« NJ号はフルモデルチェンジしていた!  | トップページ | 軽自動車の黎明期を彩ったクルマ達  »

2006年7月30日 (日)

訂正とニッケイタローのその後

【2011/11/13 追記】
× ニッサン・コンスタック号
○ ニッン(日建)・コンスタック号
 
…です。ご参考まで。
**************************************************************************

060730_nj01_

7月23日のエントリーに『これまで、「日本自動車工業が改称して日本軽自動車になった」というのが定説だったが、この定説は改める必要がありそう。』と書いたが、この部分の根拠とした広告(↑)をよくよく見ると、「発売元 日本自動車株式会社」と書いてあり「日本自動車工業」ではないことに気付いた。

発売元が日本自動車工業ではないと言うことは、つまり日本軽自動車と日本自動車工業が同時期に存在していたことを証明できなくなる訳で、残念ながら定説は覆らなくなってしまった。
早合点をして、なんともお恥ずかしいかぎり…。

さて、日本軽自動車は、第四回全日本自動車ショーに2台のニッケイタローを出展したあと、間もなく倒産してしまう。
しかし、生産設備は日建機械工業(株)に移り、車名をコンスタックに変えて1961年まで生産された。
(コンスタックの画像は「404notfound コンスタック」で検索すると見られる)
ニッケイタローは1956年と1957年の2年間に186台生産されたと言われているが、コンスタックの生産台数は定かではない。
コンスタックは果たして、何台くらい生産されたのだろうか? 
現在も生き残っている個体はあるのだろうか?

最終モデルであるコンスタックの生産が終了してから45年経過した現在、NJ号やニッケイタロー・コンスタックの名を知る人は極僅かだろう。
すっかり歴史の中に埋没してしまったと言っていい。
そんな忘れ去られた存在のクルマに、少しでもスポットライトを当てて衆目に晒したいと思ってこのブログを始めた。
しかし、マイナーなクルマはあまりにも資料が少なくて、ムギ球程度の光しか当てられていないのが現状である。
それでも、自分が今出来る精一杯のことはしていきたいと思っている。


次回は、軽自動車の始祖「オートサンダル」を取り上げる予定。

 

|

« NJ号はフルモデルチェンジしていた!  | トップページ | 軽自動車の黎明期を彩ったクルマ達  »

旧車」カテゴリの記事

コメント

こんにちははじめまして、NJ号のことを調べていて、たどり着きました。
私のブログで車のチラシ・カタログのページがあり明日昼ごろ、そこにNJ号のリーフレットを投稿いたします。
もしよろしければ明日ご覧ください。
すでに見たことがある場合はご容赦を
そのうちニッケイタローやオートサンダルも投稿予定ですがまだ未定です。
それではまた。

投稿: twkdal | 2010年6月 2日 (水) 午後 07時05分

あ、ニッケイタローは2006年7月26日 (水)の画像と同じでした。
申し訳ない。
ではまた

投稿: twkdal | 2010年6月 2日 (水) 午後 07時08分

>twkdalさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
明日、NJ号のリーフレットをブログの方にアップして下さるとのことで、これは期待せずにはおれません!
楽しみにしていますので、是非よろしくお願いします。
ニッケイタローとオートサンダルも楽しみにしています。
twkdalさんのブログをブックマークして、覗かせて頂きますね!

投稿: mizma_g@管理人 | 2010年6月 2日 (水) 午後 09時56分

こんばんは、twkdalです。
実はニッケイタローは父が乗っており、幼い?私にも記憶があります。
今の車とは比較もできないくらいチャチな車でした。
「年度は忘れましたが1957年ごろのモーターファン誌に父とニッケイタローの特集記事が載っていると思います」
その頃、どの車を買うか?検討するためにミカサ・タロー・NJ号・オートサンダルのチラシやカタログが家に残されており、後年私も集めはじめましたが7~8年で収集をやめてしまいましたが、当時のものをそのまま保管しており時々見て楽しんだりしていました。
我が家の車は当時父は免許が原付しかなく、それで軽自動車を物色したらしいです。
父の車と私のを含めてニッケイタロー・スズライト・ミゼット2台
その後が何か軽トラックがあったような・コンテッサ900・スバルサンバー・三菱コルト1000(ここからが私も運転し始めました)・
●三菱ランサー・トヨタスターレット・●トヨタタウンエース2種
●日産サニー・●ジムニー・●今はブルーバードシルフィーと我が家の車の歴史です。
因みに●=私の車です。
以上我が家の車の履歴でした。よろしくお願いいたします。

投稿: twkdal | 2010年6月 3日 (木) 午前 12時52分

>twkdalさん
コメントありがとうございます。
なんと、ご尊父様がニッケイタローを所有されていたのですか!
しかも、モーターファン誌に記事まで掲載されたことがおありとは、凄いですね!
記事は、一生ものの宝物になったのではないでしょうか。
確かに、あの時代のクルマは、現在のものと比べたら本当におもちゃのようなものですね。
でも、物価を勘案すると軽といえども物凄く高価でしたから、当時ご尊父様がオーナードライバーになられていたのは、立派なことだと思います。
カタログ類のコレクションは、今となっては貴重なものばかりですね。
そして車歴ですが、特定のメーカーに偏っていないので、twkdalさんはご自身でしっかりとクルマ選びをされる方だとお見受けしました。
私は若造と言われる年ではないですが、免許を取得したのは80年代なので、車歴は80年代以降のクルマばかり。
唯一の例外は、好きで買ったホンダT360くらいです。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。^^


投稿: mizma_g@管理人 | 2010年6月 3日 (木) 午後 08時50分

コンスタックは1961年までに80台ほど作られたようです。
ボディはニッケイタローと同じかと思ったら、ライトバンのクォータウインドウ
周りは形状が異なってますね。
あ、タローの広告を見るとライトバンではなくライト"バーン"とありますね。
当時はバーンが一般的な呼称だったのでしょうか?

おっと、各エントリに立て続けにコメントしてしまい申し訳ありません。
これからも楽しい記事、期待しております。

投稿: よしろう | 2011年1月29日 (土) 午前 02時51分

>よしろうさん
ライト"バーン"だと、何となく今風な呼び方ですね。^^;
'61年発表のガスデン ミニバンは“バン”ですし、他にバーンと表記された車輌を知らないので、タロー独自の呼称だったのではないかと思いますが…。
 
コメントの連投は、スパム系でなければ大歓迎です。
気が付いたことかあれば、いつでもお気軽に書き込んで下さい!

投稿: mizma_g@管理人 | 2011年1月29日 (土) 午後 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/158972/3513377

この記事へのトラックバック一覧です: 訂正とニッケイタローのその後 :

« NJ号はフルモデルチェンジしていた!  | トップページ | 軽自動車の黎明期を彩ったクルマ達  »