに搭載されたL20をDOHC化したエンジン(開発コード B680X :アルミ合金製ヘッド、燃焼室は半球形、バルブ位置はV型のクロスフロー、潤滑系はドライサンプ、点火系はツインスパーク、WEBERのサイドドラフトキャブ×3基)が搭載された。

続きを読む "Nissan A680X"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2007年3月 »